赤ちゃんの誕生というのは、どこのご家庭にとっても喜ばしいことに

間違いはありませんが、それに関連して知っておかなければならない行事やマナー、

日本古来の考え方などもあり、生まれた後はなにかとバタバタしがち。

 

しかし予め知識を持っておけば、そんなに焦る必要はありませんね。

そこで今回は、赤ちゃんが生まれて初めての行事となるお宮参りについて

まとめてみました。

とくに気になるのは、日取り、なかでも六曜は気にした方がいいのか?

ということではないでしょうか。

 

六曜をはじめ、お宮参りについての注意点や一般的なマナーも解説していますので、

これから予定があるという方は、ぜひご参考にどうぞ!


スポンサーリンク


お宮参りは大安にすべき?友引や先勝・先負でも大丈夫?

最近は六曜の考え方を気にすることは少なくなってきてはいるようですが、

それでも必ず耳にしたことがあると言ってもいいほど浸透している大安。

大安というのは、「何をしてもうまくいく」とされている日で

六曜の中で、最も良い日とされています。

そのため、やはり大安の日を選んでお宮参りをする人が多いのが現状です。

 

しかしながら、お宮参りに赤ちゃんの祖父母も参加したいという

お家も多いでしょうから、必ずしも大安の日に全員の予定をあわせることが

難しい場合もありえますよね!

そんな時には、大安だけにこだわる必要はないとされています。

 

もうひとつよく知られているのは、友引。

凶事に友を引くという意味があるため、お祝い事を行うには良い日取りです。

友引にはお葬式をしてはいけないという意味のほうがよく知られているかもしれませんね。

 

友引の日は、午前中が吉で夕方は大吉とされており、

逆にお昼は凶とされているので、お昼だけ避ければOKということになります。

夕方にお宮参りというのは神社の時間の都合で難しいこともあるでしょうから、

午前中に行うのが無難ではないでしょうか。

 

そして、次に先勝の日はどうでしょうか?

この日はもともと、勝負事をするときは強気に出ても勝てるという日、

急げば急ぐほど良いという意味でもあります。

そのため午前中は吉とされているので、お宮参りにも向いている日。

 

赤ちゃんも午前中のほうが機嫌がいいことが多いので、そういった意味でも

先勝の午前中に済ませてしまうのがいいかもしれませんね!


スポンサーリンク



では先負についてもご紹介しておきましょう。

先負は先勝と反対になるので、午前中は凶、午後は吉となります。

そのため先負の日にお宮参りをすることになったら、

午後の早い時間など、赤ちゃんのご機嫌を考慮して出かければよさそうですね!

 

赤ちゃんとのお出かけに欠かせないのは、マザーズバッグですよね。

そしてマザーズバッグの機能として最重要なのは、軽さではないでしょうか。

こちらのマザーズバッグは、非常に軽い上にポケットが16個もついていて

機能性がバツグンです!

 

しかもオムツ替えシートにもなるマルチマットもついているので

オムツを替える場所に困るような出先でも安心ですね。



続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2