会社に新しく入社すると、多くの所で歓迎会が開かれます。

それ自体は嬉しいですが、色々と気を遣う事も多いですよね。

 

その気を遣うポイントとして、ひとつに「服装」があげられます。

歓迎会は楽しみなのに、服装に悩みすぎて行きたくなくなってしまう方も多いです。

 

そこでここでは、意外と難しい

新入社員での歓迎会での服装を、男性・女性別に詳しく解説します。

 

「もうすぐ新入社員の為の歓迎会があるけど、

どんな服装をしていけばいいか分からない!」と

悩んでいる方はぜひ参考にしてくださいね。



スポンサーリンク





新入社員の歓迎会の服装、何が大事?

春になると新入社員が入社し、色々な場所で新入社員の為の歓迎会が開かれます。

それ自体はありがたい事ですが、その時の服装というのは意外に迷ってしまいます。

 

会社では制服やスーツを着ておけば問題ありませんが、

歓迎会にそういうものはありません。

 

悩みに悩んだ末場違いな服を着て行ってしまい、

歓迎会のはずがなぜか冷めた目で見られる、なんて事になったらたまりません。

 

そこでここではまず、

新入社員の歓迎会で服装を失敗しない為のポイントを紹介します。

 

1.歓迎会が開かれる場所を確認する

まずは、歓迎会が開かれる場所を確認しておきましょう。

中小企業だと居酒屋も多いですが、大企業だとホテルという事もあります。

 

例え「私服でOK」と言われていても、居酒屋だとラフな格好でも大丈夫ですが、

ホテルだとそれなりの格好をしないと場違いになってしまいます。

 

ですからまずは場所を確認して、その場所に合わせた服装を選ぶようにしましょう。

 

2.基本は「清潔感のあるスッキリしたもの」にする

次に、服装は清潔感のあるものを選ぶようにしましょう。

 

例えばダメージジーンズやスニーカーは若干汚れたイメージがありますし、

ミニスカートや胸元が大きく開いた服は歓迎会では下品な印象を与えてしまいます。

 

また、服に装飾がゴテゴテついていたり柄があり過ぎるのも

見る相手の目がチカチカしてしまい、歓迎会ではあまりよくありません。

 

歓迎会に新入社員が着て行く服は、

できれば無地で、装飾の少ないスッキリした服がオススメです。

 

3.服装以外の身だしなみも忘れずに

最後に、服装の事ばかりに注意が向きがちですが、実はそれ以外の身だしなみも重要です。

 

それ以外というのは顔や髪、手先などです。

 

男性で言えば、まずヒゲはしっかり剃りましょう。

また、髪もある程度整えておく必要があります。

爪なども適度に切っておきましょう。

 

女性で言えば、その職種に合わせた化粧や髪型をする、

足が見える場合はすね毛を剃るなどです。

 

せっかく服装はしっかりしていても、顔や指に清潔感が無ければ

意味がありません。

 

その人の印象と言うのはトータルで決められるので、服装だけでなく

それに見合った身だしなみが必要になります。

 

新入社員の歓迎会でいい印象を与える為にも、

以上のポイントに注意してみてくださいね。



スポンサーリンク




新入社員の歓迎会、男性の服装は?

では、新入社員の歓迎会で、男性の服装について紹介します。

 

男性の場合、もし歓迎会の服の指定が特になく仕事場から直接歓迎会会場に行くのなら

「いつも着ているスーツ」で大丈夫です。

 

もし少しカジュアルな感じにしたいなら、

会社を出る時にネクタイだけ変えると良いでしょう。

 

ネクタイの柄が変わるだけでかなり印象が変わりますよ。

 

また、あまりありませんが歓迎会が休みの日に指定され

「私服で」と言われる事もありますよね。

 

そうなるとスーツで行くわけには行きませんからこれが意外に困ってしまいます。

ですが、そんな時にひとつ「無難な私服モデル」を覚えておけば怖くありません。

 

ではここでは歓迎会が多く開かれる居酒屋などにピッタリな

無難な私服モデルを紹介します。

 

・上着…無地のカーディガンや襟のついたジャケット

・上着の中に着るもの…無地のシャツやカットソー

・ズボン…チノパンやテーパードパンツ(足首に向けてやや細くなっているズボン)

・靴…革靴

 

このセットだと、誰が着ても清潔感が出ます。

 

ポイントは「無地」で、柄ものは合わせるのにセンスがいりますが、

無地だとだいたいどの色の組み合わせでもそれなりにいけます。

 

色合いが心配なら服を買う時に店員さんに相談する事をオススメします。

 

また、服装は小さ過ぎず大き過ぎず、

体にちょうどフィットしたものを選ぶようにしましょう。

 

私服は私服でも「外向けの私服」として1セット揃えておくと便利ですよ。

 

また、もしホテルなど少し格式高い場所で歓迎会が開かれる場合ですが

その時はほぼスーツを指定されるので迷う事はないでしょう。

関連記事:新入社員の残業時間の平均は?試用期間中も残業代は出るの?

新入社員の歓迎会、女性の服装は?

では次に、新入社員の歓迎会での女性の服装について説明します。

 

女性の場合も、仕事場から直接歓迎会会場へ行くのならスーツでOKです。

 

ですが、会社が終わったら一旦私服に着替える場合や

会社のない休みの日に歓迎会があり「私服でいいよ」と言われた場合は

スーツで行くことはできません。

 

女性の服装というのは男性に比べるとかなり多岐に渡るので、

どんな服装で行けばいいか正直迷ってしまいますよね。

 

新入社員の歓迎会では、実際どんな私服で行けばいいのでしょうか。

 

これは男性と同じで歓迎会が開かれる場所によっても若干変わりますが

もし場所が居酒屋などでしたら、「オフィスカジュアル」が基本です。

 

「オフィスカジュアルって具体的にどんな格好?」と思う方もいるかもしれませんが、

ドラマでよく、スーツでも制服でもなく

私服でオフィスの仕事をしている女性が出てきますよね。

 

そういう人たちの服装を見てみると

「こんな格好」とは一口には言えないくらい色々ですが

上下無地の落ち着いた服装で、ややドレッシーな服装をしています。

 

次にホテルなどやや格式高い場所で歓迎会が開かれる場合ですが、

その時は男性と同じくスーツが一番無難です。



スポンサーリンク




新入社員の歓迎会におすすめの服装

 

 

次に新入社員の歓迎会に参加する女性にオススメの服装を紹介します。

まずはこちらのガウチョパンツです

 

ガウチョパンツはかわいさと着やすさの良いとこ取りをしたパンツです。

しかもオフィスカジュアルとしてもいけるのでとても使い勝手の良い服装になります。

 

ガウチョパンツは有名モデルでもたくさんの方が着ているので

とりあえずこれを着ていれば「ダサくない」という印象を与える事もできます。

 

女性はファッションに厳しく、

派手過ぎてもいけませんが無難過ぎても

「ダサい」と切り捨てられてしまう事があります。

 

「無難に行きたいけどオシャレさも忘れたくない」という方は

ぜひこちらのガウチョパンツを選んでみてくださいね。

 

 

もし歓迎会に私服で行く時「スカートで行きたい」という場合は

長めのタイトスカートをオススメします。

 

歓迎会の多くは居酒屋で行われると思いますが、居酒屋では席の間が狭いので

ヒラヒラしたスカートだと相手に踏まれてしまう事があります。

 

無理に立ち上がろうとしてビリビリ…となったら目も当てられませんよね。

 

また、タイトスカートはひざを曲げると中が見えやすいので

長めのものを選ぶのがコツです

 

タイトスカート自体は相手にきっちりとした印象を与えるので

歓迎会に着て行くのには悪くないですよ。

ぜひ自分をうまく魅せる事のできる格好をしていってくださいね。

関連記事:新入社員の挨拶の例文!一言や歓迎会など場面別に解説!

 

 

オフィスカジュアルというと、服装同士の組み合わせを考えるのが難しいですよね。

そこでここでは、上で紹介した2つのボトムスに合うトップスを紹介します。

 

こちらはオフィスカジュアルに使えるブラウスです。

ボタンのないVネックが、自然な女性らしさを演出してくれます。

 

カラーも4種類あるので、自分に合った色を選ぶ事ができますよ。

 

また色合いが優しくデザインも大人しめなので

上で紹介したガウチョパンツにもタイトスカートにも合わせる事ができますよ。

 

もしオフィスカジュアルの服装で迷ったら、ぜひこの組み合わせを

検討してみてくださいね。



スポンサーリンク




関連記事:新入社員のボーナス、夏と冬の平均は?使い道でおすすめは?

最後に

新入社員の歓迎会は、

新入社員である自分が主役でありもてはやされる立場のはずですが

実際は「先輩方にいかに失礼にならないか」に気を遣わなければいけない

緊張する会合だと思います。

 

服装がスーツでいいなら問題ありませんが

「私服で」と言われると困ってしまいますよね。

 

しかし、どの歓迎会でも男性・女性ともに服装は

ある程度「暗黙の決まり」のようなものがあるので、それさえ守れば怖くありません。

 

今回挙げたポイントや服装の選び方に注意しながら服装を決めれば大丈夫です。

自信の持てる服装ができると、歓迎会を楽しむ余裕もでてきますよ。



スポンサーリンク