値段もお手頃で本皮よりも使いやすいので、合皮のバッグや靴などを

あえて選ぶという方も多いのではないでしょうか?

風合いなども本皮とパッと見ただけでは、見分けがつかないほど本格的なので

少しフォーマルな場面でも使いやすいアイテムですよね。

 

しかし、合皮のデメリットといえば、何と言っても独特の臭い!

せっかく買ったものの、これが嫌でなかなか使う気になれないという経験はありませんか?

 

今日は合皮の臭い取りに関して解説してみます!

日用品で臭いを取ることが可能なので、ぜひ試してみてください。

また、合皮製品を長持ちさせる方法もご紹介していますので、読んでみてくださいね。



スポンサーリンク





合皮の臭い取りに効果があるのは?酢やドライヤー、重曹が使える?

合皮は、化学物質で作られているため、どうしても独特の臭いがあります。

ビニールっぽい臭いや、ボンドのようなかすかなシンナーのような臭いを

感じたことはありませんか?

これが合皮の臭いですね。

 

しかも合皮製品は製造の過程で色面の素材が伸びないように、

ボンドで裏地を圧着していることが多いので、その臭いが気になることも多いようです。

もしくは、販売店の保管方法によって、臭いがこもってしまっていることも・・・

こういった臭いを取るための方法がいくつかあるので、まず簡単なものをご紹介します!

 

臭い取りにはドライヤーを使うのが簡単!

まず、一番即効性があり簡単に実践できるのは、ドライヤーを使うこと!

合皮製品から10センチほど離れたところから温風をまんべんなく当てていきましょう。

こうすることによって、臭いのもとである化学物質を高速で揮発させることができます。

 

ただし、あまり長時間当てたり、近い距離で温風を当ててしまうと

製品にダメージを与えてしまう可能性があるので、様子を見ながらやっていきましょう。

購入したばかりの合皮製品の臭いが気になる場合には、さっそく試してみる価値ありです!

 

酢と重曹はどうやって使えばいいの?

それでは次に、ドライヤーで臭いが取れなかった場合や、

熱を与えるのに抵抗があるという方は、酢や重曹を使ってみましょう!

 

まず酢を使う方法からご紹介していきます。

酢を水で5倍に薄め、タオルに含ませます。

そのタオルを固く絞ってから、臭いが気になる合皮製品を拭いていきましょう。

 

しかし、最初は目立たない部分で試してみることが肝心です!

変色などの原因になる可能性があるので、いきなる目立つ部分を拭くのは要注意です。

少し時間を置いて、拭いた部分の様子を見てみましょう。

問題なさそうであれば、全体を拭いてOKです!

 

そして次は重曹を使う方法。

重曹といえば、汚れ落としに使うイメージがあるかもしれませんが

消臭効果もあるアイテムなので、非常に便利ですよ!

 

使い方は、とてもシンプル。

ゴミ袋などの大きな袋に、臭いを取りたい合皮製品と適量の重曹を入れます。

あとは、袋の口をしっかり閉じて、シャカシャカと振ります!

重曹が製品すべてに行き届いたと思ったらOK。

袋から取り出して、乾いた布やタオルなどで重曹を落としましょう。

 

ナチュラルクリーニングの代表として注目されている重曹。

肌に触れるものなら、なおさら優しい素材を使いたいですよね。

しかし重曹は5キロなどの大きな単位で売られていることもあるので

ちょっと買うのに抵抗があることも。

 

こちらは1キロ単位なので、リーズナブルで保管もしやすいので

まずは試してみたいという方にはイチオシです!

 

この方法は、あまり大きな鞄などに使うには少し大変ですが、

変色などの恐れもありませんし、

とても効果的なクリーニング方法なのでぜひお試しください!



スポンサーリンク



続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2