普通の食事用の食器として使っている器がありますよね。

 

堅くてほどよい質感があり、落とすと割れてしまうものは

全部「陶器」だと思いがちですが

実はそれは陶器ではなく「磁器」かもしれません。

 

陶器はよく聞く言葉ですが、磁器というのはあまり聞き慣れない言葉ですよね。

では磁器とはどういう器の事なんでしょうか。

 

そこでここでは、磁器と陶器の違いや見分け方、

また電子レンジやオーブンで使えるのかなどを説明します。

 

家にある食器が磁器なのか陶器なのか気になる方は、ぜひ参考にしてくださいね。



スポンサーリンク





磁器と陶器の違いは?

家の食器を見てみてください。

 

軽くて落としても割れず、悪い言い方をすれば「安っぽい」という印象を受ける器は

プラスチックだとすぐ分かりますよね。

 

では、硬くてそれなりの絵柄が入っており、落としたら割れてしまうものは何でしょうか。

正解はだいたいが「磁器(じき)」か「陶器(とうき)」です。

 

陶磁器という言葉があるように、日本では主に磁器か陶器の器が広く使われています。

 

磁器と陶器、名前はなんとなく似ている気もしますが、

この2つ一体何が違うのでしょうか。

 

そこでここでは磁器と陶器の違いについて説明していきます。

 

まず磁器から説明しましょう。

 

磁器は陶石(とうせき)・長石(ちょうせき)・珪石(けいせき)からできています。

 

漢字から分かるように、原料は「石」です。

磁器は岩石を砕いた粉から作られています。

 

焼成温度(器を作る時の最後に行われる高温加熱工程)は1200℃から1400℃です。

 

特徴としては、原料が石なので水の吸水性がない事と

光に透かすと少しだけ明るくなる(光を透過させる)という事です。

 

また、磁器を叩くとキンという高い音がします。

 

さらに、磁器は陶器と比べるとサイズは形が均一化されている事が多いです。

洋食のチェーン店などで使われている陶器のような真っ白い器は、

磁器である事がほとんどです。

 

磁器の有名な焼き物と言えば、

有田焼、九谷焼、波佐見焼、ボーンチャイナなどがあります。

 

次に陶器ですが、陶器は陶土(とうど)・長石(ちょうせき)・珪石(けいせき)

からできています。

 

磁器との違いは、陶土という粘土で作られているという点です。

 

焼成温度800℃~1200℃で、磁器よりもやや低温になります。

 

特徴としては粘土で作られている分磁器と比べるとやや水に対して吸水性がある事と、

光を遮断する(光を透過させない)という事です。

 

また、陶器を叩くとゴンという低くてにごった音がします。

さらに、陶器はでこぼこしていたりひとつひとつ大きさが違っていたりして

手作りの温かみのあるものが多いです。

 

陶器の有名な焼き物は瀬戸焼や美濃焼、萩焼などがあります。

 

〇〇焼と聞くと真っ先に「陶器」というイメージがありますが、

実際は陶器ではなく磁器の場合があるんですね。



スポンサーリンク




磁器と陶器の見分け方は?

「磁器と陶器の違いは分かったけど、

結局どっちも似たようなものだから見分けなくていいじゃん」

と思う方もいるかもしれません。

 

ですが、磁器と陶器は作られた素材もできあがった質感も違うので

例えば重ねて食棚に入れてしまうとお互いに傷つけあって壊れやすくなってしまいます。

 

できれば磁器は磁器同士、陶器は陶器同士で片づけるのが利用的です。

 

食器を長く使う為にも、

一応家の食器が磁器なのか陶器なのか見分け方をして知っておいた方が何かと便利ですよ。

 

では、磁器と陶器の見分け方を見ていきましょう。

 

はっきりした見分け方としては、

〇〇焼というのが分かればすぐに磁器か陶器か分かります。

 

ですが、家にあるものが何焼きなのか分からないという事もありますよね。

 

その時は、まず色で判断する見分け方があります。

磁器は「白」がほとんどです。

 

洋食のチェーン店などでよく見かけるような「真っ白」な器であれば、

磁器と見て間違いないでしょう。

 

ボーンチャイナ(磁器)

 

こちらは磁器としてよく使われているボーンチャイナというブランドです。

 

「説明を読んだけど、磁器と陶器の違いがいまいち分からない…」という方も

これを見ると、「ああ、これか!」と納得すると思います。

 

瀬戸焼(陶器)

 

こちらが陶器ですが、これを見ると分かる通り

陶器は、真っ白で均一・無機質感のある磁器と比べて

なんとなく手作りの温かみがありますよね。

 

手の込んだ和食の盛り付けに使われるようなイメージです。

 

色も磁器と比べると使う場面は限られますが多彩でステキですね。

 

このように磁器と陶器は色の違いですぐ分かりますが、

実はまれに「白い陶器」と言うのも存在します。

 

「色は白いんだけど、でこぼこしていてなんとなく陶器っぽい…」

という時は質感で判断する見分け方もあります。

 

磁器の表面はどこも同じようにツルツルとしていています。

一方陶器の表面はザラザラしています。

 

もし色が白でも触った感じがザラザラしていたらそれは陶器です。



スポンサーリンク




関連記事:表千家と裏千家の違いは?道具や泡・作法について詳しく解説!

磁器や陶器は電子レンジやオーブンで使える?

磁器と陶器は別物だという事が分かったかと思います。

 

ですが、普通に使う分には見た目で選ぶだけですから

磁器だろうと陶器だろうとあまり関係ないですよね。

 

磁器や陶器を使う上で気になるのは、

電子レンジやオーブンにかける時ではないでしょうか。

 

食材を器の中に入れて器ごと電子レンジやオーブンにかける事がありますが、

電子レンジやオーブンは入れる器によっては溶かしたり爆発させたりする事があります。

 

磁器と陶器は作られている素材が違いますから

電子レンジはOKだけどオーブンはダメ、という事もありそうですよね。

 

それにせっかくステキな器を調理中に破壊してしまってはもったいないです。

 

磁器・陶器と電子レンジ・オーブンの相性はどうなっているのでしょうか。

それぞれ見ていきましょう。

 

まず磁器ですが、磁器は熱に強いので電子レンジ・オーブンどちらもOKです。

 

ただし、その場合取り扱いには注意が必要です。

例えば磁器を電子レンジやオーブンにかけた後、

 

・後で器を洗いやすいように器を使い終わったら熱々のまますぐに水桶に入れておく。

・熱い器は危険だからとりあえずすぐに水をかぶせて冷ます。

という方がいるかもしれません。

 

ですが、それは磁器にとってはよくありません。

その理由は、磁器は熱に強いと言っても「急激な温度差には弱いから」です。

 

電子レンジやオーブンの高熱には耐えられても、

それからすぐに冷たい水をかぶってしまうとその温度差で磁器にダメージが行き、

ヒビが入って割れてしまう事があります。

 

磁器を電子レンジやオーブンで使いたい時は、急激に冷やさないように

自然に冷めるのを待ちましょう。

 

また、磁器は電子レンジ・オーブンが大丈夫と言っても、

通常で体験しないような高温に当てればそれなりに傷んできます。

 

大切な磁器や高価な磁器であれば、

電子レンジやオーブンの使用は避けた方がいいでしょう。

 

次に陶器です。

陶器は、耐熱(電子レンジOK)と表記がされてれば電子レンジ・オーブンでも大丈夫です。

 

また、その場合の陶器は直接的な熱には強いのですが

磁器と同じように「急激な温度差」に弱いので、

使い終わったからと言って高熱の陶器をすぐに水に浸けるという事はやめておきましょう。

 

もしそのような「耐熱」の表記がない場合や分からない陶器場合は、

陶器が破損する可能性があるので使わない方がいいです。

 

特に絵の描いてある陶器を電子レンジ・オーブンにかけるのは危険です。

 

絵に金や銀を使っている場合は電子レンジのマイクロ波に反応して

火花を出す事がありますし、金や銀でなくてもただの色が反応する事もあります。

 

陶器を電子レンジやオーブンにかける場合は、

「耐熱」の表記があるものだけにしておきましょう。



スポンサーリンク




関連記事:サーキュレーターは効果なし?効果的な設置場所について詳しく解説!

まとめ

予備知識なく磁器や陶器を扱っているとこの2つはどちらも同じようなものに感じますが

一旦見分けがつくと全く別物だという事が分かります。

 

どちらにも良さがありますので、場面に応じて使い分けるといいですね。

また電子レンジやオーブンは高熱になりますので磁器も陶器も扱い方には注意が必要です。

 

爆発など起こさぬよう気をつけて使ってくださいね。



スポンサーリンク