私は以前、ペットショップで

インコに一目ぼれをして飼った経験があります。

 

最初は、ただ可愛いという理由で

飼い始めましたがインコについての知識はなく

よくペットショップの店員さんに

質問しに行っていたこともあります。

 

その時の質問の中でもインコの食べ物については

知らないことが多くどんなものをあげればいいのか

悩んだことがありました。

 

その中でも私たちが大好きな果物も

インコはあげてはいけなかったり

ビックリすることも多々ありました。

 

そんな私の経験談を交え

インコに梨・柿・いちご・パイナップルをあげてもいいのか

果物で食べるのはどんなもの?などを

ご紹介したいと思います。


スポンサーリンク


インコに梨・柿・いちご・パイナップルをあげてもいい?

よく私たちも食べる梨や柿、いちごやパイナップル。

 

甘くて美味しいので可愛いインコにも

ぜひ食べさせてあげたい!!

 

そう思ったりしますよね?

 

しかし、本当にインコにあげても大丈夫なのでしょうか?

ご紹介したいと思います。

 

インコにいちごはあげてもいい?

いちごは基本的にはインコが好み

食べても大丈夫と言われています。

 

しかし、いちごの葉っぱや

種は毒素があるので取り除いてあげましょう。

 

小さないちごの種なので私も取る時は苦労しましたが

ピンセットで取ってティッシュに置くという

地味な作業をしていました(笑)

 

インコパイナップルはあげてもいい?

パイナップルは、賛否両論ありますが

食べても大丈夫な果物と言われています。

 

しかし、種類には注意が必要で

あまり熟していないパイナップルは

酸が多いので注意が必要です。

無理にあげなくてもいい果物だと言えますね。

 

インコに梨はあげてもいい?

梨は種類によって

あげても大丈夫なものもあります。

 

洋梨は食べても問題はありませんが

日本の梨はインコには石細胞が消化器官に影響し

消化不良を起こすことがあるので

あげない方が良いでしょう。

 

インコに柿はあげてもいい?

柿も賛否両論ありますが

インコにはあげない方がいいでしょう。

 

梨と同様に石細胞を含みさらに、柿に含まれる

タンニンが貧血を起こすという話や

胆石を起こすという話もあります。

 

しかし、食べても問題なく

10年以上生きているインコもいるので

一概には言えませんが心配であればあげないように

した方が良さそうですね。


スポンサーリンク



関連記事:新しい財布をすぐ使うのはNG?寝かせる効果は?金額や方角・期間も詳しく解説!

インコが果物で食べるのは?あげてはいけない果物もある?

梨・柿・いちご・パイナップルについて

ご紹介してきましたが

他にも、インコが食べても大丈夫な果物や

あげてはいけない果物もあるんです。

 

果物については賛否両論ありますが

食べても問題のない果物をご紹介したいと思います。

 

前もって知っておくことで

可愛いペットの健康を維持してあげましょう。

 

インコにあげてもいい果物

いちじく

オレンジ

キウイ

みかん

メロン

ぶどう

 

この辺りは安心してあげても大丈夫な果物ですね。

 

キウイにはインコ用の

ドライフルーツも出ているんです。

 

私たちが見てもとても美味しそうな

キウイのドライフルーツです。

 

たくさんの鳥用品を扱うお店で

飼い鳥専門店のおやつです。

 

キウイを好むインコは多いようで

初めてのおやつなどに

試してみるのもいいかもしれませんね。

 

インコにあまりあげない方がいい果物

アボガド

さくらんぼ(種に毒がある。)

スイカ(水分が多いので下痢を起こす)

バナナ

(リンが多く含まれているので

カルシウムのバランスを崩す)

もも(種に毒がある。実も賛否両論。)

りんご(種に毒がある。)

グレープフルーツ、レモン、ライム

(インコなどに与えている薬と反応することがある。)

 

このように、実は問題はなくても

種がインコにとって有毒であったり

あげることで下痢を起こす果物もあります。

 

人間にとっては美味しくて

ついあげたくなりますが注意してあげましょう。

 

私は果物をあげるのが少し不安だったので

インコ用のフルーツフードをあげていましたよ。

 

とても甘い香りがして

インコも美味しそうに食べていました。

 

インコは食にうるさく食べず嫌いだったり

食に興味のない子もいますが

このフルーツフードは食べてくれたとの声もあります。

 

生のフルーツをあげるのは

少し抵抗がある場合はフルーツフードを使うのもいいですね。


スポンサーリンク



関連記事:手術成功祈願・お守りで有名な神社!関東と関西についてご紹介!

インコに果物をあげる時は量にも注意!

私がよく聞きに行っていたペットショップの店員さんは

 

「私はインコに果物をあげたことないですよ!」

 

とおっしゃっていました。

 

ペットショップの売り場には

インコ用のフルーツフードも

並んでいるのにとてもビックリしました。

 

それには、ちゃんとした理由があり

教えてくれたのでご紹介したいと思います。

 

インコに果物は無理にあげなくてもいい。

店員さんのお話では野生のインコは果物は

ほとんど食べないようです。

 

また、インコの主食は種子類なので

アワ、ヒエ、キビなどが中心の食事になります。

 

果物を見てビックリして食べない子も

味や食感が苦手で食べない子もいますが

無理に食べさせなくても大丈夫です。

 

肥満や下痢にも注意が必要。

ついつい、人間が食べていると

インコも欲しがってあげたくなりますよね?

 

果物も美味しいのであげたくなりますが

果物の糖分は肥満の原因にもなります。

 

インコも肥満になると

色々な病気などを招いてしまいます。

 

体が重くて飛べない

糖尿病や動脈硬化などを引き起こす

足を傷めてしまう

 

など、人間と同じような

病気にかかってしまうこともありますので

果物のあげすぎには注意しましょう。

 

また、果物には水分も多いので

水分の摂りすぎになることも!

 

ご褒美やストレス解消に果物をあげる場合は

一口二口程度に抑えておきましょう。

 

インコに果物をあげる量の目安は?

インコの種類や個体差はありますが

1日の食事量の目安は

3、5~5gくらいと言われております。

 

主に、穀物や種子類を食べての計算なので

果物を入れて同じ量を食べると

カロリーオーバーになってしまいます。

 

1日に必要なカロリーは体重によって異なり

 

40gで15㎉

50gで17㎉

60gで20㎉

70gで22㎉

80gで25㎉

 

となります。

 

お持ちのインコの餌のカロリーや

インコの食べる餌の量を目安にして

果物をあげる場合は

極端にカロリーオーバーにならないように注意しましょう。


スポンサーリンク



関連記事:西枕は老ける?風水での効果や対策を徹底解説!

インコにあげていい野菜とあげてはいけない野菜もあるの?

インコにあげてはいけな果物について

ご紹介してきましたが

実は、野菜にもあげてもいい野菜と

あげてはいけない野菜があるんです!

 

野菜は体に良さそうなので

気にしなくていいのでは?

と思いがちですが

命取りになる野菜もありますので

ご紹介したいと思います。

 

インコにあげてもいい野菜

インコは葉っぱが大好きで

よくつついて食べていました。

 

栄養もあるので

野菜も餌とのバランスを見ながらあげてくださいね。

 

あげてもいい野菜は

 

小松菜

チンゲン菜

豆苗

水菜

セロリの葉

大根の葉

ラディッシュの葉

カブの葉

人参

カボチャ

唐辛子

ピーマン

ブロッコリー

春菊

 

その他にも

枝豆やグリーンピース、トウモロコシなども

あげても大丈夫な野菜です。

 

しかし、人参は葉に近い部分は

インコにとって毒素が含まれているので

中心から下の部分をあげましょう。

 

インコにあまりあげなくてもいい野菜

野菜の中でもインコにとっては

体に良くない野菜もあります。

 

レタス、きゅうり、白菜は

水分が多く、下痢になることが

ありますので注意しましょう。

 

ほうれん草は

シュウ酸が含まれているので

カルシウムの吸収を妨げてしまいます。

 

さらに気を付けたいのが

キャベツ、カブ、カリフラワーは

甲状腺腫瘍を引き起こすことがあるので

あげないようにしましょう。

 

その他にも

ネギ

玉ねぎ

ニラ

ニンニク

セロリの筋

ゴボウ

きのこ類

じゃがいも

生の豆類

 

など、意外と大丈夫そうな野菜が

ダメだったりするので

野菜をあげる際は注意しましょう。

 

心配であればかかりつけ獣医や

購入したペットショップの店員さんに

質問してみると安心ですね!


スポンサーリンク



その他にもインコにはあげてはいけない食べ物は?

果物や野菜についてご紹介してきましたが

その他にもインコにはあげてはいけない

食べ物があります。

 

大切なペットの命を守るために

覚えておいてくださいね。

 

アボカド、チョコレートは絶対ダメ!!

あげてはいけない果物のリストにも

入っていましたがアボカドはインコには

命取りになります。

 

ペルシンという毒素が

インコにとっては有毒で大変危険なんです。

 

食べてしまったらもちろん危険ですが

 

「アボガドを触った手でインコと遊んでいたら

突然命を落としてしまった!!」

 

という話まであります。

 

食べさせなくても注意しておきたい食べ物ですね。

 

チョコレートもインコにとっては

危険な食べ物でテオブロミンという成分と

カフェインが中枢神経や循環器障害を

招くことがあります。

 

誤ってあげないようにしましょう。

 

その他のインコにあげてはいけない食べ物。

パン

ごはん

麺類

コーヒー

アルコール類

スナック菓子

 

パンやごはん、麺類は

糖分と塩分が多いので注意が必要です。

 

また、インコの体内でカビが生えやすい食べ物で

一時的に食べ物をためる

そのうという場所に炎症を起こすこともあります。

 

スナック菓子は塩分が多すぎるので

インコにとってはスプーン一杯の塩を

口に入れているような状態だそうです。

 

また、コーヒーにはカフェインが多く

中毒を引き起こしたりアルコールも

中毒症状が出たりするので注意しましょう。

 

放鳥の時には気を付けて!

たまに、インコの運動やストレス解消のために

カゴの外に出してあげることもありますよね?

 

食事としてあげないように気をつけていても

放鳥の時に誤食や誤飲もありえます。

 

食べかけの物がテーブルにあったり

飲みかけのコーヒーが置いてあったりすれば

誤って飲んでしまうことも・・

 

そうならないように

放鳥の時には気を付けたいですね。

まとめ

今回は、インコに梨・柿

いちご・パイナップルをあげてもいい?

果物で食べるのは?や

果物だけでなく野菜についてもご紹介してきました。

 

実家で飼っていたインコもとても食欲旺盛で

何でも欲しがっていましたが

あげたい気持ちを抑えて我慢していました。

 

そのおかげかインコの寿命を大幅に超え

13年も生きてくれましたが

やはり食べ物によっては

インコの寿命を縮めかねません。

 

せっかく飼った可愛いペットなので

ぜひ食べ物にも気を付けて

楽しく過ごせたらいいですね。


スポンサーリンク