夏になると職場で行われることの多い納涼会。

暑さを吹き飛ばせ!と飲み会の名目として使われることが多いため、

楽しみにしているという人も多いのではないでしょうか。

 

ただ納涼会のお知らせと共に、またよく使われる言葉に

暑気払いがあります。

どちらも飲み会のお知らせに使われる言葉ですが、

この2つの違いは一体どんなものなのでしょうか。

 

納涼会の言葉の意味と共に、暑気払いとの違い、

またいつ使う言葉なのかについて詳しくご紹介します。



スポンサーリンク





納涼会とは?暑気払いとの違いは?

納涼とは、元々夏の暑い盛りに、暑さを忘れるために様々な工夫をすることをいいます。

昔、お金持ちの人は夏の間避暑に出掛けたりしていましたが、

それができない庶民は少ない稼ぎの中で、

自分たちで何とか暑さを忘れる方法を考えるしかありませんでした。

 

そのために体が冷える食べ物や飲み物を飲み食いしたり、

人工的に涼しさを感じられる空間を作ったりして夏の暑さを乗り切ろうとしました。

そうやって一時でも暑さを忘れることを「納涼」といいます。

 

一方納涼と並んでよく使われる言葉に、暑気払いというものがあります。

暑気払いは納涼よりも積極的な意味があり、暑さに負けないよう

体力を付けるために飲み食いをする、暑さ対策を行うというものです。

 

昔は暑さや寒さで病気になる人や死んでしまう人も多く、

それが厄災になると考えられたことから、祈祷をしたり

厄をはらう食べ物を食べることなども行われていたため

それが今に風習として伝わっているのです。

このお祓いの行事が祭りという形になり、「納涼会」と呼ばれています。

 

ただし現代では、納涼も暑気払いも同じように使われていることが多く、

納涼ができる場所で行う宴会を納涼会と呼ぶこともあります。

 

また納涼会は地域で祭りとして行われることも多く、

夏祭りとしての意味で納涼会と呼ばれていることもあります。

 

町内での盆踊り大会やまたバーベキュー大会などが行われることも多く、

会社での飲み会では、恒例行事として納涼船を貸し切って

おこなうというところもありますが、一般的には居酒屋やビヤガーデンなどで

慰労会のような形で行われます。

 

 



スポンサーリンク




納涼会はいつやるもの?

納涼会とは夏に行われるものですが、一般的に夏は梅雨明けから8月末

ぐらいまでをいいます。

暦の上では、七夕の頃の「小暑」から暑さが和らぐとされる「処暑」

辺りまでです。

 

ただし暑さを忘れる行事であることから、時期としては盛夏となる7月から8月の

間に行われることがほとんどです。

また会社で行われる場合は、暦よりも日程を優先することが多く、

地域でのお祭りではお盆に合わせて行うことも多い傾向にあります。

 

また夏の暑さも毎年違いがあるため、

納涼会をするのがいつという決まりはありません。

居酒屋で行う場合や、納涼船や納涼床のあるお店などで行う場合は、

予約が取れたらするという所もあります。

納涼会と暑気払いは意味が違う?別々にするものなの?

最近では納涼会と暑気払いは混合されていることが多いため、

どちらも同じような意味で使われています。

 

細かく分けると、夏の暑さに向けて準備をする意味もある暑気払いは、

梅雨明けに行うことが多く、

逆に暑い盛りに暑さを忘れようと行われる納涼会は、

お盆辺りに行われることが多いです。

 

そのため時期を変えて暑気払いと納涼会をしたほうが

良いようにも思えますが、会社では業務もありますので

大人数で集まるのは大変です。

 

そういった場合はメインの宴会を納涼会として行い、

暑気払いは同僚など仲間内で集まって飲みに行く、といったスタイルで

行うことがほとんどです。

 

お店などでは「暑気払い・納涼会のご予約を受け付けています」といった

お知らせをしていますが、どちらも同じ意味としてとらえて問題ありません。

 

納涼会、暑気払いの区別なく、会社のみんなとの交流の場として

楽しむのがおすすめです。

特に新入社員などは入社して、ようやく会社になれてきた頃ですから

この機会に人脈を増やす場としてぜひ積極的に参加してみてはいかがでしょうか。



スポンサーリンク




関連記事:お中元のお礼状が遅れた場合の例文や書き方を詳しく解説!

納涼会に参加する時にふさわしい服装はあるの?

納涼会にこの服を着る、といったドレスコードがあるわけではありませんが

夏の暑さを忘れるためにも涼しげな色や服を選ぶのがおすすめです。

 

納涼会は会社の業務の後に、打ち上げのような形で行われる場合と、

休日などの日中に集合して行われる場合とがあります。

 

時間に余裕があるようなら、一度着替えてから参加する方法もありますが、

いつもの飲み会と同じような服装で行くのが無難です。

できれば見た目にも涼しげな白系のワンピースなどを着るといいでしょう。

 

会社の休日に集まる場合は、男性女性共に、浴衣で参加するのもおすすめです。

普段私服で集まる機会はなかなかありませんし、

暑い夏だからこそ見た目も涼しげな浴衣を、ぜひ着て参加してみてはいかがでしょうか。

 

浴衣を着る時に悩むのが、帯や草履などの色合わせですが、こちらでは

色を合わせてセットになっています。

また値段も手頃なので、初めて浴衣を買うという人にもおすすめです。

 

こちらは男性用浴衣です。

必要なものがセットになっていますし、色も落ち着いたトーンなので

普段浴衣を着ることの少ない男性だからこそおすすめです。

 

バーベキューや納涼船など屋外で納涼会をする時には、虫除けが必須です。

肌が弱い人も使えますので、1本持っておくと「気が利く!」と

イメージアップにつながりますよ。



スポンサーリンク




関連記事:お中元はいつまでに送る?関東・関西・東海・九州・東北の地域別に解説!

最後に

納涼会と暑気払いの言葉の意味や時期の違い、

いつどんなことをするものなのかについてご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

 

私の父も暑い夏には「暑気払いだ」「納涼会だ」と毎日のように

飲み会に出掛けていました。

今のように優雅に納涼船に乗っての宴会スタイルではなく

今はちょっと数が少なくなったビヤガーデンが定番でした。

 

暑い夏は一日の仕事が終わるだけでもぐったりしてしまいますが、

飲んだり食べたりして一時でも暑さを忘れ、

また明日も頑張ろう!という前向きな気持ちになるためにも

ぜひ会社や町内、友達同士で気軽に納涼会を楽しんでみてはいかがでしょうか。