毎年お中元を贈る相手は決まっているという

お家がほとんどですが、思いがけない相手からお中元を頂いた場合、

お返しをするべきなのか、どうお返しをするべきなのか悩みますよね。

 

特にお中元は一度贈り始めると毎年贈るのがマナーですし、

相手によってはお返しをすることで

かえって気を遣わせてしまう可能性もあります。

 

またお中元には時期がありますので

お返しはいつまでに贈ればいいのかマナーも知っておきたいものです。

 

そこでお中元のお返しのマナーや

お返しの時期、のしの書き方について

知っておきたいマナーを詳しくご紹介します。



スポンサーリンク





お中元のお返しは必要?一般的なマナーは?

お中元とは、日頃お世話になった目上の方や両親などに

感謝を込めて品物を送るという風習です。

 

ただ自分がいつも贈っている相手以外からお中元が届くこともありますし、

仕事上お中元を受け取れない場合もあります。

こういった場合には、どうお返しや返事をするべきなのか、

そのマナーについて詳しくご紹介しましょう。

 

お中元を贈っていない相手から届いた場合

基本的にお中元は、日頃お世話になっている方への感謝の気持ちを贈るものなので、

お返しは不要とされています。

 

会社の部下など、自分より年下の相手や友人などの場合は、お礼の電話をした後

お礼状を送るようにします。

 

逆にお中元を贈ってくれた相手が、目上の方や、親戚、取引先など自分と同等の

立場の場合は、お返しをするのがマナーとなっています。

この場合はお返しにお礼状を添えるか、

先にお礼状を送り、「お返しの品を本日お送りしました」と書き添えるのが

マナーです。

 

ただし立場的にお中元を贈るのが問題になる場合もありますので、

会社関係の相手の場合は、会社の上司に相談してから

お礼を考えるようにしましょう。

 

受け取れない立場にある場合や受け取れないお中元が届いた場合

公務員などお中元のやり取りが立場上できない場合や

高額なお中元、またもらういわれのない相手からお中元が届くこともあります。

 

相手は知らずに贈ってしまった可能性もあるため、

配達をその場で断るのは、相手によっては失礼とも受け取られかねません。

この場合は配達員に手紙などを添えて送り返すことが可能かどうか

確認しましょう。

 

できない場合は一度受け取った後に開封せずその上から包装をし、

「お心遣いいただきましたがご遠慮申し上げます」

と一筆添えて送り返すようにしましょう。



スポンサーリンク




お中元のお返しの時期は?いつまでに贈る?

お中元を贈っていない相手からお中元を頂き、

お返しをする場合にはなるべく早くお返しを贈ることが必要です。

 

お中元の時期は地域によっても違いがありますが、

関東の場合は7月15日、また関西の場合は8月15日までです。

ただし九州や北海道、また沖縄など地域によってお中元の時期には

違いがありますし、宅配便で送る場合、相手の手元に届くまでの

時間も考慮する必要があります。

 

ただしお中元の時期を過ぎたとしても、

のしの表書きを変えることで対応できますので

相手の住んでいる地域と、お中元の時期を確認した上で

なるべく早くお返しの品を用意するようにしましょう。

 

目上の方へのお中元のお返しにおすすめなのがこちらの羊羹です。

暑い夏に食べやすく、日光のおいしい水を使ったこだわりの水羊羹は

年代を問わず愛されている味です。

涼しげな竹筒入りなのもポイントが高いですよ。

お中元のお返しののしの書き方は?

お中元のお返しののしは、お中元の期間内であればお中元になります。

ただしお中元の時期を過ぎる場合は、

暑中お見舞い、もしくは残暑お見舞いとなりますので注意が必要です。

 

関東の場合は7月15日まで、関西の場合は8月15日までに

届く品物であれば、のしの表書きはお中元です。

 

関東の場合、7月16日から立秋となる8月7日頃に贈る場合は

暑中お見舞い、目上の方へは暑中お伺となります。

 

そして立秋から9月上旬までは、関東関西共に

残暑お見舞いです。

目上の方へは残暑お伺となりますので、失礼のないよう注意しましょう。

 

お中元以外の暑中見舞いや残暑見舞いになったとしても、

使用するのしは紅白の蝶結びの水引が印刷されたのし紙を使用します。

 

デパートなどでのしをお願いする場合は、

贈る相手の立場や地域を考慮した上でお願いするようにしましょう。

 

お返しをする場合は、お中元の時期がいつまでであるかによって

のしの表書きが変わります。

ただし近年お中元を贈る時期が早くなっているため、

地域に関係なく6月の終わり頃からお中元をまとめて贈るという人も

増えてきています。

 

お返しはなるべく早く贈るのがマナーとされていますが、

一般的な時期よりも早く頂いた場合は、

相手の住んでいる地域に合わせてお中元を贈るようにしましょう。

時期を守って贈れば失礼にはなりません。

 

お中元というとお菓子やゼリーなど甘いものを贈ることが多いですが

目上の方に贈るならこちらの佃煮のセットはいかがでしょうか。

京都の料亭のこだわりの味が6種類もセットになっています。

なかなか自分で買うことはないものなのでおすすめですよ。



スポンサーリンク




関連記事:お中元のお礼状が遅れた場合の例文や書き方を詳しく解説!

お中元のお返しの相場はどれぐらい?

お中元のお返しの相場は、相手との関係にもよって違いがありますが

平均して5000円前後と考えておきましょう。

 

お中元を頂き、そのお返しを贈る場合に悩むのが金額です。

お中元は贈り始めたら、今後もそのお付き合いが続いていきますので、

最初に高額なものを贈ってしまうとその金額で毎年贈ることになります。

 

また頂いたお中元よりも高価なお返しをするのは

マナー違反となりますので注意が必要です。

 

親戚や知人、友人の間柄であれば、お中元も肩肘を張らず

3000円ほどを予算として考えましょう。

目上の方の場合は4000円から5000円を予算として考えておけば

失礼になりません。

 

ただしお中元のお返しをこの一度きりにしたいと考えている場合は、

頂いたお中元の半額程度を相場として、

お返しと共に一筆添えるようにしましょう。

 

「このたびはお心遣い誠にありがとうございました。

ささやかではありますが、お返しをお送りさせていただきます。

なお今後のお気遣いは不要ですので、どうか今後ともお気遣いなく

変わらぬお付き合いをよろしくお願いいたします」

といった一文を手紙やメッセージで伝えましょう。

 

相手に気遣いさせないためにも、また金額的なことに悩まないためにも

お返しにはギフトカタログもおすすめです。

グルメが盛りだくさんの北海道グルメのカタログなら、

相手の方も安心して好きなものを選べますのでおすすめです。



スポンサーリンク




関連記事:お中元はいつまでに送る?関東・関西・東海・九州・東北の地域別に解説!

まとめ

お中元を贈っていない相手から頂いた場合の

お返しの方法やのしの表書きについての注意点をご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

 

お中元は毎年贈らなければならないというマナーがあるため、

贈ることを考えてしまいますが、

お世話になったお礼ということでお中元を贈るのは

お付き合いの上での潤滑油のようなものです。

 

こちらから毎年贈るのはどうかな、と考える場合は

無理にお返しを贈る必要はありません。

もしお返しがお礼状だけでは失礼かもと思う場合は

お返しを贈った上で、今後はお気遣いなさらないよう、と

手紙などで気持ちを伝えれば失礼にはなりません。

 

お互いに気持ちよいお付き合いを続けていくためにも、

上手なお返しの方法を考えるようにしましょう。