里芋が腐ると使えない?見分け方と判断の基準は?

カビのような臭いがする、腐った臭いがする、また柔らかくなっている場合、

こういった状態の場合は食べることはできませんが、

まだ食べられる状態であるにも関わらず、捨ててしまうことがあるので、

以下の状態の時には注意しましょう。

 

切った時に赤い斑点や筋がある

里芋の中に含まれる色素であるアントシアニンが酸化した状態です。

アントシアニンはポリフェノールの一種なので、食べることには問題はありません。

ただし風味が落ちてきている状態なので、早めに食べるようにしましょう。

少しであれば切り落としてから調理すれば問題ありません。

 

表面にカビが生えている

カビが少しであれば、皮をむいてみましょう。

中が黒くなっている場合は、カビが中まで浸食しているので、

食べられませんが、変色していないなら皮を厚めにむけば問題ありません。

 

煮た時に里芋が灰色になっている

里芋に含まれているシュウ酸が、アルミ鍋と反応して変色します。

シュウ酸は里芋のアクに含まれているので、

下ゆでの際に米のとぎ汁を使えば変色を防ぐことができます。

 

また里芋には独特のぬめりがあるため、

煮た際にぬめりが気になり、傷んでいる?と考えてしまうかもしれません。

特にカビや腐った臭いがしないのであれば、ぬめりは問題ありません。

 

下処理の際に、塩を使ってぬめりをしっかり取ることもできますが、

ぬめりがあると里芋の栄養が溶け出すことを防ぐことができます。

煮物に使う場合には、味を染みこませるためにぬめりを取りますが、

汁物を作る場合はそのまま使うのがおすすめです。


スポンサーリンク



関連記事:里芋が変色して紫や茶色に!原因や防ぐ方法は?

新鮮な里芋の見分け方!古いものを買わないコツ

里芋は土がついた方が保存にもいいのですが、実際土が一杯ついていると、

今度は傷んでいる状態がよく見えないということがあります。

袋に入っている場合も、新鮮なものがきちんと入っていればいいのですが、

表面からは分からない傷みのある里芋が混じっていることもあります。

 

ビニールに入っているものは袋に水滴がついていないものを選ぶ

里芋が入っている袋に水滴がついている場合、

袋詰めされてからかなり時間が経っています。

その水滴がカビにつながることもあるので、ついていないものを選びましょう。

 

選べるものの場合は里芋を持ってみる

皮や切り取った部分が乾いているものは、収穫から時間が経っています。

また逆に柔らかすぎるものは、中が傷んでいることがあるのでやめましょう。

表面にへこみや傷があるものも、中が痛んでいることがあります。

 

さらに里芋を買う時には、八百屋さんで買うのがおすすめです。

回転が速い人気店だと、古いものは残りません。

さらにお店の人も見分け方をよく知っているので、尋ねながら買うことをおすすめします。

 

里芋をたくさん洗う時に、手がかゆくなるという人におすすめの小型洗浄機です。

洗ったものを買うのもいいですが、安い時にまとめ買いをして、

一度に処理したい時に使ってみてください。

普段は土で汚れた靴下やTシャツを洗うためにも使えます。

関連記事:焼き芋に適したさつまいもの品種は?しっとり系やねっとり系のおすすめをご紹介!

まとめ

里芋が腐ってしまった時の見分け方や、

新鮮な里芋を購入するコツについてご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

 

豚汁や味噌汁、煮物にと幅広く使える里芋ですが、

皮をむくとあまり長くは保存できません。

下処理の済んだ里芋も販売されていますが、

旬の時期に土付きのものをいただくこともありますよね。

 

調理をしても早く傷んでしまうことがあるので、

カビ臭い臭いにも注意が必要ですが、下処理をした時にも

変な色になっていないか、柔らかすぎないかきちんと確認しましょう。

 

夏以外でも古いものを食べると食中毒の危険がありますので、

今回ご紹介した注意点を踏まえて、

美味しく里芋を料理して食べてみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク


PAGE 1 PAGE 2