社会人のマナーのひとつとして、お中元とお歳暮があります。

このような習慣があるということは知っていても、

その贈り方や、贈る時期、どんな相手に贈るべきなのか・・・

などなど、迷うことポイントはたくさんありますよね。

 

そこで今回は、知っておくべきお中元とお歳暮の常識について

まとめてご紹介したいと思います。

まだ自分には関係がないなんて思っていても、

急に社内でそんな役回りになるかもしれません。

知っておいて損はないので、ぜひご一読ください!



スポンサーリンク





お中元とお歳暮の違いって?いつの時期に贈ればいい?

まずは基本中の基本である、お中元とお歳暮の違いを押さえておきましょう。

お中元というのは、半年間の感謝と相手の健康を願って贈り物をすることで、

お歳暮と言うのは、一年間の感謝と翌年も引き続きお付き合いができますようにという

願いを込めて贈り物をすることです。

 

「日頃の感謝を込めて贈り物をする」という意味では、

お中元とお歳暮には違いがなく、贈る時期によって

呼び方が変わるだけという理解で問題ありません。

 

お中元の時期はおおまかに言うと7月~8月15日、

お歳暮は11月下旬~12月20日前後となっています。

どちらも半期に一度の感謝を表すご挨拶と思っておいてよさそうですね。

 

しかし、その起源は全く違います。

お中元の起源は、非常に古く、なんと古代中国までさかのぼるのです!

古代中国には、天官・地官・水官を祀る三官信仰という考え方があり

それぞれの神様を、三元の日に祭ったと言われています。

 

お中元の由来となったのが中元(7月15日)生まれの地官である慈悲神様。

誕生日に行われていたお祭りが、同じ日に行われていた

仏教のお盆の行事と結びついたことから、お中元が始まったと言われています。

これが日本に伝わり、親類や隣近所に仏様に供えるお供物を

贈る習慣になったと言われています。

 

そして、お中元は江戸時代に先祖へのお供えと共に、

商売の相手やお世話になった人へ贈り物をする一般行事になりました。

 

それに対して、お歳暮の由来もご紹介します!

お歳暮と言うのは、文字通り年の暮れと言う意味です。

昔は、新年に先祖の霊を迎えるために必要な供物を、嫁いだり分家した人が本家や親元に

持って行く行事である「歳暮の礼」という行事がありました。

 

その後、日頃お世話になっている人に感謝するなど、「歳暮まわり」と呼ばれる

年中行事が行われるようになり、今日ではお世話になった人に一年の感謝の気持ちを

込めて年末に贈る贈り物を指す様になりました。

この習慣が根付いたのも、やはり江戸時代の頃だったと言われています。

 

ちなみに、お中元とお歳暮というのは基本的にはセットで考えるため

両方贈るのが望ましいですが、予算の都合などで両方は厳しいという時には

お歳暮だけにしても問題はありません。

一年のしめくくりであるお歳暮の方が重視される傾向があるためです。

それゆえ、どちらも贈る場合にはお歳暮の方に予算を高めにして贈るのがマナーです。



スポンサーリンク




身につけておきたい!お中元とお歳暮の常識

それでは、実際にお中元やお歳暮を贈る際の実践的なマナーをご紹介します!

まず一番最初に注意しなければいけないのは、時期。

実は東日本と西日本ではそれぞれに時期が異なります。

そのため相手先の所在地を考慮して、準備をしなければいけません!

 

お中元は、東日本では7月上旬から7月15日までに

西日本では、7月中旬から8月15日までに届くようにしましょう。

そしてお歳暮に関しては、東日本では11月下旬~12月20日前後、

西日本では、12月13日~12月20日前後とされています。

 

もしも時期を逃してしまったらもう贈れないのかというと、そうではありません!

お中元に関しては、立秋までは「暑中御見舞い」として、

それ以降は「残暑御見舞」として贈ることが可能です。

お歳暮については、年内に間に合わなければ「御年賀」や「寒中御見舞い」として

贈ることができますので、万が一準備が遅れてしまった場合でも安心です。

 

そして次に大切なのは、相手の好みを知ること。

ありがちなのは、お酒が飲めない人にビールの詰め合わせを贈ってしまったとか

コーヒーを飲まない人にインスタントコーヒーのセットを贈ったなど・・・

これは、少なくとも好印象にはならないので事前のリサーチが大切です。

好みのほか、アレルギーなども分かる限り配慮して品物を選びましょう。

 

それに関連して、相手が確実に受取れる時期もリサーチが必要です。

万が一長期で不在にしているときに発送してしまい、受取った時には賞味期限が

切れていたという事態は絶対に避けたいものです。

生ものはもらって嬉しいものではありますが、こういったタイミングを計ることが

難しかったりもするので、相手の予定を把握することが大切です。

 

賞味期限が短いものは、相手がその期間に消費しきれないと

逆に迷惑になってしまうこともあるので、生ものや賞味期限が短いものは

避けるというのも、ひとつの思いやり・心遣いですよね。

 

冷やして食べたり飲んだりすると美味しいものは、

暑い時期のお中元の品を選ぶときのポイントですね!

こういったジュースは、賞味期限も長く

とくにお子さんがいるご家庭には喜ばれます。

 

コーヒー好きな方にはやっぱりコレがおすすめ。

特別な器具を必要とせず、手軽に本格的なコーヒーが楽しめる

パーソナルドリップスタイルです。

 

3種類のフレーバーが入っており、気分に合わせてチョイスできるのも嬉しいですし

急な来客でも、フレッシュで薫り高いコーヒーを出すことができるので

もらって嬉しい品物のひとつですね。

 

相手の好みがあまりはっきりしない場合や、

家族の人数が少なく、ものの消費が少ないような場合には

やっぱり便利なのはカタログギフトですよね。

 

好きなものを選んでもらえるので、受取った人が嬉しいのはもちろんですが

贈る方としても、準備が簡単なのが嬉しいですね。

コースも細かく分かれているので、予算に合わせて選べます。

品物選びに時間をかけられなかったときには本当に重宝します!



スポンサーリンク




関連記事:お中元のお返しののしの書き方!時期はいつまで?

 

最後に贈る相手についてです。

基本的には、仕事の取引先や上司、親戚など

お世話になっている人なので難しく考える必要はありませんが

相手が政治家や公務員などの場合は注意が必要です。

公職選挙法や、公務員規定に触れる恐れがあるので気をつけましょう。

 

そして、お中元やお歳暮の意味合いとして、

「今後もお世話になります」という意味があるので、とくに仕事上の取引相手など

今後も継続して付き合いがない場合には、お中元やお歳暮を贈っては

かえって失礼にあたります。

そういった場合には、シンプルに「御礼」として贈ることが望ましいですよ。

 

さらに気になるのが、贈る相手や自分が喪中の場合。

これは贈っても問題はありませんが、ご不幸があまりに直近だった場合には

あえて時期をずらすという方法もあります。

その際には、寒中御見舞いなどとして無地のしで贈るのが良いでしょう。



スポンサーリンク




関連記事:お中元とお歳暮は両方贈る?どちらかだけでいいの?

まとめ

いかがでしたか?

お中元とお歳暮は、お世話になった相手に感謝の気持ちを伝える贈り物

だということが分かりましたね!

 

しかし東日本と西日本で贈る時期が違うので注意しましょう。

あくまでこの時期は、贈る時期ではなく相手に届ける時期になるので

それも考慮して早めに準備して、発送の手続きをすることが肝心です。

そしてマナーにも気をつけ、もらった相手の心に残るような贈り物にしましょう!