夏の挨拶として用いられるものとして知られているのがお中元ですよね。

普段お世話になっている方へ、

日頃の感謝の思いや労いの気持ちを表すのに用いられることが多いと思います。

 

ご両親や親戚、職場の上司や取引先の相手など、

様々な場面でお中元は使用されているのですが、

そもそもお中元とは一体どのようなものなのか、

正しい意味や起源についてご存知でしょうか。

 

お中元を送ったことはあるけれど、

何となく決められたマナーとして利用していたという方もいると思います。

せっかく、日頃の感謝の気持ちを込めて送るのですから、

正しい起源や意味についても理解した上で送りたいものですよね。

職場の上司や取引先などとの付き合いで送る場合はなおさらです。

 

今回は、お中元とは何かについて詳しく理解することができるよう、

意味や起源について分かりやすく解説していきます。

基本的なお中元マナーについてもご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。



スポンサーリンク





お中元とは?意味や起源について!

みなさんはお中元とはどんな意味や起源があるかご存じでしょうか。

なんとなく夏の挨拶のマナーとして、

そのような習慣があるという風な捉え方をしている人が多いのではないかと思います。

 

しかし、実はお中元とは中国古来の祭りが起源となっています。

お中元は、日本独自の習慣ではなかったのです。

中国では、神様にお供え物をして自分の身を清める行事として、

上元、中元、下元という「三元」という日が設けられています。

上元は1月15日、中元は7月15日、下元は12月15日と決められていますが、

7月に行われる中元が日本に伝わってきたのが起源とされています。

 

中国では、7月15日に、仏教の盂蘭盆会という行事が行われており、

中元と盂蘭盆会は同じ日に行う行事として広まっていました。

 

日本では、中国から仏教が伝わった頃から、盂蘭盆会をお盆の行事として行われました。

お盆と聞くと、盆踊りや送り火、迎え火などという儀式が思い浮かぶと思いますが、

それと同じように御礼の品を贈り合う盆礼という習慣もありました。

 

江戸時代頃になると民間にも行事としてお盆の風習が広まり、

お盆の時期には知人や親族の家に、

御礼の品を贈答しに伺うという行事が行われるようになりました。

この盆礼という風習がお中元の元々の意味であり、起源となっているのです。

 

盆礼は7月15日に行われ、道教の中元も7月15日であったことから、

この時期の贈り物をお中元と呼ぶようになったのです。

 

今では、お盆の時期に相手に渡す手土産や贈り物のことを総称して、

お中元と呼んでいますが、本来の意味から考えると、

お中元とは、日頃からお世話になっている方へ感謝の気持ちや、

なかなか会えずご無沙汰している相手に対してのお詫びの気持ちの意味があるのです。

 

また、自分の無事や相手の健康を願うという挨拶を兼ねて品物を送ることで、

日頃の失礼を償うという意味も込められています。



スポンサーリンク




お中元を送る時期や基本的なマナー!

お中元を送る時期というのは、基本的に7月の始め頃から15日までです。

しかし、地域によっては、お中元を送る時期も違ってくるので気をつけましょう。

東北や関東では上記の時期で問題ありませんが、九州では8月の始めから15日です。

それ以外の地域の場合は、7月15日~8月15日とされています。

 

お中元は、日頃の感謝の気持ちと、

今後も変わらぬお付き合いをよろしくお願いしますと言った意味が込められているので、

基本的には毎年恒例になる挨拶なのですが、

今年は特別お世話になったので送りたいという場合もあると思います。

そのような場合、時期的にお中元の時期だと、「お中元」として送りたいところですが、

今年だけということであれば「御礼」などといった熨斗を利用して送るのが良いです。

 

お中元は地域によって時期が異なるので、

気づいたときにはその時期を逃してしまったということもあると思います。

その時には、「お中元」ではなく、

「暑中お見舞い」や「残暑お見舞い」として送りましょう。

 

送る時期としては、暑中見舞いであれば立秋前、

残暑見舞いだと立秋後に送るのが一般的です。

また、送る相手が目上の人の場合には、「お見舞い」ではなく、

「お伺い」とするのが正しいマナーになります。

 

お中元を送ろうと思う相手が喪中であった場合に、

どうしたら良いか悩むこともありますよね。

しかし、お中元はお祝いではないので、

相手や自分が喪中であった場合でも送って失礼になることはありません。

しかし、まだ四十九日を過ぎていない場合や、亡くなった方が近親者の場合には、

少し時期をずらして送るのが無難と言えるでしょう。



スポンサーリンク




関連記事:お中元のお返しののしの書き方!時期はいつまで?

お中元は誰に贈るべき?

お中元は、日頃からお世話になっている相手に対する感謝の気持ちや、

今後ともよろしくお願いしますなどと言った意味を込めて送ります。

ですが、どの程度の付き合いの相手に送るのがいいのだろうと悩む方もいると思います。

 

まず、両親に送るお中元は、同居しておらず、

なかなか会えない遠方に住んでいる場合に送ることが多いです。

さらに、親戚関係の人には、必ずお中元を送る必要があるということはありません。

しかし、遠く離れており、会う機会も少ない相手に対して気遣いや、

疎遠を詫びるという意味合いで送るという場合もあります。

 

また、仕事関係でお世話になっている方や上司に対して、

お中元を送る必要があるのかということも考えると思います。

最近では社内での贈答を禁止しているという場合も多くなってきているので、

まずそのあたりの社内ルールを確認する必要があります。

 

必ずしも上司へお中元を送る必要があるわけではありませんが、

個人的に仕事以外でお世話になった人や仲人していただいた方へは、

お中元を感謝の気持ちとして送ると良いでしょう。

仲人をしていただいた人に対しては、

3年間はお中元やお歳暮を届けるという習慣もありますので覚えておくと良いでしょう。

 

お中元は、下のものから目上の人に対して送るものという習慣でもあるので、

例えば個人的に会社の部下にお世話になったからと言ってお中元を送ったりはしません。

そういった場合は、お中元とは別に品物をプレゼントしたり、

食事をご馳走するなどという方法をとったほうが良いでしょう。

 

高級お茶漬けセット 8種類

こちらのお茶漬けセットは、金目鯛や炙りふぐ、

ウナギなどの高級素材を惜しげも無く使った贅沢な一品です。

お茶漬け専用のお茶も付いてくるので、

あとはご飯とお湯があれば美味しいお茶漬けが食べられます。

夏の暑い時期には、こういったサッと掻き込める料理が喜ばれます。

質が良いので、上司などに送るのにも向いていると思います。

 

神戸フランツ 壺プリンセット

スイーツ好きな方に送るお中元におすすめなのがこちらの商品です。

テレビや雑誌でも何度も取り上げられる人気店神戸フランツの

人気スイーツ7種類が詰め合わせになっています。

 

極上の口溶けが味わえる壺プリン、3種類の味が楽しめるレアチーズケーキなど、

どれも味は確かなスイーツです。

見た目も鮮やかで、贈り物には最適だと思います。



スポンサーリンク




関連記事:お中元とお歳暮は両方贈る?どちらかだけでいいの?

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「お中元とは」と聞かれると、

漠然とした贈り物のイメージしかなかった方も多いと思いますが、

正しい意味や起源を知っておくだけでも、

周りから気が利く人だと思われることも増えるでしょう。

 

お中元は日頃からお世話になっている方へ感謝の気持ちを伝えるための贈り物ですが、

時期や関係性を正しく理解していないと、逆に失礼になってしまうこともあります。

今回の記事を参考に、お中元について今一度再確認していただければ幸いです。



スポンサーリンク