「北枕で寝てはいけない」とおじいちゃんやおばあちゃんから教えられて

育ったという方は多いと思います。

しかし、その理由や実際北枕で寝るとどうなるのかと言われたら、

なんだか漠然としていてよくわからないですよね。

 

北枕なんてただの迷信で、寝る方角なんて関係ないのでは?

と考える方もいるとは思いますが、

実は寝る方角で身体への影響が変わるというのが分かってきているのも事実です。

 

そこで今回は、北枕で寝てはいけないとされている理由と、

北枕で寝るとどうなるのかということについて解説していきます。

言われるがままに漠然と縁起が悪いと思うのではなく、

なぜそうなのかという理由も知っていると、寝る方角も決めやすいと思います。


スポンサーリンク


北枕で寝てはいけない理由は?縁起が悪い?

なぜ北枕で寝てはいけないといわれるようになったのかというと、

仏教でのお釈迦さまの入滅(亡くなること)が由来と言われています。

お釈迦さまが入滅した際の頭の方角が北だったのです。

そして、お釈迦さまはその後仏陀となりました。

 

これに倣って、亡くなった方を北枕で寝かせることで、

極楽浄土へと導こうという慣習になりました。

その後、北は「涅槃(ねはん)」の方角と言われるようにもなり、

北枕は死者と同じ寝方になるということで、縁起が悪いとされるようになったのです。

 

また、死者と同じ寝方を嫌悪するという理由とは逆に、

死者を敬うために生きている人は違う方角に頭を向けて寝るという理由もあるようでした。

 

この由来が、現在でも北枕で寝てはいけないとする根拠の肝なわけですが、

お釈迦さまは入滅する前からずっと北枕で寝ており、

北枕で寝たからなくなったわけではありません。

北枕のせいで悪いことが起きたというような、縁起が悪い由来になるエピソードは、

私が調べた限りですが存在しませんでした。

 

また、現実的な理由として、

昔の建物には隙間が多かったので、

北風による冷たい隙間風で肩口が冷えるとよくないということで、

北枕で寝てはいけないとされていたということもあるようです。

 

他にも、北枕で寝ていた貴族が、庶民にまねされるのを嫌がり

北枕で寝てはいけないということを広めたという説もあるようです。

 

ただ、どれも北枕を絶対的に否定する根拠と言うには、少し弱い印象ですよね。


スポンサーリンク



北枕で寝るとどうなる?悪夢を見る?

北枕で寝るとどうなる?という疑問もありますよね。

ただ、北枕は縁起が悪いと漠然と避けられているだけで、

科学的に根拠のある実害はありません。

もしあれば、もっと北枕を禁ずる慣習が浸透しているはずですよね。

安心して、北枕で寝てください。

 

しかし、北枕で寝ると金縛りにあう、悪夢を見るという話も聞きます。

北枕であることにマイナスイメージを持ちながら寝ることで、

精神的な苦痛によって悪夢を見ることもあるようです。

 

ただこれは北枕に限った話ではなく、

疲労やストレスによるものと同じ原因の悪夢であるので、

北枕であることが直接的な原因ではありません。

 

つまり、北枕で寝るとどうなるのだろうという不安を持ちながら寝ることが、

こういった悪い事が起こる理由になってしまっているということですね。

幽霊が怖いと思いながら夜道を歩くと、

何でもないものも幽霊に見えてしまうようなものと同じなのです。

 

また、ひとそれぞれに適した枕の向きがあるという考え方もあります。

北枕から東枕に変えるとよく眠れるようになった、など

枕の向きを変えることで睡眠の質が良くも悪くも変わることがあるようです。

 

もし枕の向きに不安を感じているのなら、ある程度のインターバルを作りながら

枕の向きを色々変えてみるのも良いでしょう。

もしかしたら、あなたにピッタリの枕の方角が見つかるかも知れません。

方位磁石なんて家に無いよ、という方も、

最近ではスマホのアプリなどでも簡単に方角を調べられますので、安心してください。


スポンサーリンク



続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2