夏が終わる頃になってくると、秋服の準備にワクワクしませんか?

その中でも、秋はブーツを履きはじめる季節なので足元のオシャレにも

幅が広がり、コーデ全体にもバリエーションが出ますよね!

 

ですが、9月にブーツってまだ早いのかな?と疑問に思うことはありませんか?

9月というと、人によってはまだ夏という感覚があるかもしれません。

 

そこで今日はブーツはいつから履くものなのか、そしておすすめのブーツや

コーデをご紹介してみたいと思います!

毎年ブーツでお悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね!



スポンサーリンク





9月にブーツはまだ早い?秋はいつから履いてもいいの?

夏も中盤を過ぎると、秋の新作がどんどん店頭にならびます。

秋のオシャレに向けて、ブーツを新しく購入すると

どうしても、早く履いてみたい!!という気持ちになりますよね。

でも9月はさすがにまだ早いかな?と思ったり。

 

ブーツと一口に言っても、いろいろなタイプのブーツがあります。

そして秋と言っても、初秋と晩秋では気温が全然違いますよね!

そこで、ブーツごとの目安の時期をご紹介してみます。

 

  • ブーサン:9月初旬から
  • ブーティ:9月中旬から
  • ショートブーツ:9月下旬~10月上旬から
  • ロングブーツ:10月中旬から
  • ムートンブーツ:12月以降

 

こちらの目安は気温に基づいたものとなっています。

9月中旬まではまだまだ25℃を越える日も多く、サンダルでもいいくらいの気候。

そのため、気分的にもブーツを履こうとは思えないかもしれませんね。

しかし、ファッションに敏感な方は9月を過ぎても

真夏に履いていたサンダルを履くことにも抵抗があるかもしれません。

 

そこで重宝するのは、ブーサンですね!

つま先やかかとに露出があるので、そこまで重苦しくありません。

しかしながら適度にボリュームと季節感が出せるので、

夏から秋への移行の時期にはひとつ持っておくとコーデのアクセントになってくれます。

 

ブーサンに今までトライしたことがないという方には

こういった露出が控えめなタイプがおすすめです。

パンツスタイルにも、スカートスタイルにも合わせやすいので

普段のコーデから大きく変えなくてもOK。

 

カーキ色ならカジュアルにもキレイめにも使えますし、

なによりも秋っぽさが出るので、9月からのコーデにはもってこいです。

 

9月中旬を過ぎてくると、日中の暑さもかなり和らぎ、朝晩は少し冷えますね。

やっとその頃から、露出のないブーツの出番がやってきます。

それでも、やはり昼間は暑いので体感的にはショートブーツもツライことも。

基本的にはお天気や気温で決めることになりますが、

夕方以降から外出する場合にはブーツを履きやすくなるでしょう!

 

こういったショートブーツなら秋から冬まで長く活躍してくれます!

編み上げタイプだと暑苦しさが出てしまいますが、サイドゴアタイプなら

スッキリとした印象になり、足元もほっそり見えます。

 

太ヒールなので、たくさん歩く日にも安心!

デニムスタイルにも合うので、カジュアルに履きこなしたい

ときにもおすすめですよ。

 

そしていよいよ、ブーツの本命とも言えるロングブーツが履けるのは

10月の中旬以降です。

 

この頃になると、寒い日には10度を下回ることもあります。

さすがに、このくらいの気温になるとロングブーツでも暑くはないでしょう。

それでも稀に急激に気温が上がって、夏日のような日も出てくるので

やはり天気予報はしっかりチェックしてくださいね!

 

ロングブーツの中でも注目は、ニーハイブーツ。

とにかく足が細く長く見えるのが特徴です!

しかも筒は自分で長さを調整できるので、ボトムスに合わせて

好きな長さのコーデが楽しめます。

 

足首にぴったりフィットするタイプと、ゆとりのあるタイプが選べるので

体系や普段の服装の雰囲気と相談して決めましょう!

 

ちなみにこの気温は東京の平均気温を参考にしていますので、

お住まいの地域によっては、目安が全体的に前倒しになったり後倒しになるので

その地域の平均気温と照らし合わせてみてくださいね。

関連記事:半袖はいつまで着る?ワイシャツの場合は?東京や沖縄では?



スポンサーリンク




9月でもOK!ブーツのおすすめコーデをご紹介!

ここでは、なかなか難しい9月のブーツコーデを

いくつかご紹介してみたいと思います!

 

まずは、ブーサンから。

最近では様々なタイプのブーサンがあり、カラーも多種多様ですね。

しかしあまり濃い色を選んでしまうと、

服とちぐはぐになってしまうことがあるので注意です。

 

9月の初旬はまだ気温が高いこともあり、

あまりに秋っぽい服装や色味の服にしてしまうと浮いてしまうことも。

この時期にはまだ明るめの色でまとめたほうが、気温や雰囲気と馴染みやすいですよ。

たとえば、こんな感じ。

 

引用元:https://blog.at-scelta.com

 

トップスとパンツは白をベースに明るい色を使っていますが、

バッグとブーサンをグレーにすることで夏っぽくならないようにしていますね。

ですが、このグレーも濃すぎると服装とミスマッチになってしまうので

適度に明るめなグレーをチョイスするのがポイント。

 

ブーサンやバッグをネイビーにすると、マリンスタイルになってしまうので

かえって夏っぽさが強調されてしまうので初秋には注意ですね!

 

引用元:https://blog.at-scelta.com

そして少し秋っぽい気候かなと感じる日や、気温が低めの日には

こんなコーデはいかがでしょうか?

ポイントはブーサンに靴下を合わせること!

そしてスカートやトップスは濃い目の色で秋感を出してみましょう。

靴下の色は、ブーサンやスカートなどとあった色であればOKですよ。

 

ただ、バッグやアクセサリーなどの小物まで濃い色にしてしまうと

全体的に重くなりすぎてしまうので、ペールカラーを持ってくると

バランスがとれてGOODですよ!



スポンサーリンク




関連記事:秋にサンダルはいつまで履ける?9月・10月でも大丈夫?

つづいてはブーティ。

ブーティは季節的には若干ブーサンより出番は遅めになりますが、

合わせかたによっていろいろ楽しめるブーツです。

 

引用元:https://img.folk-media.com

 

例えばこんな感じで素足に合わせれば、少し暖かい日でも違和感なく履けます!

そして気温が低いかな?という日には、タイツを合わせれば

一気に秋っぽさを演出することができるので、どんな日でも対応可能!

パンツやロングスカートと合わせれば、冬まで使える便利なアイテムですよ。

 

そしてブーティはやっぱり細身のデニムと相性抜群!

濃い目のブルーデニムと合わせれば、足長効果も狙えます。

デニムがライトブルーだったり、あまりにもダメージが入っていたりすると

ブーティの季節感と合いずらいので、キレイめなジーンズを選びましょう。

 

引用元:http://cdn.wimg.jp

そしてトップスはあまりボリュームがないものだとブーティの雰囲気とは

ちぐはぐになってしまうので、ざっくりしたニットや、

赤系の色が入ったネルシャツなどの秋らしいものを持ってきましょう。

 

トップスを明るめの色や薄い色にしている場合には、

バッグは黒などの辛めの色で引き締めるのがポイント。

レザーなどでちょっと高級感を出すと大人女子にはちょうどいい

カジュアルスタイルになるでしょう!



スポンサーリンク




関連記事:秋財布2018の購入時期!購入日のおすすめはこの日!

まとめ

いかがでしたか?

9月にはまだ早いかも?と思っているブーツでも、

ブーツの種類やコーデによっては全く違和感なく履くことができますね。

そればかりでなく、季節の先取り感も出るので

こなれた印象も出て、オシャレ上級者に見えるかも!

 

9月はいきなり真夏に逆戻りしたような難しい気候の日もよくあるので、

天気予報と気温はしっかりチェックしておくのもコーデを決める要素ですね。

ぜひいろいろなコーデを楽しんでみてくださいね!