毛の生えたような皮を持つ里芋は、

栄養満点でダイエットにも効果的な優秀な食材です。

ジャガイモなどと比べると若干地味なイメージがあるかもしれませんが、

東北に古い歴史を持つ「芋煮会」という伝統的な行事もあり、

里芋は日本人の食卓に古くから並んでいた食材でもあります。

 

芋煮会というように、

里芋の煮物はホクホクでとてもおいしいですよね。

でも里芋って保存が難しく、

気がついたら変色していることが結構あるんですよね・・・

 

今回は里芋が茶色などに変色しても食べることができるのか、

そして里芋が変色してしまう原因などついてまとめてみました!

 

買ってきた里芋が食べられるかどうか心配な場合など、

参考にしていただければ幸いです。


スポンサーリンク


里芋が変色して茶色になっても食べられる?

里芋を買ってきてしばらく保存した後、

いざ皮を剥いてみたら茶色く変色していたという経験はありませんでしょうか?

 

里芋が茶色く変色している場合、

長期保存によって里芋の栄養素が壊れてしまっている状態です。

それでも栄養素が壊れているだけなので、

里芋が茶色く変色している場合でも食べることはできます。

 

しかし茶色く変色している部分は里芋の水分も抜けてしまっているため、

硬くてえぐみも強くお世辞にもおいしくとは言えない状態です。

 

鮮度の高い里芋を煮るとホクホクとしていておいしいですが、

茶色く変色した里芋は残念ながら煮ても柔らかくはなりません。

食べられないわけではありませんが、

茶色く変色してしまっている部分は切り落として食べない方がいいですね。

 

里芋の変色は皮を剥いたときにわかる場合がほとんどですが、

鮮度が落ちてしまっているだけで食べられる場合がほとんどです。

 

ただし里芋全体にベタベタしたヌメリがある場合や、

異臭がする場合には痛みが進んでしまっているため食べることができません。

 

また里芋の皮を剥いて冷蔵庫に保存していた場合は、

里芋の表面全体が赤く変色してしまっていると食べない方が良いと判断できます。

 

どのような場合でも里芋の変色は鮮度の低下を表していますので、

できるだけ早めに食べるように心がけましょう。


スポンサーリンク



調理している最中に里芋が紫に変色してしまった!

里芋といえばやはり煮っころがしがおいしいですよね。

しかし里芋の皮を剥いて茹でていると、

だんだん紫色に変色してしまう場合があります。

 

最近は紫キャベツなどの色の濃い野菜を見かけることは多いですが、

調理中に紫色に変色するとびっくりしますよね・・・

 

里芋が紫色に変色してしまう理由は、

里芋に含まれる「タンニン」というポリフェノールが

熱によって化学変化を起こし変質することが原因です。

 

タンニンは茶葉や柿に多く含まれており、

苦味や渋みの原因となる成分です。

苦味と聞くと多少食欲が削がれますが、

このタンニンは抗酸化作用や整腸作用のある栄養素のため、

美肌効果や便秘改善などの効能があります。

 

タンニンは苦味の原因と言いましたが、

タンニンは水に溶けやすく、

調理の過程で里芋に含まれるタンニンはほとんど別の物質に変質します。

 

このタンニンは鉄分と結合しやすい性質がありますので、

鉄鍋などで調理をしていると鍋の鉄分と結合して変色の原因となるということです。

 

調理中に同じように変色する食材としては「さつまいも」や「ごぼう」があり、

どちらの食材にもポリフェノールが豊富に含まれています。

どの食材もその食材がもつ栄養素と調理器具の鉄分が反応することで変色するのですが、

変色する色も黒や緑など様々です。

 

調理中の変色を防ぐことは中々難しいのですが、

それでも里芋を米の研ぎ汁で下茹ですることで調理中の変色を防ぐことができます。

さらに米の研ぎ汁で下茹ですると変色を防げるだけでなく、

里芋の持つ独特のぬめりも抑えてくれるのでたいへんおすすめです。

またタンニンは鉄分と反応するため、

鉄鍋の変わりにテフロン加工された鍋を利用することも変色を防ぐことに有効です。

煮物にぴったりのサイズのテフロン加工鍋!

煮物以外にもラーメンなどちょっとした煮込み料理にも便利な大きさです。

煮込みに使えるような大き目の鍋は重くて洗いづらいものが多いでが、

こちらはアルミ製なので軽くて洗いやすいのもおすすめなポイントです!

 

いづれにしろ調理中に里芋が変色してしまう原因は、

里芋に含まれる栄養素の化学反応です。

多少見栄えが悪いかもしれませんが、

里芋の味に影響はなく問題なく食べることができますのでご安心ください。


スポンサーリンク



続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2