日本ではお世話になっている人にお中元やお歳暮を渡す事が多いですが、

毎年お中元とお歳暮の両方を送り続けるのはなかなかの負担ですよね。

 

できる事なら両方ではなく、どちらか片方だけで済ませたいものです。

 

では、もし両方をやめてどちらか片方だけ贈るとしたら

お中元とお歳暮のどちらを優先させればいいのでしょうか。

それともお中元とお歳暮はやはり両方贈らないとダメなのでしょうか。

 

ここではお中元とお歳暮のそのあたりの疑問について説明します。

お中元とお歳暮が気になっている方はぜひ参考にしてくださいね。



スポンサーリンク





お中元とお歳暮の違い

お中元とお歳暮は両方贈る必要があるのか、

それともどちらか片方だけでもいいのかを説明する前に、

まずはお中元とお歳暮の違いについて見ていきましょう。

 

お中元を渡す時期は7~8月、つまり上半期ですよね。

ですからお中元は、相手に「上半期はお世話になりました」という意味で渡す贈り物です。

また夏の暑い時期ですので、相手をねぎらう意味もあります。

 

対してお歳暮は、12月に送ります。

こちらは相手に「今年1年お世話になりました」という

1年の締めくくり・総括の意味で渡す贈り物です。

 

期間的に言えばお中元が上半期の感謝、

お歳暮が1年の感謝という事で感謝の期間はお歳暮の方が長いせいか、

贈り物の金額は若干お歳暮の方が高くなっています。

お中元とお歳暮は両方贈る?どちらかだけでもOK?

では、お中元とお歳暮は両方贈らなければいけないものなのでしょうか。

それともどちらかだけでもOKなのでしょうか。

 

昔は、お中元とお歳暮はセットのような扱いでした。

 

お中元をあげる相手にはお歳暮も贈るのが普通とされていましたし、

お中元かお歳暮の片方だけ渡してもう片方は音沙汰無しというのは

失礼だとされてきました。

ですから、お中元とお歳暮は両方贈るのがマナーでした。

 

ただそれは昔の話で、現在ではそうでもありません。

 

現在は1年に2回もそこそこ高額な商品をあちこちに贈るというのは

負担が大きすぎるという意見が多く、片方だけ贈るという人も増えています。

 

また、片方しか贈らなくてもよっぽど伝統を重んじる家系でもない限り

マナー違反だと言われる事もありません。

 

ではその場合、お中元とお歳暮のどちらを贈ればいいのでしょうか。

その場合は、お歳暮を選ぶのがおすすめです。

なぜならお歳暮は1年の感謝をこめた贈り物だからです。

 

お中元ですと上半期のみの感謝という意味合いが強いので、

実親や親戚など1年を通してお世話になっている人へ贈るには

お中元はなんとも中途半端なものになってしまうからです。

 

ですから、お中元とお歳暮のどちらかだけを贈る場合はお歳暮を贈るのが良いでしょう。

その場合は、お中元を贈らない代わりに少しだけ高めのものを

お歳暮のギフトとして選んでもいいですね。



スポンサーリンク




お中元やお歳暮、1回きりの場合は?

ではもし、「今回だけお世話になった人」に

お中元やお歳暮を贈る時にはどうすればいいのでしょうか。

 

実親や親戚のように長い付き合いになる事はなく、

ただ「ここ最近だけとてもお世話になったので

ちょうどお中元やお歳暮の時期だし贈り物をしたい」という時がありますよね。

 

そういう時はお中元やお歳暮のシーズンに合わせて

お中元またはお歳暮と書いたのし紙つきの贈り物をしたくなりますが、

それはNGです。

 

お中元やお歳暮は「毎年贈り続ける」というのがマナーなので、

1回きりの贈り物にお中元やお歳暮というのし紙をつけるのはあまりよくありません。

 

また相手からしても、向こうからお中元やお歳暮というのし紙のついた贈り物がくれば

マナーとしてお返しをしなければいけませんし、

そうなると

「お中元をくれたのならお歳暮も贈らなければ」

「今年くれたのだから来年も贈らなければ」

とお互い延々と気遣いの繰り返しになってしまいます。

 

もし相手に1回きりの贈り物をしたい場合は、お中元やお歳暮の季節であろうとも

そういうのし紙はつけず、「御礼」とだけ書いたのし紙や無地ののし紙を使います。

 

こうする事でお中元やお歳暮ではないという事を相手に知らせ、

返礼品などは必要ないと相手に分かってもらう事ができます。



スポンサーリンク




関連記事:お中元はいつまでに送る?関東・関西・東海・九州・東北の地域別に解説!

お歳暮やお中元に人気のおすすめギフト♪

ではここで、お歳暮しか贈らない場合や一回だけの特別な御礼品として

少し高めですが質の良い、喜ばれる人気のギフトを紹介します。

 

高級グルメの代表、カニ

冬ならではの高級グルメなら、こちらのカニもおすすめです。

 

 

カニはスーパーでも売っていますが高くてなかなか手が出し辛いですよね。

しかも食べにくいのが難点です。

 

ですがこちらは一本ずつ丁寧にカットしているので包丁もハサミもいらず

届いたらそのまま食べる事ができます。

 

とても食べやすいカニですし、1kgも入っているので

相手へのインパクトもバッチリですよ。

 

高級グルメ&相手にびっくりしてほしいなら、ぜひこちらのカニを選んでみてくださいね。

 

冬に喜ばれるアイス

アイスと言えば夏を連想しますが、

暖房をガンガンきかせている冬だからこそ冷たいものが食べたくなる季節です。

 

ですからお歳暮にアイスを贈る方も多いんですよ。

アイスと言えばこちらもおすすめです。

 

 

こちらは堂島アイスロールというアイスのロールケーキです。

アイスの為賞味期限はありません。

見た目がとてもかわいらしく、ギフトにはピッタリのアイスですよ。

勿論御礼品にもピッタリで、特に女性や子供に喜ばれます。

 

送り先に女性がいる場合はぜひこちらを贈ってみてくださいね。

 

御礼品にもぴったり贅沢ケーキ

お歳暮には上品なケーキもおすすめです。

 

 

こちらは京都メーカーが販売している重厚感のある贅沢なケーキです。

味は京都らしく抹茶とほうじ茶というお茶尽くしのケーキになります。

 

エレガントな大人向けのお菓子で、専用ケースがついてくるので

こちらも贈り物にピッタリです。

お歳暮だけでなく、御礼としても使えますよ。



スポンサーリンク




関連記事:お中元のお礼状が遅れた場合の例文や書き方を詳しく解説!

まとめ

お中元とお歳暮は無理して2つ贈る必要はありません。

家計の負担が重くどちらか一方だけしか贈れないなれば、お歳暮だけでも大丈夫です。

 

自分がひどく無理して1年に2回贈り物をするより、

1年に1回、感謝を込めてお歳暮だけを贈る方が相手にとってもよっぽどいいですよ。

 

お中元もお歳暮も、感謝の気持ちを込めて

自分の余裕のある中から幸せを少しおすそ分けするものです。

 

お互いに気持ちの良いやり取りができるといいですね。