喪中というのは、色んな場面で気を遣いますよね。

 

例えば夏の季節に送るものとして暑中見舞いがありますが、

相手が喪中の場合はどんな文例にすればいいのでしょうか。

また、自分が喪中の場合はどんな文を書けばいいのでしょうか。

 

そこでここでは、暑中見舞いを喪中の人に送るときの文例や、

自分が喪中の時の文例を例文と合わせて紹介します。

 

喪中で暑中見舞いの内容をどうしようかで悩んでいる方はぜひ参考にしてくださいね。



スポンサーリンク





喪中でも暑中見舞いは出していい?

暑中見舞いを喪中の人に送るときの文例や自分が喪中の時の文例を説明する前に、

そもそも相手や自分が喪中の時に暑中見舞いを書いていいのかどうかを見ていきます。

 

ところで、相手の場合だろうと自分の場合だろうと

「喪中には年賀状を出さない」というのはもはや常識ですよね。

 

年賀状は新年を「祝う」便りですが、

喪中の人に「祝う」というのはご法度ですので年賀状を出す事はできません。

 

また自分が喪中の場合も、年賀状を相手に出す事はマナー違反とされています。

 

では、暑中見舞いはどうでしょうか。

暑中見舞いは夏に出しますが、年賀状と違い

「夏よおめでおう!」というお祝いのハガキではありません。

 

暑中見舞いは「暑い季節ですが体調にお変わりはないですか?」と相手を気遣う便りです。

 

ですから祝うものではないのでマナー違反にはならず

相手が喪中でも自分が喪中でも出す事ができます。

 

ただし、相手が喪中の場合は気遣いが必要です。

 

例えばいくら暑中見舞いを出してもいいと言っても

四十九日があけていない内はまだ早いでしょう。

 

相手にとってもまだそっとしておいてほしい時期なので

例え毎年贈っていたとしても暑中見舞いはまだ控えていた方がいいと思います。

 

また、暑中見舞いはあくまで相手を気遣うものですので

相手の負担になってはいけません。

 

相手がひどく落ち込んでいて暑中見舞いを受け取れるような状態でなければ、

四十九日を過ぎてもさらに期間を開ける必要があります。

 

暑中見舞いを出す一応の区切りとしてはとりあえず四十九日があけてからがいいですが、

個人によって悲しみの度合いも違うと思いますので、しっかり相手を見定めてから

送るようにしましょう。

 

暑中見舞いのハガキについてですが季節が夏という事で

暑中見舞いのハガキはひまわりや花火などで賑やかなイラストが多いですが、

喪中の場合はこのようなシンプルで大人しめなイラストのハガキか、

 

無地のハガキがオススメです。

いくら暑中見舞いはお祝いのハガキではないとしても、

柄やイラストがあまりに賑やか過ぎるのはそれはそれで不謹慎です。

 

するっと空気に溶け込むように静かなハガキにしましょう。

 

このように自分や相手が喪中でも暑中見舞いは出せますが、

贈る時期やハガキの柄・イラストに注意して出すようにしましょうね。



スポンサーリンク




暑中見舞いを送るときの文例・例文は?①相手が喪中の場合

ではここからは、暑中見舞いを送るときの文例や例文を紹介します。

 

まずは、相手が喪中の場合の文例や例文です。

 

【例文】

暑中お見舞い申し上げます。

夏も本番となりましたが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

 

○○様がご逝去されてまだお心がお辛いことと思います。

 

謹んでお悔やみ申し上げますとともに○○様のご冥福をお祈り申し上げます。

 

まだまだ暑さが厳しく体調を崩しやすいと思いますのでお気をつけてお過ごしください。

 

平成〇〇年 盛夏

 

上記が必要最低限の例文になります。

もし相手や故人と親しかった場合は、

「謹んでお悔やみ申し上げますとともに○○様のご冥福をお祈り申し上げます」

という文の後に

 

また近いうちにお線香をあげに行かせてください。

何かありましたらいつでもお電話くださいね。

 

という一言を付け加えるといいですよ。



スポンサーリンク




暑中見舞いを送るときの文例や例文は?②自分が喪中の場合

次は自分が喪中の場合の暑中見舞いを送る時の文例や例文ですが、

自分が喪中の場合で暑中見舞いを出す場合は、2パターンあります。

 

1.相手がこちら側が喪中である事を知らないので、

暑中見舞いを利用して相手にこちら側が喪中である事を知らせる場合

 

2.相手がこちら側の喪中を知っていて、

暑中見舞いを利用してこちら側の近況報告をする場合

 

1と2では文例が違ってきますので、それぞれで例文を見ていきますね。

 

【相手がこちら側が喪中である事を知らず、

暑中見舞いを利用して相手にこちら側が喪中である事を知らせる場合の例文】

 

暑中お見舞い申し上げます。

 

このたび○月○日に○○が死去いたしました。

生前のご厚情を深く感謝いたします。

暑さが続きますが、皆様におかれましてはどうぞご自愛ください。

 

平成〇〇年 盛夏

 

 

【相手がこちら側の喪中を知っていて、

暑中見舞いを利用してこちら側の近況報告をする場合の例文】

 

暑中お見舞い申し上げます。

 

暑い日が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 

故〇〇の葬儀にはお忙しい中ご参列(葬儀の場合は会葬、通夜の場合は参列)

して頂きありがとうございました。

 

こちらはぼちぼちと日常に戻ってきております。

仏壇に〇〇の好きな□□をお供えしたら、〇〇が笑っているような気がしました。

時間はかかりそうですが、少しずつ□□の不在を受け入れられつつあります。

 

まだまだ暑さは続きますので、体調に気をつけてお過ごしくださいね。

 

平成〇〇年 盛夏

 

このような感じで書くと良いでしょう。

関連記事:お中元のお礼状が遅れた場合の例文や書き方を詳しく解説!

暑中見舞い、喪中の場合は封書でもOK?

さて、ここで喪中に暑中見舞いを出すにあたり

「郵便局員にハガキの内容を見られたくない」「書きたい内容がハガキに収まらない」

という方もいると思います。

 

特に人の死に関する事というのはかなりプライベートな内容ですので

部外者にはあまり知られたくないですよね。

 

また単に喪中である事を知らせる事務的な内容だけであればハガキでかまいませんが、

親しい人に色々と近況報告をしたり故人の事を伝えたい方もいると思います。

 

そんな時は、封書で暑中見舞いを出しましょう。

 

こう書くと「暑中見舞いはハガキというイメージだから、封書はダメなんじゃないの?」

と思うかもしれませんが、暑中見舞いに封書を送るのは全く問題ありません。

 

ハガキというのは封書が簡略化したものですから、

封書を使うというのはむしろハガキより丁寧という事になります。

 

ただ、その場合は少しマナーが必要です。

喪中なので、ハガキと同じく派手な柄やイラストの便箋は避けましょう。

 

その場合、例えばこのような縦書きのスタンダードな便箋がおすすめです。

 

このような便箋は日本で手紙を書く際の正式なマナーになりますので

失礼になる事はまずありません。

 

さらにこちらは行の中心に中心線が浮き出る下書き付きですので、

真っ直ぐ文字を書くのが苦手という方でも安心して書く事ができますよ。

 

また便箋を入れる封筒も、このような無地の白がおすすめです。

 

こちらの便箋は長形4号と言って、

さきほどの便箋が横折り3つできれいに入ります。

 

縦書きの便箋に横折り3つの折り方は日本での手紙の正しいマナーですので

喪中で気を遣う時はぜひこの折り方をおすすめしますよ。

 

横3つ折りの折り方を簡単に説明しますと、

1.便箋を正面に持ってくる

2.下から1/3を折る。

3.上から被せるように1/3を折る。

これで完成です。

 

喪中だけど相手に色々伝えたい事がある場合は、

ハガキにぎゅうぎゅうに詰める必要はありません。

 

そんな時はぜひ便箋を用意して、言いたいことをきちんと整理して

ゆったりと書いてみてくださいね。



スポンサーリンク




関連記事:7月の行事や風物詩といえば?行事食やイベントには何がある?

まとめ

暑中見舞いは続く暑さに対して相手の体調を気遣うハガキですので、

年賀状と違って喪中でも出す事ができます。

 

ただ、それでも喪中なのでハガキのイラストは控えめや無地のものにするなど

気遣いは必要です。

 

文章も悩む所ですが、こちらで紹介した文例や例文を使えば大丈夫ですので

ぜひ参考にしてくださいね。

 

書きたい事がたくさんあったり、内容を人に見られたくない場合は

封書もおすすめです。