「春爛漫の候」という言葉を聞いたことはありますか?

「春」とあるので、春の言葉なのでしょうが…

「春爛漫」はどんなイメージでしょうか?

 

今回は、「春爛漫の候」の読み方や意味、

時期や使い方をご紹介します。

 

更に、「春爛漫の候」を使った文例も載せますので、

この記事を読んで意味を知るだけでなく、

実際に使えるようになりましょう!



スポンサーリンク





春爛漫の候の意味や使う時期は?

春爛漫の候の意味

まず、「春爛漫の候」は「はるらんまんのこう」と読みます。

「爛漫」の辺りの漢字が難しいですが、

そのままの読みなのであまり難しくないですね。

 

「候」は「そうろう」と読む人が時々いますが、

古い読み方なので間違いではないとはいえ

正解とは言い難いです。

正しく「こう」と読みましょう。

 

「春爛漫の候」は

桜の花が咲き乱れている様子

春の気配が広がり、辺り一面が輝いている様子

春の雰囲気で一面が光り輝く様子

などの意味になります。

 

なぜこのような意味になるのでしょうか?

それは、「爛漫」という言葉の意味を

一文字ずつ見ると分かります。

 

爛…鮮やかに光り輝いている様子、溢れんばかりに輝いている様子

漫…至る所に広がっている様子、一面に満ちて覆っている様子

 

つまり「爛漫」は

辺りに広がり鮮やかに輝く

一面を満たし光り輝く

などの意味になります。

 

ここに「春」が合わさり上記のような意味になります。

また、春=桜ということで

「桜の花が咲き乱れている様子」

という意味にもなる、という訳です。

 

ちなみに「夏爛漫」や「冬爛漫」などの言葉はありません。

季節で使えるのは「春爛漫」だけです。

しかし、「爛漫」という言葉自体は

他の言葉とも一緒に使用されることがあります。

 

例えば「桜花爛漫(おうからんまん)」。

これは、「桜の花」と「一面光り輝く=咲き乱れる」で、

桜の花が一面に咲き乱れる様子を表します。

 

また、「天真爛漫(てんしんらんまん)」は、

「天真(純粋、真っ直ぐな心)」と「爛漫(溢れる・満ちる)」で

「純粋さ溢れる心の持ち主」のような意味になります。



スポンサーリンク



 

春爛漫の候の使う時期はいつ?

「春爛漫の候」は「春」という言葉が入っているので

当然春頃に使う言葉ですが、

具体的にはいつ使うのが正しいのでしょうか?

 

正解は「4月中」です。

更に細かく言うと、桜の花が咲く

4月上旬~中旬頃に使うのが正しいと言えます。

 

4月上旬には入社式や入学式、入園式などがありますが、

こういった式典の挨拶でも

「春爛漫の季節に~」という言葉が使われます。

新たなスタートを迎える新入社員や学生たちの

「希望に満ちあふれた様子」を表しているのですね。

 

5月には使えないの?と思うかもしれませんが、

実は5月の頭には「立夏」が訪れ、

暦の上ではもう夏になります。

季節的にはまだまだ春、という感じですが…

ですから、5月に使うのは避けた方がよさそうです。

 

他にも、春にふさわしい表現があるので

いくつかご紹介します。

 

4月上旬

桜花の候(おうかのこう)

桜の花が美しく咲いている様子

 

春和景明の候(しゅんわけいめいのこう)

「春和」は春の穏やかで和らいだ気候、

「景明」は日差しが明るいことを差し、

春の明るく穏やかな様子を表しています。

「春和の候」でもOKです。

 

4月中旬

春爛漫の候

ご紹介している通り、

桜が咲き乱れ、輝きに満ちている様子を表します。

上旬~中旬にかけて使えます。

 

4月下旬

麗春の候(れいしゅんのこう)

ひなげしの花が咲く頃のこと。

ひなげしは別名「麗春花」と言うので、

このような表現が使用されます。

実際のひなげしの開花は4月下旬~5月上旬ですが、

「春」という表現があるので4月中で

使用はやめた方がよさそうです。

 

若草の候(わかくさのこう)

春になり生えてきた草が若々しく柔らかな様子。

4月上旬から下旬まで使用できます。

 

陽春の候(ようしゅんのこう)

春の陽気に満ちて暖かく明るい様子。

「春陽(しゅんよう)」という似た言葉がありますが、

こちらは「春の日差しを感じる」という意味で、

3月に使用するものなので

間違えないよう注意しましょう。

 

麗日の候(れいじつのこう)

麗らかな春の日を表します。

「麗らか(うららか)」は、

春の光が輝き、全てのものが美しく、

そして柔らかく見えることを意味しています。

 

春暖の候(しゅんだんのこう)

暑くも寒くもない、春の心地よい暖かさを表しています。

 

4月のたった1か月の中にも、

色々な表現が存在しているのですね。



スポンサーリンク



関連記事:春先とは何月?いつからいつまでの時期?

春爛漫の候の使い方や文例

春爛漫の候の使い方

「春爛漫の候」の意味がわかったところで、

具体的な使い方を確認しましょう。

「春爛漫の候」は、手紙や挨拶で使用します。

手紙の季節の挨拶に用いられることが多いですね。

 

入社式や入学式などの挨拶で用いられることも多いと

前述しましたが、

「春爛漫の候」は、前向きなイメージの時候の挨拶なので、

4月上旬から中旬にかけては

積極的に使用すると良いでしょう。

 

手紙での使い方は、難しいように感じますが

書き出しを覚えてしまえば簡単です。

頭語→時候の挨拶→安否を気遣う言葉

の順で書き出しましょう。

 

頭語とは、「拝啓」や「謹啓」などの言葉です。

頭語を使ったら、手紙の終わりにはセットとなる

「敬具」や「謹白」、女性の実が使える「かしこ」などの

結語も忘れずに使いましょう。

 

基本的には「拝啓」と「敬具」のセットで問題ありませんが、

目上の人など、更に敬意を払いたい場合には

「謹啓」と「謹白」を使用すると良いですね。

 

「春爛漫の候」という挨拶に相応しい便箋をご紹介します。

 

 

桜柄のレターセットです。

柔らかで優しい手触りの越前和紙を使用し、

独特の色使いで蕾、満開の桜、葉桜、桜吹雪、

4つの絵柄が描かれているので、

手紙を書く時期や相手に合わせて絵柄を選ぶことができます。

 

このレターセットの嬉しい点は、

封筒も便箋と同じ、

美しい絵柄のセットになっていることです。

 

どれも可愛らしく優しい雰囲気の桜で、

「春爛漫の候」にピッタリですから、

このレターセットでお世話になっている方や大切な人に

お手紙を書いてみてはいかがでしょうか?

 

春爛漫の候の文例①

では、実際に「春爛漫の候」を使って手紙を書く際の

文例をご紹介します。

どれも本文は省略し、書き出しと結びの挨拶のみ記載します。

 

まずは、お世話になっている方に手紙を書く際の文例です。

 

謹啓

春爛漫の候、

ますますご健勝のことと、お喜び申し上げます。

 

(本文略)

 

体調を崩しやすい時期ではございますが、

くれぐれもご自愛くださいませ。

謹白

 

春爛漫の候の文例②

入社や入学を迎えた相手への手紙の文例です。

 

拝啓

春爛漫の候、〇〇様におかれましては

気持ち新たに笑顔でご活躍のことと存じます。

 

(本文略)

 

新しい環境での益々のご活躍、心よりお祈り申し上げます。

敬具

 

春爛漫の候の文例③

他社の方へ手紙を送る場合の文例です。

 

拝啓

春爛漫の候、

貴社の皆様におかれましてはお元気でお過ごしのことと存じます。

 

(本文略)

 

新年度を迎え、お忙しいこととは存じますが、

どうぞご自愛ください。

敬具

 

春爛漫の候の文例④

簡単な挨拶で済ませる場合の文例です。

 

春爛漫の候、皆様お元気でお過ごしのことと存じます。

 

(本文略)

 

それでは、またお会いできる日を楽しみにしております。

 

春爛漫の候の文例⑤

「春爛漫」のみを使用した文例です。

 

①春爛漫の季節を迎え、桜が街をピンク色に染めていますね。

 

②春爛漫、今年も1年の中で最も美しい季節がやってきました。



スポンサーリンク



関連記事:天守閣とはどこの場所?本丸・城・天守との違いは?

まとめ

「春爛漫の候」について、

意味や時期、使い方や文例をご紹介しました。

 

「春爛漫の候」は4月上旬から中旬に、

主に手紙の時候の挨拶で使用する言葉です。

 

桜が咲き乱れる様子や

春の美しい光があたり一面に広がる様子を表す、

新年度のスタートに相応しいポジティブな表現で、

手紙の他にも入学式や入社式などの挨拶にも使用されます。

 

暖かな陽気と美しいピンク色の広がる季節に、

ぜひ「春爛漫の候」を使った手紙で

新年度の挨拶をしてみてくださいね。