カレンダーには仏滅、友引などという言葉が小さな文字で書いてある事がありますよね。

 

その意味は知らなくても、仏滅という言葉はその字面が悪すぎて

良いイメージはない方がほとんどだと思います。

 

特に入籍日という、おめでたく人生の大事な節目にもなる日に仏滅が被ってしまうと

とんでもなく縁起が悪そうに感じますよね。

 

実際、入籍日に仏滅が被ってしまった人たちの離婚率は高かったりするのでしょうか。

もしそうであれば避けたいですよね。

 

そこでここでは、入籍日が仏滅になるのは本当に縁起が悪いのか、

仏滅と入籍日が被ってしまった場合の離婚率はどうなのかを説明します。

 

「この日を入籍日にしたいけど、仏滅だから諦めるべき?」と迷っている方は

ぜひ参考にしてくださいね。



スポンサーリンク





仏滅ってそもそも何?

カレンダーをよく見てみると、

毎日の日付の横に小さく「先負」「仏滅」などのような言葉が

書かれているのに気が付きます。

 

祝日や祭日のように特定の日だけ、という事ではなく、毎日何かしら書かれていますよね。

一体これらは何なのでしょうか。

 

実はこれらは六曜と呼ばれる占いの一種になります。

 

仏滅もそのひとつです。

六曜には「六」とつくように、以下のような6種類の言葉があります。

 

先勝(せんしょう、さきがち)

友引(ともびき)

先負(せんぷ、さきまけ)

仏滅(ぶつめつ)

大安(たいあん)

赤口(しゃっこう、しゃっく)

 

カレンダーに当たり前のように書いてある六曜ですが、

この六曜は日本にもともとある伝統的な占いや先人の知恵などではありません。

 

六曜は昔中国から入ってきた占いだとされていますが

実は誰が作った占いなのか、その占いの根拠など由来はあまりハッキリしないんです。

そして六曜が日本にしっかり広まったのも明治頃からで、割と新しいにものになります。

 

ではこの六曜は一体何を占っているのかと言うと、それは「その日の運の良さ」です。

この6つの言葉にはそれぞれ意味があり、「運がいい時間帯」を表しています。

 

この六曜は簡単に言えば、その日何か行動するのに

運勢が「吉」か「凶」か表すという占いなのです。

 

では、それぞれの言葉の意味を見ていきましょう。

 

先勝(せんしょう・さきかち)は「先にやれば良い運勢が待っている」ということで、

午前中が吉、夕方が凶という意味です。

 

友引(ともびき)は「勝負事が引き分けになる日」ということで、

朝と夜が吉、正午は凶という意味です。

 

先負(さきまけ・せんぷ)は先勝と逆で、「慌てるとよくない」ということで、

朝は凶、昼と夜は吉という意味です。

 

仏滅(ぶつめつ)は「全てがうまくいかない」ということで、1日中凶という意味です。

 

大安(たいあん)は逆に「すべてがうまくいく」ということで、1日中吉という意味です。

 

赤口(しゃっこう・せきぐち)は火や血を表す赤の文字が表す通り、

「あまりよくない日」ということで、正午だけが吉、他は凶という意味です。

 

ちなみに仏滅は「仏」という漢字がついていますが、

六曜と仏教は何の関係もありません。

 

字面から「仏が滅亡する」なんてイメージしてしまいますが、そんな事は全くありません。



スポンサーリンク




仏滅は本当に縁起が悪い日?

さて、仏滅を含む六曜の意味を見てきましたが、いかがだったでしょうか。

「あれ?」とひっかかる人が多いと思います。

 

それもその通りです。

六曜に従えば、「大安というたった1日を除き毎日何かしら運が悪い」という事になります。

 

毎日働いている社会人にとって、「今日は先負で午前の運勢が悪いから午前中は仕事しない」

「今日は仏滅で一日運勢が悪いから仕事を休む」なんて事は考えられないですよね。

 

それにそもそも六曜というのは誰が使ったのかも分からない占いです。

さらに言うなら、この先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口は順番が固定されていて、

毎日順繰りに巡ってきます。

 

どこかの占い師が「今年はこの日が先勝」「次の日は赤口」と

ひとつひとつ占って決めているのではなく、

月曜日の次に必ず火曜日が来るというようにどの六曜も順番に来ているだけなのです。

 

昔から「大安は縁起のいい日」「仏滅は縁起の悪い日」と言われていましたが、

どうでしょうか。

 

ここまで読んで、本当に仏滅は縁起が悪い日だと思いますか?

 

六曜をよく知ると、たまたまその日が満月だった、三日月だったというように

「たまたまその日が仏滅になった」というだけなのです。

 

仏滅は縁起が悪いと昔から言われていますが、実際はそれはほぼ迷信に近いんです。



スポンサーリンク




仏滅が入籍日になったカップルの離婚率は高い?

仏滅の日は思ったほど縁起は悪くない事は分かったかと思います。

 

でも実際気になるのは、

「仏滅に入籍日になったカップルの離婚率はどうか?」という事ですよね。

 

実際仏滅を入籍日にしたカップルの離婚率はどうなのでしょうか。

 

実は「仏滅に入籍したカップルの離婚率は高い」というデータもある事はあるんです。

ですが、それにはからくりがあります。

 

六曜は迷信に近い占いですが、それが「ただの迷信だ」と言われ始めたのは最近です。

 

ですからちょっと前では縁起の良い「大安」にこそ

入籍日や結婚式の日を選ぶべきだという風習がありました。

そして逆に「仏滅」は入籍日も結婚式も避けた方がいいという風習が続いてきました。

 

これからは数も変動するでしょうが、今のところ統計的には

大安に入籍する人が多く、逆に仏滅に入籍した人は少ないという結果になっています。

 

そして大安の方が圧倒的に母数が多いので、

離婚した人が多かったとしてもそこまで数に反映されません。

 

ですが仏滅は母数が少ないので、

離婚した人が少なくても大安よりも離婚率が高くなってしまう事があるのです。

 

また、現在は男性に頼らなくても女性一人だけで働ける環境が広く存在しているので、

以前は「離婚したいけど夫と別れたら生活ができない」という理由で

離婚を諦めていた人達が離婚に踏み切れるようになりました。

 

このようにして仏滅の母数が少ないまま日本の離婚率は上昇中ですので、

今後さらに仏滅の離婚率は上がるかもしれません。

 

ですがそれは「仏滅だから」という理由ではなく、

ただ昔仏滅を入籍日にする人が少なかったという事と、

現在離婚する人が増えているからという理由からなんです。

芸能人の入籍日はどう?

ですが理屈では「仏滅と離婚率は直接は関係ない」という事は分かっても、

なんとなく不安になるのが人の心ですよね。

 

そこでここでは、多くの人がその行方を注目する芸能人に目を向けてみましょう。

 

敢えて仏滅に入籍した芸能人と言えば、上戸彩さん・HIROさんペアです。

なぜ仏滅にしたかといえば、その日はちょうど上戸彩さんの誕生日だったそうです。

 

誕生日がたまたま仏滅に被ってしまったけど、

上戸彩さんの記念日を優先したという事ですね。

 

二人は現在子宝にも恵まれ、仕事も順調で幸せそうです。

二人を見ていると仏滅なんて関係ないと思ってしまいますね。

 

ちなみに大安を選んで結婚したカップルには

藤原紀香さん・陣内智則さんペアがいますが、約2年で離婚しています。

 

こうして見てみても、

「仏滅だから離婚しやすい」・「大安だから一生安泰だ」

という事もないという事が分かりますね。

関連記事:結婚時の会社での手続きは?書類や共働きの場合について詳しく解説!

占いにこだわり過ぎると良くない?

確かに「縁起の良い日」というのは大事ですが、

それは何もかもを優先して選ぶものかと言われればそうでもありません。

 

例えば二人で話し合ってお互いの大切な思い出がある日を入籍日にしようと決めたのに、

どこの誰が作ったのかも分からない占いで「この日はイヤ」なんて言ったら

パートナーはどう思うでしょうか。

 

自分達の築き上げてきた思い出は、

そんな誰が作ったかもはっきりしないただの占いによって簡単に

曲げられてしまうのかと不満を持ってしまうでしょう。

 

それに世の中には六曜の他にも占いなんていくらでもあります。

 

今日が大安で六曜の視点から見れば「縁起の良い日」でも、

別の占いから見ると「最悪な日」となっている事もあるんです。

 

そんなひとつひとつの占いばかりを気にしていると、二人の仲も悪くなってしまいます。

 

逆に二人がしっかり団結していれば、

周りがどんなに「今日は厄日」と言ってもへっちゃらです。

 

ですからあまり仏滅に振り回されず

ぜひ、自分達の記念日や思い出を大切にして入籍日を選んでくださいね。



スポンサーリンク




関連記事:入籍日の決め方2019!縁起のいい日・悪い日をご紹介!

まとめ

仏滅はその言葉からとても縁起が悪そうに見えますが、実際はその占いに根拠はなく

縁起が悪い日とは言えません。

 

仏滅を入籍日に選んで幸せに暮らしているカップルもいますし、

逆に縁起がいいとされる大安を選んでも離婚してしまうカップルがいます。

 

結局は結婚する二人次第なので、

あまり占いに左右されず二人にとってステキな入籍日を選んでくださいね。



スポンサーリンク