いつでも温かいご飯と汁物が味わえる保温弁当箱は、

電子レンジが職場にない方や、学生の方を中心に人気を集めています。

 

温かいご飯が食べられるのはうれしいですが、

心配なのが夏の食中毒です。

それに夏も保温弁当箱をそのまま使うべきなのか、

それとも別の使い方があるのか気になりますよね。

 

そこで今回は、保温弁当の基本的な使い方や、詰める時に注意したいこと、

夏ならではの便利な使い方について、詳しくご紹介します。



スポンサーリンク





保温弁当箱ってどんなもの?

保温弁当箱とは、保温機能がついた弁当箱のことをいい、

いくつかの種類があります。

 

ここで覚えておいていただきたいのは、「おかずは温めることはできない」

ということです。

それはおかずを保温すると、おかずの種類によっては細菌が増殖して

食中毒になってしまう可能性が高いためです。

 

ただし保温弁当箱でも普通の弁当箱でも、

入れるおかずやご飯の入れ方、また入れた時の環境など様々な要因で

食中毒が起きる可能性はゼロではありませんので注意が必要です。

 

保温弁当箱は、温める構造やその機能によって大きく3つのタイプがあります。

 

ご飯が保温できるタイプのもの

 

価格も比較的安価で、大きさ的にもコンパクトなものが多いのがこちらのタイプです。

ご飯を入れる容器が魔法瓶構造になっており、保温ができるようになっています。

一緒におかずのケースがセットになっており、こちらは通常のお弁当箱と同じく、

おかずを冷まして入れます。

 

三段セットのランチジャー

ご飯だけでなく、汁物も温かいまま保温ができるタイプです。

ジャー自体が魔法瓶の構造になっており、1番下に汁物、2番目にご飯、

3番目におかずを入れます。

 

1番下の汁物の温かさが、ご飯の入っている器に伝わることで、

2つともが温かさをキープすることができます。

 

お弁当箱全体が魔法瓶の構造であるため、大きい、重いといったものが一般的でしたが、

最近では女性も持ち運べるようなコンパクトサイズのものも多く出ています。

 

スープジャー

保温弁当箱として最新技術が採用されているのが、スープジャーです。

真空断熱層の魔法瓶構造となっていて、高い保温力を誇ります。

 

それだけでなく、材料をあらかじめ入れておくと、保温の力で調理もできます。

もちろんあらかじめ野菜などはカットして下ゆでするといった準備は必要ですが、

スープだけでなく、リゾットや麺類なども作ることができます。

 

保温弁当箱の種類は、メーカーによっても混在しているため、

実際に保温弁当箱を購入する場合には、どれぐらい保温ができるか、

また保温だけの機能なのか、簡単な調理ができるものなのか、

購入前に確認することが必要です。



スポンサーリンク



続きは次のページ

PAGE 1 PAGE 2