最近では靴をネット通販で買う方も多いですが、

靴が届いて実際に履いてみると

「あちゃー!これ少し大きい!」という事は意外に多いですよね。

 

靴のサイズというのはメーカーによって少しずつ違うので、

きちんとしたサイズを選んだつもりでも少し大きかったりする事があります。

でも、ちょっと大きいだけなのに履けないというのはもったいないですよね。

 

そこでここでは、靴のサイズが大きい時の

つま先やかかとをうまく調整する方法を紹介します。

 

買った靴が大きくて履けずシューズクロークの肥やしになっているという方は

ぜひ参考にしてくださいね。


スポンサーリンク


大きいサイズの靴をそのまま無理して履くのはダメ?

通販で靴を買う場合、試着できません。

ですからサイズが違った場合、

届いて履いてみてから初めて「あ、サイズが少し大きかった…」という事に気づきます。

 

そのまま返品する事ができるならいいですが、

返品不可の場合やわざわざまた送り返すのが面倒くさい人は

そのまま履いてしまう事もあります

 

確かにちょっと大きいだけの靴だと履けない事はないですから

そのまま履くというのも悪くはないのですが、

何の対策もしないまま大きい靴を履くのはダメです。

 

自分の足より大きいサイズの靴を履くと

 

姿勢が悪くなる

疲れやすくなる

転びやすくなる

 

というデメリットがあります。

 

大人は子供と違い体重が重いですからが転ぶと骨折をしてしまう事もありますし

それが仕事に履いて行く靴なんかだと会社に着くまでに疲れてしまうという事もあります。

 

本来靴とは快適・安全に歩く為に使うものです。

 

大きい靴は、その靴の良さを全て台無しにしています。

ですから大きい靴をそのまま履くのはやめましょう。


スポンサーリンク



関連記事:雨の日は髪の毛がボサボサ・チリチリ!簡単にできる湿気対策をご紹介!

大きい靴は調整すればOK!つま先の対策は?

「大きい靴は履いちゃダメって言われても、

もう買っちゃったから履かないのはもったいない」

と思いますよね。

 

大丈夫です。

靴は調整する事で自分の足に合わせる事ができます。

 

例え大きいサイズの靴でもちゃんと調整して

自分の足にあった靴なら履いても大丈夫ですので、がんばって調整しましょう。

 

では、どうやって調整すればいいのでしょうか。

簡単な方法として、まずは「つま先を調整する」方法があります。

 

靴のサイズが大きくて、

履いてみるとつま先にかなり空間が残っているという事はよくありますよね。

 

そんな時は、つま先を埋めてしまいましょう。

 

昔はタオルやハンカチなどを適当に丸めて詰めていましたが、

今は例えばこちらのような

つま先クッションというアイテムがあります。

 

こちらは元々「大きいサイズの靴を調整する為に作られた商品」ですので、

今回の目的とピッタリと合い、まさにつま先を埋めるにはこれとないアイテムです。

 

また、靴をつま先から守ってくれるという役割がありますので

つま先の力が強すぎていつも靴に穴を開けてしまうという場合にも使えますよ。

 

こちらのつま先クッションにはSMLとサイズがあるので、

ぜひ自分に合うつま先クッションを見つけてくださいね。

 

こちらもつま先クッションですが、

先ほどのものよりやや高めのものになります。

 

値段が高い分、低反発素材になっていたりパイル生地でムレにくくなっているなど

さらに足を労わる設計になっています。

 

また靴のサイズ調整だけでなく外反母趾や前滑りの防止にも使えますよ。

 

靴を履いた時にいつもつま先にトラブルを抱えてしまう方は、

少し奮発してこちらのアイテムを使ってみる事をおすすめします。


スポンサーリンク



続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2