生きていると、知り合いが手術を受けるという場面に遭遇する事もあります。

 

手術は例え「簡単」と言われるでも、運が悪ければ命を落とす事もある大変な試練です。

ですから、自分の大切な知り合いが手術を受けるなら

その手術の重要度や成功率にかかわらず、なんとか元気づけてあげたいものです。

 

そこでここでは、相手を元気づけられる手術前にかける言葉を、

家族や友人・上司など相手別に解説します。


スポンサーリンク


手術前にかける言葉を伝えるおすすめの手段は?

手術前にかける言葉を紹介する前に、

まずは「手術前にかける元気づけの言葉を伝えるおすすめの手段方法」を説明します。

 

手術前に元気づけにかける言葉というと、

「直接会って本人に言う」という事を考えがちですが、意外とそうではありません。

 

手術前にかける言葉は「メール」がおすすめです。

 

確かに本人に直接会って、「大丈夫だよ」などと声をかける事も重要ではありますが、

言葉は言った瞬間消えてしまいます。

 

手術となると病院に入院することになりますが、

入院中というのは思った以上にする事がありません。

 

そして何もする事がないと、良くない事ばかり考えてしまいがちです。

 

そんな時に元気づけの言葉をメールで送ると、メールなら何度も読み返しが可能なので

その言葉を見て相手の顔を思い出すたびに、

本人はくすっときたり元気づけられたりします。

 

時間がありすぎる病院にいるからこそ、声のように消えずに何度も読み返せるメールは

相手を元気づけるのにかなり有効な手段なんです。


スポンサーリンク



関連記事:千羽鶴の色でタブーなのは?色の順番は?バラバラでもいいの?

手術前にかける言葉を伝えるのはいつがいい?

手術前にかける言葉はメールが良いと書きましたが、

ではメールはいつ送ったらよいでしょうか。

 

「手術前にかける言葉だから、手術予定日の1時間くらい前?」などと

考えがちですが、それは間違いです。

 

手術当日は本人もかなりナイーブになっていて、

どっちかというと「そっとしておいてほしい」と思っているはずです。

 

それに手術当日にメールを送ってしまったら、読み返す期間もあまりありません。

 

手術前にかける元気づけのメールは、

不安になった時に何度も読み返す事ができるのがメリットなので、

手術の2~3日前に送るがおすすめです。

 

さらにメールを送る時間についてですが、具体的に「午後1時~3時」頃がおすすめです。

というのも、私も入院していたからわかるのですが、入院中はかなり暇です。

 

ただ、入院中でも朝は病院も何かとバタバタしていますし

すぐに昼ご飯の時間になるので自分も割と忙しい(?)感じでいる事ができるのですが

昼過ぎになると変わってきます。

 

本格的に何もする事がなくなり、窓から明るい午後の日差しを見ると

「今頃仕事をバリバリしているはずなのに…」とかなり憂鬱になってしまいます。

 

そんな時に知り合いからメールが来ると、「メールが来た」というイベントが発生して

スケジュールが少し埋まったような感じがしますし、

「私のことを覚えていてくれているんだな」と嬉しく思います。

 

そしてそのメールに対して返信をじっくり考えるので、

午後の暇な時間をかなりつぶす事ができます。

 

ですから、手術前にかける元気づけのメールを送るなら暇すぎて

落ち込みやすい午後1時~3時がおすすめです。

 

ちなみに「落ち込みやすいなら夜だから、メールを送るなら夜の方がいいのでは?」と

思うかもしれませんが、そうでもありません。

 

病院のベッドは正直寝心地が悪く、あまり寝付けません。

 

その為、だいたいの病院では眠れない人には睡眠薬を処方してくれます。

ただ、睡眠薬は追加ができないので、一度飲むと眠ってしまうしかありません。

 

そこでメールの着信などで起きてしまい睡眠薬の効果が切れると、

睡眠薬の追加はされないので

自力で眠るしかなく、それで眠れないと朝まで起き続けるパターンになります。

 

夜は本人にしっかり寝かせる為にも、夜遅くのメールは極力控えるようにしてください。


スポンサーリンク



関連記事:手術成功祈願・お守りで有名な神社!関東と関西についてご紹介!

手術前にかける言葉のコツは?

先に、手術前にかける言葉のコツについて説明しましょう。

家族や友人・上司など相手は違えど、「かけるべき言葉のスタンス」などは同じです。

 

手術前にかける言葉としては、3つコツがあります。

 

1.手術が成功する事を前提で話す。

2.嘘をつかない。

3.「退院したら〇〇しよう!」など未来の事を話す。

 

まず1の「手術が成功する事を前提で話す」ですが、

手術にも「成功率〇%」というものがありますよね。

 

例えば成功率が90%だと、つい

「その手術は9割成功すると言われているんですから大丈夫ですよ!」と

メールに書きたくなりますが、手術を受ける側からすれば

「俺は残りの10%に入るかもしれないだろ。無責任だな」と

恨み節を言いたくなる事もあります。

 

ですから成功率が何割だろうと、

「100%成功する」という気持ちでメールを書くようにしましょう。

 

「〇〇だから手術が成功する」、という事ではなく、

手術は成功して当たり前なので「手術は成功しますよ」という内容自体必要ありません。

 

次に2の「嘘をつかない」についてですが、

例えば相手の病気が完治は不可能で、手術はただの延命措置だとします。

 

そんな時、大切な人ならば「絶対に治りますよ!」と声をかけたくなりますが、

絶対に治らないのは本人が一番よくわかっている事で、

それを病気などしていない健康な他人から言われるのはとても辛いものです。

 

ですから、治らないものを「治る」、

すぐ退院できないものを「すぐ退院できる」など嘘はつかないようにしましょう。

 

手術前にかける言葉は、まず「誠実さ」が大事です。

嘘をつきたくない場合は嘘をつかないといけないような文章は書かないようにしましょう。

 

最後に3の「未来のことを話す」についてですが、

「早く戻ってきて仕事のアドバイスをしてほしい」

「〇〇というお店の料理がおいしいそうだから、ぜひ一緒にご飯を食べに行きたい」など

手術が終わって退院した後のスケジュールを考えさせるようにします。

 

そうすると目の前の手術の不安より、手術が終わった後の楽しい事を

色々と考えられるのでかなり気を紛らわせる事ができます。


スポンサーリンク



関連記事:八方塞がりとは?いつまで?お祓いの時期や効果も徹底解説!

手術前にかける言葉、上司には?

ではここからは、手術前にかける言葉を家族・友人・上司別に見ていきましょう。

まずは「上司」からです。

 

上司という事で少し緊張してしまいますが、

職場に上司がいなくて寂しい事や、上司が好きそうな料理店を見つけたなど

素直な気持ちで書けば気持ちは伝わります。

 

上司という事であまり「頑張りましょう!」などという上から目線の応援はせず、

「上司がいなくて寂しいです」というイメージでメールを送るといいですね。

手術前にかける言葉、友人には?

次に「友人」です。

 

まず友人については「こういうメールが良い」というのは中々言えません。

 

というのも、友人のレベルが幼馴染から大学で初めて知り合ったというものまで

様々だからです。

 

ですから友人として手術前にかける言葉を送る時は、

まずは自分と相手の距離感を考えてメールを書くが大事です。

 

あまり親しくないのに馴れ馴れしいメールは失礼ですし、

親しいのに変にかしこまりすぎると、

「遠慮してる?」として逆に相手に気を使わせてしまいます。

 

また、友人であれば上司ほどは気を負わなくてもいいので

手術の事だけでなく「お見舞いに行こうか?」「何か欲しいものある?」

「病院のご飯どうよ?おいしい?」など雑談を含めて

いろいろと話の幅を広げてみましょう。

 

入院している本人は暇なので、何か気になる話題があれば絶対に食いついてきます。

ぜひ色々考えてみてくださいね。


スポンサーリンク



手術前にかける言葉、家族には?

次に「家族」です。

 

家族からのメールに対しては、2パターンあります。

「親身になってしっかり励ますパターン」と、「普段通りのパターン」です。

 

これは家族の普段からの関わり合いや本人の特性にもよるのですが、

本人が傷つきやすい特性の場合は

本人の不安を感じ取って親身にしっかり励ますパターンがおすすめです。

 

本人がそんなに繊細でない場合はあまりかしこらず

家族もいつも通りの方が落ち着く場合があります。

 

ですから例えば「早く退院してゲームやろうぜ」

くらいの軽い感じがおすすめです。

 

おすすめの暇つぶし道具♪

 

手術する為には入院すると思いますが、入院と言えば「とにかく暇」です。

 

病院は病室に無料wifiがあるところはあまりなく、使い続けると

かなり料金が高くなってしまうのでスマホも使い放題という訳にはいきません。

そこでおすすめの暇つぶしが、塗り絵です。

 

塗り絵と言えば子供のおもちゃの定番ですが、塗り絵には心を癒す力があるという事で、

最近はこのような「大人向けの塗り絵」も販売されています。

塗っている間は何も考えずに済みますし、不安な心を紙に写す事ができるので

できあがった絵を見て自己分析をすることにも使えます。

 

最近は日帰り手術なんてのもありますが、数日入院してかつお見舞いに行くのであれば、

ぜひこちらの塗り絵を持って行ってあげてください。

まとめ

手術前にかける言葉は、メールがおすすめです。

また、家族や友人・上司など相手は違えど、言うべき内容やスタンスは決まっています。

 

手術前の知り合いからの励ましの言葉は、とてもありがたいものです。

ぜひこの記事を活用して、大切な人をフォローしてあげてくださいね。


スポンサーリンク