みなさん、月暈(げつうん・つきがさ)は

ご存知でしょうか?

 

月暈とは、月にうっすらと雲がかかり

月の周りにリング状の光の輪が出来る

幻想的な現象のことを言います。

 

「月暈を見ると、幸運が訪れる」

というスピリチュアル的な言い伝えがあったり

はたまた「地震の予兆」など言われることもあります。

 

美しくて神秘的、しかも

「何かが起こる」と言われる月暈について調べてみました!


スポンサーリンク


月暈はどうして現れる?

 

この投稿をInstagramで見る

 

@tds_tがシェアした投稿


そもそも月暈とは、

どうして現れるのでしょうか?

 

月暈は、月に薄い雲がかかったとき

雲の中に含まれる小さな氷の粒が

プリズムに似た働きをすることで

月の光が当たって屈折し、発生する現象です。

 

これは雲の中に含まれる氷の粒の状況などによって

月暈が出来るかどうかが変わってきます。

 

暈を発生は雲の種類にもより、

巻層雲や巻積雲、巻雲などがの雲が

月にかかった場合月暈は発生しやすいそうです。

 

巻層雲、巻積雲、巻雲の氷晶は

六角柱状の形をしている場合が多く、

角面は60度か90度、または120度の角なので

光が反射して月暈などの現象が起こります。

 

月暈と同じような現象で

日暈(にちうん・ひがさ)という

太陽に雲がかかった時に起こる現象もあります。

 

日暈は、虹色現象やハロ現象とも呼ばれ

状況によっては、太陽の周りに

丸く虹が現れることもあります。

 

また、虹は普段7色ですが

白一色で出来たもののことを

白虹(はっこう・しろにじ)といいます。

 

こちらも月暈、日暈と似たような現象で、

霧状の水滴に日の光が反射すると

白っぽくあいまいな色の虹が出来たものを

白虹と呼びます。

 

 

こちらの「空のアート 大気光学現象の神秘」では

月暈・日暈・白虹などを

写真で見ることが出来ます!

 

意識して空を見ていないと

なかなか見ることが出来ない現象だったりもするので

もし、写真で見てみたいという方は

是非、一読してみてはいかがでしょうか?

 

月暈・日暈・白虹は

とても幻想的で、美しい現象なので

月暈や日暈が現れると

スピリチュアル的な意味があったり

なにかの前兆ではないかとも言われています。


スポンサーリンク



関連記事:風水で寝室のベッドの位置や向きはどうすればいい?ベッドカバーの色は?

月暈のスピリチュアルな言い伝えにはどんなものがある?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kenさん(@01ktk15)がシェアした投稿


月暈にまつわるスピリチュアル的な意味や言い伝えでは

一体どんなものがあるのでしょうか?

 

調べてみるといくつかあったので

解説していきます!

 

月暈は幸運が訪れるサイン

「月暈を見ると、幸運が訪れる」

というのは、割とメジャーな言い伝えです!

 

月暈が出ていると

神様に見守られている証拠だと

言われていたり

国によっても言い伝えが違うようです。

 

ハワイのマウイ島では月の周りに虹が出ると

ご先祖様が虹を渡って

幸せを運んできてくれるという言い伝えもあるそうですよ。

 

ネットで調べていると実際に良いことが

起こったという方もたくさんいました。

 

もちろん、スピリチュアル的な意味で

幸運が訪れると言われていますが

月暈のような、幻想的で美しい自然現象を見た後は

なんだか気分が前向きになるような

気がしませんか?

 

実際に、月暈を見ることには

リラックス効果もあるそうです。

 

筆者も四葉のクローバーを見つけたり

大きな虹を見つけると

「なんだかいいことがありそう!」と

思うことがありました。

 

何か落ち込んでいたり

後ろ向きな気持ちになっているとき

月暈を見ることで気持ちが前向きになり

物事がうまくいったというのが

もしかすると、月暈の

スピリチュアルな言い伝えが出来た

原因かもしれません。

 

ちなみに月暈と同じように

日暈や白虹も幸運が訪れるという

言い伝えがあります。


スポンサーリンク



 

月暈は兵乱の兆し

「月暈を見ると、幸運が訪れる」

とは全く違った言い伝えで

中国では古くから

『白虹が太陽を貫くことは、 兵乱の兆し』と

言われてきました。

 

兵乱とは、戦争で世の中が乱れることで

月暈の出現は不吉なことが起こる

予兆だったのです。

 

確かに白虹や月暈は

うっすら月に雲がかかっている状態で

見ようによっては

不気味さを感じさせるのかもしれません。

 

例えば、月にまつわる不吉な言い伝えだと

月食は災害や疫病の前触れだとか、

満月は人の心に影響を与えやすいなど

月は恐れるべき対象だとする例もあります。

 

昔は占いや自然現象が

政治経済を左右していたくらいですし

月暈を見て、いつもと違う様子の月に

怯えていたのかもしれませんね。

 

月暈が出ると天気は下り坂

こちらはスピリチュアル的な言い伝えとは異なりますが

月暈が出ると、雨が降ると言われています。

 

月暈は月にうっすらと雲がかかっている状態なので

その雲が雨雲に変われば

確かに雨が降りやすいのかもしれません。

 

ただこれも、必ずというわけではないので

気になった方は天気予報を確認してみましょう!


スポンサーリンク



関連記事:財布の使い始めに良い日2019!風水でベストなのはこの日!

月暈は地震の予兆って本当?

 

この投稿をInstagramで見る

 

miyuさん(@miyumiyu778)がシェアした投稿


月暈について調べていると

「月暈が出ると、地震が起きる」

という噂もありました。

 

これは怖い噂ですね・・・。

 

でもこれって、ただの噂でしょ?と

侮っていた筆者ですが

そうとも言い切れなさそうです。

 

実際に、月暈や日暈が出た後に

地震がきたことがあるのか調べてみました。

 

2013年5月18日

北海道札幌市内で日暈の目撃情報がありました。

 

その日の午後、福島県沖で

マグニチュード5.9、震度5強の

地震が発生したそうです。

 

また、2016年9月24日

同じく北海道の七飯町で白虹が撮影されました。

 

これは珍しいと、ウェザーニューズ等で

取り上げられたのですが

この2日後の2016年9月26日

北海道南部・浦河沖で

マグニチュード5.5の地震が発生しました。

 

函館市では最大震度4にもなり

白虹がさらに注目されるという出来事がありました。

 

更には2018年6月30日

東京都内で日暈が観測されました。

 

そして7月7日、千葉県東方沖で

マグニチュード6、震度5弱の地震が

発生しました。

 

他にも2016年8月22日

アメリカミズーリ州ニューヘブンで

白虹が観測されたのち

マグニチュード2.5、マグニチュード3.4の

地震が発生したそうです。

 

このほかにも

いくつかの地震と月暈・日暈に関する

関連情報がネットには上がっており、

全て「嘘だ」とも言い切れないと感じました。


スポンサーリンク



 

明治時代、椋平広吉 (むくひらひろきち)という

地震の研究家が

特殊な虹が出た後は地震が来ると

仮説を立てていました。

 

それから一部の特殊な虹のことを

椋平虹と呼んでいるそうです。

 

椋平虹の発生と、地震が起きる確率を

調べてみたところ、

的中率は86%にもなったそうです。

 

残念ながらこれは後々

嘘だったことが明らかになりますが、

なんと2011年3月11日に発生した

東日本大震災の直前に

白虹と椋平虹が目撃されているのです!

 

地震と月暈・日暈・白虹についての

因果関係は現在科学的には解明されていません。

 

しかし、地震が起こるとき

地層がずれたり、岩石が圧縮・破断する影響で

電磁波が発生すると言われています。

 

地震雲と呼ばれる特殊な形をした雲も

この電磁波による影響が大きいのではないかと

考える人もいるようです。

 

電磁波が自然に及ぼす影響については

解明されていないことが多いですが、

このような様々な事例を見ていくと

地震と月暈などは

関係していないとも言い切れません。

 

とはいえ、気にしすぎは禁物です。

 

月暈や日暈、白虹を目撃したら

地震に備えて避難準備を・・・とも思いますが

いつ何が起こるかは誰にもわからないので

日ごろから地震の備えはしっかりしておくことが

最も大切だと言えるでしょう。


スポンサーリンク



関連記事:西枕は老ける?風水での効果や対策を徹底解説!

まとめ

月暈の様々な噂について調べてみましたが、

基本的には信ぴょう性はなくあくまで噂です。

 

しかし、「幸福の兆し」など

ポジティブな噂は積極的に信じていきたいですね!

 

みなさんも、月が綺麗な夜は

是非夜空を見上げて

リラックスしてみてはいかがですか?


スポンサーリンク