最近、カスピ海ヨーグルトを食べる人が増えてきました。

 

確かにカスピ海ヨーグルトはおいしくて体に良いので健康食品としてはかなり優秀ですが

実は食べ過ぎるとあまり良くないというのは知っていますか?

 

そこでここでは、カスピ海ヨーグルトを食べ過ぎるとなぜ良くないのかや

カスピ海ヨーグルトの一日の適切な摂取量、

また時間帯としてはいつ食べるのが一番良いのかなどを解説します。


スポンサーリンク


カスピ海ヨーグルトって?

まずはカスピ海ヨーグルトについて少し説明しておきましょう。

 

カスピ海ヨーグルトは、京都大学名誉教授の家守教授がカスピ海近辺の

コーカサス地方から持ち帰って研究した結果、販売されるようになったヨーグルトです。

 

カスピ海ヨーグルトと他のヨーグルトとの違いですが、

カスピ海ヨーグルトには乳酸菌の他にクレモリス菌FC株という独自の菌が入っています。

 

この菌はプロバイオティクスと言って、人に良い影響を与える菌です。

 

研究では、この菌が入ったヨーグルトを食べるとアトピー性皮膚炎の抑制や免疫力アップ、

血中コレステロール値の改善、またインフルエンザの感染・発症による

重篤化を防ぐなど様々な健康効果が発表されています。

 

しかもクレモリス菌は胃酸に強く生きたまま腸まで届く事が多いので、

その働きがかなり活発だという事です。

 

現在は様々なヨーグルトが販売されていますが、このような報告を見ると、

健康の為にカスピ海ヨーグルトを選ぶ人が多いのも納得です。


スポンサーリンク



関連記事:おからの食べ過ぎで太る?便秘や下痢になる?

カスピ海ヨーグルトは食べ過ぎに注意!

カスピ海ヨーグルトは健康に良いですが、

だからと言って「食べれば食べるだけ健康になれる!」という訳ではありません。

 

「過ぎたるは及ばざるが如し」ということわざもありますが、

健康食品と言われているカスピ海ヨーグルトでも

食べ過ぎると逆に健康を害する事もあるんですよ。

 

例えばカスピ海ヨーグルトには整腸機能がありますが、食べ過ぎるとその活動が

活発になりすぎて腹痛になったり下痢を引き起こしたりする事があります。

 

また、ヨーグルトは冷たいまま食べる人も多いですが、

そうなると体が冷えやすくなります。

 

冷え性の人がカスピ海ヨーグルトを食べ過ぎると冷え性が悪化する事もありますので

特に注意が必要です。

 

さらに、カスピ海ヨーグルトは0kcalではなく

100g当たり66kcalほどのカロリーがあるので食べ過ぎれば当然太る原因にもなります。

 

ついでに言うなら、カスピ海ヨーグルトは食べてすぐ効果が出るというものではなく

毎日食べ続ける事で徐々に腸内環境を良くしていき、体を健康にしていきます。

 

一度にたくさん食べてもその分だけ効果が上がるという事はありませんので、

きちんと量を計算して毎日食べる事を心がけるようにしましょう。


スポンサーリンク



関連記事:もち麦は食べ過ぎると副作用がある?胃痛や下痢になる場合があるの?

カスピ海ヨーグルトの一日の適切な摂取量は?

では、カスピ海ヨーグルトは具体的に一日どれくらい食べれば良いのでしょうか。

カスピ海ヨーグルトの一日の適切な摂取量は、「200ml」とされています。

 

市販されているカスピ海ヨーグルトはだいたい1つ400g入りなので、

一日で半分ほど食べるのが適切という事ですね。

 

ただ、この量を1回で食べるとなるとちょっと多いです。

 

それを無理して食べようとすると続かなくなるので、

一度に食べきれない人はおいしく食べる為にも

2回に分けて食べるなどした方がいいですね。


スポンサーリンク



関連記事:卵かけご飯は太る?カロリーやダイエット効果も詳しく解説!

カスピ海ヨーグルトはいつ食べるのが理想的?時間帯1. 夜

カスピ海ヨーグルトの一日の適切な摂取量は分かりました。

 

では、カスピ海ヨーグルトの力を最大限発揮させる為には

いつ食べるのが理想的なのでしょうか。

 

ここではカスピ海ヨーグルトを食べる適切な時間帯を紹介します。

 

カスピ海ヨーグルトの力を最大限に発揮させたいなら、

朝や昼ではなくまずは「夜」に食べるのがおすすめです。

 

というのも、カスピ海ヨーグルトの菌が腸で活動するには

腸自体が活発に活動しているのが理想的なのですが、

人間の腸が一番活動的になるのが実は夜だからです。

 

また夜の中でも、眠りについて2時間後からが特に活発になります。

 

腸の活発な活動時にカスピ海ヨーグルトの菌がちょうど腸にいると、

相乗効果でより健康効果が高まります。

 

朝や昼にカスピ海ヨーグルトを食べてしまうと、

夜眠る前までに排せつ物として体外に排出されてしまう事もあるので、

夜の時間帯に菌に確実に腸にいてもらう為には夜に食べるのがおすすめです。

 

ただ、だから朝や昼にカスピ海ヨーグルトを食べても無駄という事はありません。

効果はきちんとありますので、夜に食べられない時は普通に朝や昼に食べても大丈夫です。


スポンサーリンク



カスピ海ヨーグルトはいつ食べるのが理想的?時間帯2.食後

カスピ海ヨーグルトを食べるタイミングを食前、食中、食後で分けるなら

「食後」がおすすめです。

 

カスピ海ヨーグルトに含まれる菌が口から入って最終目的地である腸に届くまでには、

必ず胃を通過する必要があります。

 

ですが、生きている菌にとって強い酸性である胃酸というのは脅威です。

カスピ海ヨーグルトに含まれるクレモリス菌は生きて腸まで届く事が多いですが

胃酸によるダメージはあります。

 

そこで、できるだけ胃酸のダメージを抑える為、

食事の最後にカスピ海ヨーグルトを食べるのがおすすめです。

 

食事の最後に食べると、その前に食べた食べ物で胃酸がかなり薄まっているので

カスピ海ヨーグルトに含まれる菌は

そんなにダメージを負わずに腸までたどり着く事ができます。

 

逆に、空腹時などは胃の中が胃酸で溢れているので

菌にとってはかなり危険な状態と言えます。

 

菌を腸まで届かせたい人は、せめて空腹時は避けるようにしましょう。

 

カスピ海ヨーグルトを一度に食べきれないという人は、

夕食後とそれなりにおなか一杯の状態の就寝前に食べるようにするのがおすすめです。

 

自宅で作ればコスパも問題なし♪

 

カスピ海ヨーグルトは健康の良いですが少々高価なヨーグルトなので、

他のヨーグルトと比べると値段が高いのがネックですよね。

 

ヨーグルトは毎日食べる事で効果が発揮されるのですが、

価格が高いとそういつもいつも買う訳にもいきません。

 

そこでおすすめなのが、「自宅で作る」という方法です。

 

こちらのようなカスピ海ヨーグルトの種菌を使えば、

市販の牛乳で簡単にカスピ海ヨーグルト作る事ができます。

 

自宅で作ればコスパもかなり良くなるので、

毎日食べたいという人にはうってつけの商品ですよ。

 

手間もそんなにかからないので、ぜひ挑戦してみてください。

 

ヨーグルトメーカーを使えば失敗もなし!

 

ヨーグルトを自宅で作りたいという人にぜひおすすめしたいのが、

ヨーグルトメーカーです。

 

ヨーグルトメーカーがなくても種菌と牛乳さえあればヨーグルトは作る事ができますが

温度管理が若干難しく失敗する事もあります。

 

ですがヨーグルトメーカーを使えば室温が何度だろうときっちり

菌の培養に必要な温度を維持してくれますし、

セットしてしまえばできるまで完全放置でいいので手間もかなり省く事ができます。

 

私もヨーグルトメーカーを使っていますが、

家電にしては値段も安く、コスパとしてはかなり割りがいい商品です。

 

勿論カスピ海ヨーグルト以外のヨーグルトも作る事ができますので、

カスピ海ヨーグルトに飽きた時の口直し用に

別のヨーグルトを培養しておくという事もできます。

 

価格もお手頃でかなり便利な家電なので、ぜひ使ってみてくださいね。

まとめ

カスピ海ヨーグルトは体に良い優秀な健康食品ですが、

食べ過ぎると逆に体調を悪くさせる事があります。

 

ここではカスピ海ヨーグルトの効果を最大限に発揮させる為の

一日に適切な摂取量やいつ食べるのが良いのかなどを紹介しましたので

かすぜひそれに従って、カスピ海ヨーグルトライフを楽しんでくださいね。


スポンサーリンク