季節が暖かくなるにつれ

庭の雑草は伸び始めてきますよね。

 

まだ大丈夫、まだ大丈夫と少しだけ放って置いている間に

ボーボーになっていたり…。

 

雑草は見つけたらすぐ抜いてしまわないと

種などがこぼれみるみる他の雑草が生えてきます。

 

雑草は前年の秋に種が地面に落ち、冬を越し

春に芽を出すのでそろそろみなさん

庭の手入れの頑張りどきです。

 

みなさんはどんな庭の草取りどうしていますか?

今回は庭の草取り方法や椅子や手袋などの

おすすめグッズを紹介します!



スポンサーリンク





庭の草取り方法は?草取りのコツを紹介!

草取りを一気にする時期は梅雨明けが一番おすすめです。

夏になると日差しが強く太陽の光をたくさん浴びた雑草たちが

一気に根を生やします。

 

もうそうなってしまうと、春から梅雨の時期に片手で抜けていた

雑草たちが両手で体重をかけながら抜くしかないくらいに

成長してしまうのです。

 

それに炎天下の中で作業するのは大変ですよね。

なので草取りは夏になる前の梅雨明け頃が一番なのです。

 

草取りの楽な方法、コツというと

雨が降った次の日など、地面が湿った状態だと

非常に雑草が抜きやすくなっています。

 

根っこを残して草だけを抜いてしまう状態も意味がありません。

抜くときはしっかり根っこから抜きましょう。

軍手をはめて雑草の根っこに近いところを

しっかり持ち、引っぱり抜くと根っこもちゃんと抜けますよ。

 

どうしても抜けない場合はじょうろなどを使って

根っこ部分に十分に水を含ませると抜きやすくなるかもしれません。

 

長時間の中腰が辛い方には草取り用の椅子などが

販売されているのでチェックしてみてください!

この後詳しくご紹介します。

 

草取り対策は?草取りを軽減する方法!

草取り対策として、庭に砂利をひきつめたり

除草剤を撒いてしまうという手もあります。

 

除草剤の場合は液体タイプと顆粒タイプがありますが

まだ雑草が生えていないときは顆粒タイプがおすすめです。

顆粒タイプは地面に溶けて成分が浸透するため根を枯らす働きがあります。

雑草が生えてくることを抑制するので草取りをしなくても

済みますよね!

 

液体タイプは生えてしまった雑草に効果があり、

葉っぱに触れるだけで枯れてしまいます。

即効性はありますが、除草剤を撒いたところしか枯れないので

また雑草は生えてきます。

 

年に一回撒くだけで6ヶ月間草取りしなくて済みます!

しつこいササ、ヨモギ、ススキ、セイタカアワダチソウ、スギナ等

の雑草に効き、根まで枯らします。

面倒な草取りもこれで解決ですね。



スポンサーリンク




草取りで便利な道具は?おすすめの椅子や手袋などを紹介!

上記でも出てきましたが長時間草取りをする人には

草取り用の椅子がおすすめです。

お風呂場の椅子みたいな少し高さのある椅子でも

良いと思います。

 

タイヤの付いた椅子で、

座ったまま移動できる草取り用の椅子は

楽に草取りができる便利な椅子です。

 

よく農家の年配の方が使っているのを目にしませんか?

草取りだけでなく、釣りやアウトドアなどにも

利用できそうなのでチェックしてみるのも良いかもしれません。

 

こちらは収納がついた椅子です。

中にスコップや袋など草刈りで必要な道具を収納することが出来、

タイヤもついているので草取り作業が楽に進みますね!

 

その他にも草取りであると便利なグッズを

一気にご紹介します!

 

草刈り機

一気に草取りが終わってしまいます!

刈りやすいところはすぐに終わってしまうので

腰に負担がかかることも、時間をつかうこともないですよね。

 

こちらはホンダの刈払機です。

レギュラーガソリンで動き、またとても丈夫です。

楽天の草刈り機ランキングで1位を獲得する実績を持っているので

初めて草刈り機を購入するならこちらがオススメです。

 

カマ

刈りやすいところを一気に草刈り機がやったとして、

やりにくいところはカマの登場です。

安いカマも売っていますがあまり安いものだと

取手の部分と金属の部分が取れてしまうことが

よくあるので1,000円位の物を買うと長持ちすると思います。

 

こちらの商品は取手の部分が握りやすい形になっている

カマなのであまり力を使わなくても草刈りが楽に進みます。

女性や年配の方でも作業がどんどん進むのでオススメです

 

草とり爪

葉の先がギザギザになっているため簡単に土の中にある根っこを

引っ掛けて抜くことができます。

また金属部分がコンパクトなので、狭く手の届きにくい

場所での草取りにとても便利です

 

コチラの草取りヅメは取手が長いので長時間の作業でも

疲れ知らずになっています。

また刃が左右対称になっているので右利き、左利きどちらにも

対応しています。

 

軍手

軍手は必須アイテムですね。

今は色々な軍手が発売されているので

チェックしてみると良いかもしれません。

 

右手に爪がついて土が掘りやすい軍手です。

軍手をはめたまま手を洗うことも出来、園芸などにも

使えるのでオススメです。

 

台車

草などを袋に入れてから運ぶのはとても大変です。

草だからと言って侮ってはいけません。

とっても重いんです。

台車などを使うととても楽に持ち運びできるので

あると便利なアイテムだと思います。

 

折りたたみ台車で150kgまで耐えられます。

また折りたたむと幅23センチとコンパクトになり

折りたたみ方も非常に簡単です!



スポンサーリンク




関連記事:蚊の対策!庭・屋外ではハーブが効果的!犬や赤ちゃんにも安心?

庭の草取りでの注意点!

重労働の草刈り。

失敗はしたくないですよね。

草刈りの注意点をご紹介するので

参考にしてください♪

 

<根っこはしっかり抜く!>

上記でも説明したように根っこはしっかり抜きましょう!

根っこを残したままだと数日で雑草は復活し伸びはじめます。

カマを使う場合は数ミリから数センチほど地面を

削り根っこを切ると良いでしょう。

 

たんぽぽの場合は種を付ける前に処理しましょう!

花が咲く前に積んでしまうのが一番です。

 

<根っこが広がるタイプは慎重に!>

根っこが真っ直ぐ伸びる地下茎タイプの雑草は芋掘りのように

周りの土をほぐしながら慎重に出来る限り根っこを抜きましょう。

 

<除草剤の使う場所>

井戸がそばにある場合は農地用の除草剤でも使ってはいけません。

顆粒タイプに限らず液体タイプの除草剤でも

木、花があるところでは気をつけて使用しないと

雑草以外の植物も枯らしてしまうことになります。

 

また、お子様やペットがいる場合は顆粒タイプよりも

液体タイプの使用をおすすめします。

 

<服装>

草取りをする時期はとてもジメジメし暑いです。

午前中などのあまり気温が高くない時間帯でも

やはりつらいですよね。

 

しかししっかり長袖・長ズボン・長靴を用意しましょう。

蚊やらマダニ、毒を持つクモなども生息し

蚊だとデング熱、マダニだとSFTSなど、怖い感染症の話も聞きますよね。

 

こちらの商品は防虫効果だけでなく、UVカット、吸汗速乾の

機能があるウェアです。

伸縮性があり、通気性も優れているので

盛夏でも着用が可能です。

 

顔の周りや首の後ろ、手の甲もガードしてくれるので

草取りだけではなくアウトドアなどにも利用できます。

パーカー、シャツ、ズボンからアームカバー、手袋など

様々な商品が売られています。



スポンサーリンク




関連記事:虫除けはアロマで!玄関や部屋に使える手作り虫除けスプレーの作り方!

まとめ

いかがでしたか?

草取りは

土が湿っている状態が一番抜きやすい

根っこまでしっかり抜く

椅子や軍手などの便利グッズをうまく利用する

 

庭の雑草は本当にイヤですよね。

虫が湧くので近所にも迷惑がかかってしますし。

梅雨明けの時期にご家族のイベントとして

みんなで草取りすると過酷な草取りでも

楽しくなるかもしれませんよ!



スポンサーリンク