「相手に花束を渡したいけど、

どうしても時間が取れなくて前日に花束を買う事になってしまった」

という事は意外によくありますよね。

 

では花束を前日に購入した場合、

翌日まで元気でいてくれるにはどういう保存をしておけばいいのでしょうか。

 

ここでは、前日の購入した花束を翌日まで元気よく持ち越せる、

またもらった花束をできるだけ日持ちさせるおすすめの保存方法を紹介します。



スポンサーリンク





前日に購入した花束の保存方法は?

どうしても時間の都合がつかず、相手に渡す花束を前日に購入する事もありますよね。

ただ、せっかく花束が手に入っても、当日シオシオになってしまっては意味がありません。

 

では、前日に購入した花束が

翌日も元気でいてくれるにはどんな保存方法をすればいいのでしょうか。

 

ここではそんな前日に購入した花束のおすすめの保存方法をいくつか紹介します。

 

1.お店の人に「明日渡す花束です」と伝える。

まず大事なのは、花束を購入するお店の人に「明日渡す花束です」と伝える事です。

 

花屋で働いている人はお花のエキスパートですから、そう伝えれば

「今満開の花」ではなく「明日咲きそうな花」を選んでくれます。

 

また、たくさんの花の中でも「強くて長持ちしやすい花」、

またその花の適切な保存方法なんかも教えてくれたりもしますよ。

 

お店の人に相談するといい事がたくさんありますので、

花束を前日に購入するなら、まずそれを店員さんに伝える事から始めてください。

 

2.立てて保存する。

花というのは基本「直立」しています。

ですから、立っている状態が一番花にとって楽な姿勢なんです。

 

前日に購入した花束を翌日まで元気でいさせたいなら、

花束ごと立たせておくようにしましょう。

 

3.根元を水に浸けておく。

花束の状態の花はまだ生きています。

ですから根元を水に浸けておけば花は自分で水を吸って元気な状態を保とうとします。

 

家にあるバケツにパッケージが濡れない程度に水を張ってそこに花束を入れれば、

花束は直立しますし水も吸えるので一石二鳥ですね。



スポンサーリンク



関連記事:風水での玄関の花や花瓶の色は何色がいい?花の絵はどうなの?

 

4.花束の周りを新聞紙などで包んで保湿する。

花束の中でも「花びら」というのは一番大事な部分ですよね。

ただ、この花びらは乾燥や衝撃(風など)に弱く、周りが乾燥していたり

人が通った風などで簡単に枯れたり取れたりしてしまいます。

 

それを守る為に、花束を新聞紙などで包んでおきましょう。

そうすれば乾燥や衝撃から守る事ができます。

 

5.涼しい場所で保存する。

花は基本的に、温かいと花を開かせますし傷みも早くなります。

ですから前日に購入した花束は家の中でも涼しい場所に保存しておきましょう。

 

ちなみに、花屋さんでは傷みやすい切り花は冷蔵庫に入れて保存されています。

その冷蔵庫の温度は5~8度だそうです。

 

家の中でそこまで寒い所は中々ありませんが、それくらい寒くても大丈夫という事です。

 

このような保存方法を使えば、前日に購入した花束でも

まるで当日購入した時のように元気な花束でいてくれますよ。

 

ただ、花束をラッピングした状態のままだと

購入した時にような元気な状態で保てるのは「前日に購入する」までが限界です。

 

前々日となるとラッピングした状態のままではどうしてもしおれてきてしまいますので

花束は当日、もしくは前日に用意するようにしましょう。



スポンサーリンク



続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2