日本には季節の変化があるので、衣替えの必要があります。

 

ですが季節の境目と言うのは曖昧なので、

具体的にいつ衣替えをするのかというのは人によって様々です。

でも学校のような組織はそれでは困りますので、

きちんと衣替えの期間が決められています。

 

そこでここでは、学校の衣替えの時期がいつなのか、

春と秋について詳しく解説します。

 

学校の衣替えの時期について詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。



スポンサーリンク





一般的な春と秋の衣替えの時期はいつ?

学校の衣替えの時期がいつなのか、春と秋について詳しく解説する前に、

まずは一般的な春と秋の衣替えの時期がいつなのかについて説明しましょう。

 

まずは春からです。

 

春の衣替えは、春→夏への衣替えという事になります。

 

春と言うと薄手の長袖やカーディガンといった

寒さにも対応したやや暖かめの服装が多かったと思いますが、

夏になると完全に薄着であるTシャツやタンクトップなどガラリと服が変わります。

 

では、一般的には春の衣替えの時期はいつなのでしょうか。

 

そこで参考になるのが、暦の上での「衣替えの時期」です。

日本の暦上では、春の衣替えは6月1日が適切な時期だとされています。

 

確かに6月に入ると梅雨の時期になりムシムシした暑さが出てきて

夏が近くなってきているのを感じますよね。

 

6月1日という区切りもいい時期ですし

衣替えを決心するにはちょうどいい日にちかもしれません。

 

ただ、季節と言うのは3歩進んで2歩戻るというように徐々に変化していくものです。

 

「暑いな、もう夏かな」と思ったら急に寒さが戻ってきたりする事もあります。

ですからこの日に全ての洋服を変えてしまうという方はあまりいません。

 

よくある流れとしては、

暑くなったらとりあえずタンスの奥にしまい込んでいる夏物を1着取り出して着て、

それをしまわずに春物と併用しながら使って暑い時にまたそれを着る、または

また別の夏物を取り出して着る…という事を繰り返すと、

いつの間にか部屋には春物のほかに夏物の服が溢れてきます。

 

そして反対に春物は徐々に着なくなりますから、

早めに使わなくなってくる厚手の春物からだんだんとタンスにしまっていき

最後に衣替えと称して薄手の春物をしまい、

代わりにまだタンスにしまっている夏物を取り出すという感じです。

 

ですから季節がゆっくり変わるのと同じように、衣替えもゆっくりじわじわと行われます。

 

なお完全に夏になった時に最後まで残った薄手の春物をしっかりしまわないと、

年中色んな季節の服が出しっぱなしという事態になってしまいます。

 

次に秋です。

秋の衣替えは、夏→秋・冬への衣替えという事になります。

 

秋と言うと春と同じく薄手の長袖やカーディガンと言った服装が多かったと思いますが、

冬になるとセーターやコートなどこれまたガラリと服が変わります。

 

では、一般的には秋の衣替えの時期はいつなのでしょうか。

 

暦上では、10月1日が衣替えの適切な時期だとされています。

最近だと9月はまだまだ暑いですから、10月1日なら衣替えもしやすそうですね。

 

ただこちらも春の衣替えと同じで、

10月1日に一気に服を変えるという人はあまりいません。

 

10月1日にちょこっと秋冬ものの服を出して、夏物と併用しながらそれを着用し、

必要に応じてだんだんと秋冬の服をタンスから出していき、

完全に寒くなったら夏物をしまう、という感じです。

 

一般的な衣替えというのは、「この日に全部入れ替え!」というわけではなく、

実に間延びしたのんびりな衣替えと言う事ですね。



スポンサーリンク




衣替えの時期、学校はいつ?

一般家庭では衣替えの時期は好きにできますが、

学校では一種の統一性が必要なので

いつまでもダラダラと夏服・冬服が混合していたらしまりがないですよね。

 

ですから学校の衣替えの時期というのはある程度決まっています。

では学校の衣替えの時期はいつなのでしょうか。

 

学校では一般的に、春の衣替えは6月1日から、

秋の衣替えは10月1日からとなっています。

 

上記でも書いた通り、6月1日と10月1日は

日本の暦上でも衣替えの日として認識されているので、

学校もそれを根拠に従っているとされています。

 

ただ、これは昔の暦なので今の季節とは若干ズレており

「まだ寒いのにもう夏服?」や「まだ暑いのにもう冬服?」と

感じる学生も最近は多いです。

 

ですから6月1日、10月1日になったからすぐに衣替えをしろという事ではなくて、

6月1日、10月1日それぞれから2週間ほど猶予を取り、

その間は夏服と冬服のどちらを着てもいいというようにしている所が多いです。

 

また学校によっては夏服・冬服のほかに「合服(あいふく)」というものがあり、

春の衣替えの期間と夏の衣替えの期間の

「暑くも寒くない微妙な季節」に着る制服もあります。



スポンサーリンク




春と秋の衣替えに向けて制服はきちんと準備しておこう!

 

学校の春と秋の衣替えの時期はだいたい固定されています。

ですから後から慌てないように、

その時期が近付いたら制服を取り出してちゃんとチェックをしておきましょう。

 

服というのはしまったままにすると白いカビがついてしまったり

折りジワのようなものができたりする事があります。

 

「去年衣替えをして以降一度も来てないからキレイなはず!」と思って油断していると、

制服が汚れていてすぐには着れない状態だった、という事もありますので、

着る前にちゃんと取り出して確認する必要がありますよ。

体操服は衣替えがある?

 

学校の制服と言えば、通常の制服の他に体育の時に着用する「体操服」もありますよね。

 

体操服にはTシャツと短パンの他にだいたい校章の入った長袖のジャージも

セットでありますが、これらの衣替えはあるのでしょうか。

 

体操服に関しては、基本的には衣替えと言うのはないようです。

 

つまり暑い夏でも長袖のジャージを着ていいですし、

寒い冬にTシャツ短パンでもOKという事です。

 

運動をするという事が目的なので、個人が運動しやすい格好であれば

長袖でも半袖でもどちらでもいいという事ですね。

 

ただ、学校で規則が決められている場合は、そちらを優先しましょう。

関連記事:風水で枕の向きはどうする?恋愛運や金運をアップさせるには?

学校の衣替えと季節が合わない時は?

さきほども少し書きましたが、学校の衣替えと若干季節が合わない時もありますよね。

 

例えばまだ寒いのに夏服を着なくてはいけなかったり、

まだ暑いのに冬服を着なくてはいけなかったりする場合です。

 

そんな時は、まずインナーで調節しましょう。

寒い時期だと腹巻をしたり下着を重ねて着る事で体を温める事ができます。

暑い時期だと、汗を吸いやすい下着にしておくといいですね。

 

また、小物で調節するのも手です。

寒い時期はカイロやマフラーを着用し、

暑い時期はヒンヤリする汗拭きシートを使うと体温調整ができます。

 

ただ、あまりに気温差がひどい場合は先生に現状を訴えてみるというのも手ですね。

先生は制服を着ないので、制服を着ている生徒の実情があまり分かってない事もあります。

 

冷静にきちんと伝えれば先生たちも分かってくれますので、

インナーや小物で調節するどころではないという時は、

思い切って意見を言ってみましょう。



スポンサーリンク




関連記事:保温弁当箱の使い方!おかずやご飯の詰め方は?保冷もできる?

まとめ

学校の衣替えの時期は、だいたいは6月1日からと10月1日から始まります。

そして2週間ほど猶予があって、完全に次の季節の服へ移行します。

 

学校の衣替えの季節は事前に分かっている事なので、

その時期が近付いたら早めに次に着る制服を取り出してちゃんと

着ていける状態かチェックしましょうね。

 

キレイな制服で、気持ちよく新しい季節を迎えましょう。



スポンサーリンク