病気やケガは突然です。

そしていきなり「一週間入院してください」と言われたら、

持ち物に何を持っていけばいいか困ってしまいますよね。

また、その持ち物を入れるバッグにも迷います。

 

そこでここでは、一週間の入院時の持ち物やバッグの大きさ、

バッグとしてキャリーケースはどうなのかなどを説明していきます。

 

入院した時に何を持っていけばいいか、

どんなバッグに入れて行こうか悩んでいる人はぜひ参考にしてみてくださいね。



スポンサーリンク





一週間の入院時の持ち物は?

一週間って、短いようで意外と長いですよね。

ホテル暮らしならいざ知らず、病院に入院となると簡単には外出できませんし、

wifi環境のない病院だとネットもロクにできません。

 

ですから病院で過ごす一週間は、

普通に過ごす一週間よりとても長く感じると考えておいた方がいいでしょう。

 

それも踏まえて、もし急な病気やケガで一週間ほど入院する事になったら、

何を持っていく必要があるのでしょうか。

 

まずは入院時の持ち物リストを見ていきましょう。

 

必須関係

・財布(お金)

・保険証

・病院の診察券

・印鑑

・筆記用具

・携帯

・携帯充電器

 

着替え関係

・下着3~4着

・寝巻2着

・靴下3~4着

・フェイスタオル3~4着

・退院時の服

 

身だしなみ関係

・お風呂セット(シャンプー、ボディソープ)

・歯磨きセット(歯ブラシ、歯磨き粉、コップ)

 

あると便利なもの関係

・ボックスティッシュ1つ

・箸

・コップ

・水筒

・インスタントコーヒー/ティーパック

・ビニール袋5~6枚

・室内靴

・wifi機器

・音楽プレイヤー

・ゲーム機(ニンテンドーDS、PSVitaなど)

 

一週間の入院の持ち物だと、このようなものになります。

次に詳しく見ていきましょう。

 

必須関係

まず必須関係ですが、

お金は病院のコンビニでちょっと何か購入したり

病院から〇〇を買ってくださいと言われたりとちょくちょく必要なので大切です。

 

ですが、病院では貴重品の管理は難しいので

盗難の可能性も考えて現金はできれば少なめにしておきましょう。

 

最近は病院内のコンビニもクレジットカードが使えますので、

カードで支払うようにすれば管理も楽ですね。

 

筆記用具は忘れがちですが、入院した時の書類を書いたり

先生の話をメモしたりするのに必要です。

 

また、入院すると気軽に人に会いに行くという事ができなくなるので、

連絡を取る為の携帯は必須です。

充電器も忘れずに持っていきましょう。

 

着替え関係

次に着替え関係ですが、病院では服は寝巻でずっと過ごすので必要なのは下着だけです。

病院にはランドリーがあるので、3~4着あれば着まわす事ができます。

また寝巻は自分の家から持ってきてもいいですが、

安価で病院が用意してくれる場合は荷物が減るので病院の物を使うのもオススメです。

 

靴下は、冷え防止や水虫予防になります。

特に病院のスリッパは不特定多数の人が使用するので、

体力が弱っている場合水虫に感染する事があります。

ですが靴下を履いていれば、それを予防する事ができますよ。

 

退院時の服についてですが、これは「退院時の自分の状態」を考えて用意しましょう。

 

例えば入院で足を手術をして退院時には足がまだぎこちないだろうという時は

ジーンズなどは履きにくいですよね。

 

ですから入院時はジーンズでも、退院時のボトムズは

ゆったりめのズボンやスカート、という風に退院時に自分が楽に歩ける服装がいいですね。

 

病院に来た時と同じ服でも大丈夫という方は勿論それでもOKです。

 

身だしなみ関係

次に身だしなみ関係ですが、病院ではシャワー室を借りる事ができます。

ほとんどの所は無料です。

ですが当然の事ながらシャンプーなどは置いていないので、自分で持っていきましょう。

 

ドラッグストアなどで売っているトラベルセットが使いやすいですよ。

また、せっけんは一度濡れると乾くのに時間がかかるので、

体を洗うようのソープは容器に入ったボディソープがおすすめです。

 

歯磨きセットは自宅から持ってくるのでもいいですが

ケース入りのトラベルセットの方が管理しやすいです。

 

今は100均にも売っているので、入院専用として1つ買っていけば

退院と同時に捨ててもいいので家に帰ってきた時に片付けが楽になります。

 

あると便利なもの関係

最後にあると便利なもの関係ですが、

ティッシュは机の汚れを拭いたり鼻をかんだりと入院中はよく使います。

ポケットよりはボックスタイプの方がさっと取り出せるので使いやすいです。

 

箸ですが、入院中は食事の時以外でも物を食べる事があると思いますので

あった方が便利です。

お見舞いで誰かが食べ物を持ってきてくれた時にも使います。

 

コップ・水筒・インスタントコーヒーorティーパックはセットで持っていると重宝します。

 

食事は3食で我慢できても、飲み物はけっこうな頻度で飲む人が多いですよね。

でも、喉が渇くたびにいちいちジュースやコーヒーなどを買っていたら

お金がいくらあっても足りません。

 

そこで、インスタントコーヒーやティーパックを持っていって

自分で作るというのがおすすめです。

 

お湯や冷水はどうするのかと言えば、たいていの病院には食堂などには

お湯や冷水が出てくるウォーターサーバーが設置されています。

 

そこで水筒にお湯や冷水を入れて病室へ持っていけば、

病室にいてもコップにインスタントコーヒーやティーパックを入れるだけで

簡単に飲み物を作る事ができます。

 

わざわざ毎回、病院のコンビニや自動販売機まで

ペットボトルや缶の飲み物を買いに行かなくてもいいという事ですね。

 

ビニール袋は簡単なゴミを入れたり洗濯するようの衣服を分けたりと

色々使えますので持っていくことに越したことはありません。

 

室内靴ですが、病院ではベッドに入る時に毎回靴を脱がなくてはいけないので

脱ぎやすい室内履きがあると便利です。

 

また病院の廊下はツルツルしていて普通のスリッパだと脱げやすいので、

裏側が滑りにくい靴だとなお良いです。

 

病院では病室にwifi環境が整っている所はあまりないので、

ネットをしたい方はwifi機器を持っていくのもおすすめです。

 

さらに病院は基本暇なので、

暇つぶしに音楽プレイヤーや携帯ゲーム機があるといいですね。



スポンサーリンク




入院時の持ち物を入れるバッグの大きさは?

では一週間入院する為に上記のものを入れるとして、

バッグはどれくらいの大きさのものを持っていけばいいのでしょうか。

 

大きさの目安

 

バッグ自体の大きさとしては、一週間の入院ならこれくらいの大きさで大丈夫です。

「よく見かけるボストンバッグの大きさ」ですね。

 

病室には収納スペースがあまりありません。

ですから、あまり使わない道具はバッグに入れておく事になります。

 

その時にバッグがあまりに小さすぎるとぎゅうぎゅうしてしまい

物を見つけにくくなってしまいますので、ある程度余裕のある大きさがおすすめです。



スポンサーリンク




関連記事:雨の日は髪の毛がボサボサ・チリチリ!簡単にできる湿気対策をご紹介!

入院時のバッグはキャリーケースでもいい?

一週間入院する時の持ち物を入れるバッグの大きさの目安として

ボストンバッグを挙げましたが、実は入院する時に入れていくバッグでおすすめなのは

「キャリーケース」です。

 

キャリーケース

 

大きさは、Mサイズもしくは4~7泊のものがおすすめです。

なぜキャリーケースがいいかと言えば、まず「キャスターがついている」からです。

 

入院して手術を受けたり治療を受けたりすると体力がどんどん落ちていきます。

そうすると退院する時、

肩からかけるボストンバッグでは身体にずしんと来てかなり負担がかかります。

 

ですがキャリーケースならコロコロと引っ張っていけばいいので体に負担をかけず、

よけいな体力も使わずに荷物を運ぶ事ができます。

 

次に「鍵がかけられる」事です。

 

入院すると、お風呂や歯磨き、また治療などでちょくちょく病室を空にする事があります。

 

個室ならそれでもいいですが、大部屋だと自分のスペースに

たくさん荷物を放置したまま行かなければいけませんので心配ですよね。

 

でも病室には鍵のついた収納は貴重品入れ用の小さなものしかありません。

 

そこに入らないものは普通にその辺に置いておくしかありませんが、

盗難される可能性もあります。

 

ですがキャリーケースなら鍵をかけられるので、

盗まれたくないものはとりあえずキャリーケースに入れて

鍵をかけてしまえば心配する必要もありません。

 

また、「中身が見やすい」のもキャリーケースをおすすめする理由の一つです。

キャリーケースは半分にぱかっと開くので、普通のバッグのように

ごそごそと探らなくても入っている物を一瞬で見つける事ができます。

 

このような理由から、入院する時に持っていく持ち物を入れていくには

ボストンバッグよりもキャリーケースがおすすめです。



スポンサーリンク




関連記事:風水で寝室のベッドの位置や向きはどうすればいい?ベッドカバーの色は?

まとめ

一週間と言えど、入院するという事は生活の拠点が変わるという事ですから大変な事です。

でも、しっかり準備していけばそれなりに快適に過ごす事ができますよ。

 

入院で逆にストレスを溜めて体調を崩さないように、しっかり準備していきましょう。