夏になると、挨拶がてらに日頃の感謝の気持ちを伝えるため、

暑中見舞いというものが利用されます。

しかし、いざ暑中見舞いを頂いたとき、

どのように返事をしたらいいのかわからないという場合もあると思います。

 

また、ビジネスの場面でも暑中見舞いは多く使われますが、

返事をメールで出したいときには、どのような内容で送るのがいいのでしょうか。

社会人としても、基本的なマナーを知っておく必要があるところです。

 

しかし、暑中見舞いのマナーを改めて勉強するという機会も少ないと思います。

そこで今回は、暑中見舞いの返事をメールでするときの基本的なマナーや、

ビジネスで使える上司宛の文例などなど、

さまざまな場面に応じた例文を使いながらわかりやすくご紹介していきます。



スポンサーリンク





暑中見舞いの返事はメールでも大丈夫?

暑中見舞いは、相手に対する日頃の感謝の気持ちや労いを伝えるための手段として、

昔から使用されてきました。

いわゆる夏の挨拶のようなものです。

 

これまでは、暑中見舞いや寒中見舞いなどはハガキでのやり取りが主流でしたが、

最近は、携帯やパソコンなどの普及により、暑中見舞いもハガキではなく、

メールで送るというケースも多くなっています。

そのため、暑中見舞いの返事をメールで送るというのも珍しいことではありません。

 

とは言え、暑中見舞いがハガキで来た場合には、

ハガキで返事をするというのが基本的には望ましいでしょう。

相手がハガキを利用して直筆で送ってくださった場合には、

自分も一言添えてハガキで送る方が、受け取る側も気持ちいいはずです。

 

ただ、ハガキで送られてきた暑中見舞いの返事がメールになってしまっても、

重大なマナー違反になるということではありません。

それよりも大切なのは、返事がメールになってしまったとしても、

頂いてからなるべく早めに返事を送るということです。

 

また、ビジネスの場面で上司宛などに暑中見舞いの返事をするときには、

年配の方だとメールでの返事に少し抵抗がある場合もあります。

相手の人となりを考慮しておくことも大切かと思います。

 

ハガキよりもメールの方が手軽で、すぐに送ることができるのですが、

ビジネスの場面で目上の人に返事をする場合には、

相手と同じ媒体を利用して返事をするのが無難です。

楽だからとは言え、上司に対する礼儀や誠意に欠けていると思われて、

今後の付き合いに影響があっても困りますよね。

 

メールで暑中見舞いを受け取ったなら、返事をするときもメールで全く問題ありません。

ただし、メールで送られてきた場合には、

そのメールに対する返信機能を利用するのではなく、

改めて自分でメールを新規作成して返事を送るのが基本的なマナーになります。

 

ビジネスメール言い換え辞典

「すみません」「OKです」など、普段何気なく使う言葉を

ビジネスメールではどう言えば良いのかを辞典形式でまとめた一冊です。

よく言葉選びに悩んでしまう方や、

今自分が使っている言葉が正しい敬語表現なのか確認したい方におすすめです。

 

親しい人、社内の上司、社外の人といった、

相手に合わせた表現パターンも網羅されているので、

暑中見舞いだけでなく、普段のビジネスシーンでも役に立つこと間違いありません。



スポンサーリンク




暑中見舞いの返事をメールで出すときに注意することは?友人宛の例文もご紹介!

では、実際に暑中見舞いの返事をメールで送る際に、

注意すべきことをいくつかお話していきます。

まず、普段からあまりメールを使わない年配の方や、

個人的に携帯やパソコンでのやり取りをしていない人であれば、

メールではなくハガキにするのが良いでしょう。

 

もしその関係で暑中見舞いの返事をメールで送っても、

最悪の場合、見てもらえないなんてことも起こり得ます。

相手にとっては、返事がなく失礼な人だと思われてしまうかもしれません。

 

次に、題名にも気をつけて下さい。

近年、迷惑メールも多くなっているので、

題名が曖昧だと迷惑メールと間違われてしまうかもしれません。

題名には、自分の名前を入れ、暑中お見舞い等と入力し、用件を明確にする必要があります。

 

また、ビジネス上では使われないと思いますが、

絵文字や顔文字などの機種依存文字の使用は控えましょう。

例え親しい友人であったとしても、暑中見舞いの返事を送る際のマナーとしては重要です。

せっかく送る挨拶メールなので、

少しでも装飾した可愛い内容にしたいという気持ちもあるかもしれませんが、

あくまでも暑中見舞いの返事なので、控えた方が良いです。

 

では、ここでいくつか暑中見舞いの例文をご紹介していきます。

友人宛に送る場合はどのような文章で送るのが良いでしょうか。

 

例文1

題名 〇〇より 暑中お見舞い

 

暑中お見舞い申し上げます。

暑さもピークに差しかかっている今日この頃ですが、体調崩していませんか。

私は仕事も家庭も充実した毎日を過ごしています。

また、地元に帰った時には連絡するので、飲みにいきましょう。

お互い身体には気をつけましょう。

 

平成〇〇年 盛夏

〇〇より

 

例文2

題名 〇〇より 暑中お見舞い

 

暑中お見舞い申し上げます。

今年は例年より暑さが厳しいですが、元気でお過ごしでしょうか。

わたしは少し夏バテ気味ですが、毎日子供達の元気に圧倒されながら過ごしています。

また、家族みんなで遊びに来て下さい。

くれぐれも身体には気をつけて、また会える日を楽しみにしています。

 

平成〇〇年 盛夏

〇〇より

 

友人に宛てて返事を送る場合には、基本的な文章の流れを覚えておくだけで良いです。

まず、暑中お見舞い申し上げますという挨拶のあと、時候の挨拶、相手を気遣う挨拶、

さらに自分の近況を一言加え、結びの挨拶という流れになります。

文章の流れさえ捉えておけば、友人に送る場合は気軽に書いていいと思います。



スポンサーリンク




関連記事:お中元とお歳暮は両方贈る?どちらかだけでいいの?

メールで送る暑中見舞いの文例をご紹介!ビジネスで送る上司宛の場合は?

続いては、暑中見舞いの返事を上司宛に送る場合の例文を紹介します。

暑中見舞いを自分から送っていないのに、上司から暑中見舞いのメールが来たとなると、

失礼をしてしまったかなと心配になるかもしれませんが、

すぐに返事を送れば問題ありません。

こちらも文章の流れや書き方を押さえておくことが大切ですので、

そのまま使える文例をご紹介していきます。

 

文例1

〇〇様

暑中お見舞い申し上げます。

梅雨が明けた途端、猛暑に見舞われる毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか。

わたしは夏期休暇を家族と旅行をして過ごしております。

休みが明けましたら、気持ちも新たに頑張りたいと思いますのでよろしくお願いします。

暑さ厳しき折柄、くれぐれもご自愛ください。

 

〇〇年盛夏

 

文例2

〇〇様

暑中お見舞い申し上げます。

ご丁寧に暑中見舞いをお送り頂きまして、ありがとうございます。

炎暑続く日々ですが、体調お変わりなくすごされていますでしょうか。

私は家族共々暑さに負けず、元気に過ごしております。

ご多忙中と存じますが、体調崩されませんよう気をつけてお過ごし下さい。

 

〇〇年盛夏

 

文例3

〇〇様

暑中お見舞い申し上げます。日頃からお心にかけて頂きましてありがとうございます。

暑さが厳しくなっておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

私は、暑さに負けるべくと、子供とキャンプの計画を立てております。

暑さの厳しい折柄、くれぐれもお身体に気をつけてお過ごし下さい。

メールにて失礼いたします。

 

〇〇年盛夏

 

上司宛に暑中見舞いの返事を送る際には、基本的な文章の流れのほか、

日頃の感謝の挨拶や、メールにて失礼します等といった一文があると良いでしょう。

近況を書く部分では、悩んでしまうかもしれませんが、

文例のように夏休みを過ごしていることや、休み明けの意気込みなどを書くと、

自然な流れになると思います。



スポンサーリンク




関連記事:お中元のお礼状が遅れた場合の例文や書き方を詳しく解説!

まとめ

暑中見舞いを頂いた場合には、なるべく早めに返事を送るのが良いでしょう。

友人の場合でもビジネスの場合でも

頂いたままというのは、どうしても失礼になってしまいます。

 

内容はあまり長くする必要はありませんので、難しく考えず

今回紹介した例文を参考にしながら、近況報告も兼ねて考えてみてください。