さつまいもは栄養が豊富ですし、便秘にも効果があります。

ですからなんとなく、「食べれば食べる程健康になれる」と思ってしまいますよね。

 

そうしてついついさつまいもを食べ過ぎてしまう事もありますが、

実はさつまいもを食べ過ぎてしまうと

腹痛や胃痛を引き起こしたり逆に便秘になってしまったりする事もあるんです。

 

ここではそんな、さつまいもを食べ過ぎるとどうなるのかを紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク


さつまいもの食べ過ぎは良くない?

「過ぎたるはなお及ばざるが如し」ということわざがあります。

これは、「度が過ぎると足りないのと同じくらい良くない」という意味です。

つまり、何事もやり過ぎは良くないという事ですね。

 

健康食品と呼ばれているさつまいもですが、これはさつまいもにも当てはまります。

というか、食べ物全般に言えますよね。

どんなに「健康に良い」とされる食品でも、食べ過ぎれば悪影響を及ぼします。

 

人の体に必要不可欠で、飲料としてはカロリーもなく一番最適な水でさえ、

飲み過ぎれば水中毒という病気を引き起こします。

 

水でさえそうなんですから、さつまいもの食べ過ぎは良くないのは当然ですよね。

 

では次からは、

さつまいもを食べ過ぎるとどんな悪影響が起こるのか具体的に見ていきましょう。


スポンサーリンク



さつまいもを食べ過ぎると便秘になる

まず、さつまいもを食べ過ぎると便秘になる事があります。

こう書くと、「あれ?」と思いますよね。

 

さつまいもは「便秘に良い」食品としてよく紹介される食べ物です。

そんなさつまいもがどうして便秘を引き起こすのでしょうか。

 

さつまいもが便秘に良いとされるのは、食物繊維が含まれているからです。

 

ただ、食物繊維には水溶性と不溶性のものがあります。

さつまいもには両方の食物繊維が含まれていますが、その多くが不溶性のものです。

 

どちらの食物繊維も便秘に効果がありますが、その効果が出る方法は全く逆です。

 

水溶性食物繊維は水に溶ける食物繊維で、

お腹の中で水に溶けて便を柔らかくして便を出しやすくしてくれます。

 

普段カチコチの便ばかり出てしまう人に「野菜を食べなさい」と言うのは、

野菜には水に溶ける水溶性の食物繊維が多いからなんです。

 

一方不溶性食物繊維は、逆に水を吸い込んで大きく膨らみます。

そして便をある程度の大きさに成長させて、便を出しやすくしてくれます。

 

いつも小さいコロコロの便しか出ない人は、

さつまいもを食べるとしっかりした形の便が出やすくなります。

 

そこでさつまいもですが、

さきほども書いたようにさつまいもに含まれている食物繊維の多くは不溶性のものです。

 

適量であれば、さつまいもは便を大きくして出しやすくしてくれます。

ですが、さつまいもの食物繊維は腸の中の水分を大量に吸収します。

 

もしさつまいもを食べ過ぎた時にお腹の中に水分が足りなければ、

便の中の柔らかさを保つ水分が全てさつまいもの食物繊維に吸収されてしまい、

カチカチの便になってしまいます。

 

便は柔らか過ぎると困りますが、固過ぎてもダメですよね。

便が固くなりすぎると腸の中や直腸でつっかえてしまい、逆に排泄しにくくなります。

 

これが、さつまいもを食べ過ぎた事によって起こる便秘の原因です。

 

「さつまいもを食べ過ぎた時は水分を意識して多く取らなければいけない」

と分かっているならいいですが、

それを知らずにただ「さつまいもを食べると便秘が治るんだって!」

と言ってバクバク食べると大変な事になります。


スポンサーリンク



続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2