芋類の一つである里芋は、煮物や味噌汁の具によく使われますが、

皮がむいてあり、下処理された状態のものや、茹でて冷凍したものなどが多く、

皮付きのものを買う機会は減っています。

 

ただお正月などおめでたい席の料理に多く使われる里芋は、

加工されているものよりは土付きの方が価格が安く、

たくさん購入できるのでお得です。

 

そうはいってもたくさん購入した時に心配なのが、

いつまで保存が可能なのか、また腐った時はどう見分ければいいのかということです。

臭いがなくても大丈夫かどうか判断できないこともありますし、

勘違いして、せっかく処理した里芋を捨てることになるのも困ります。

 

そこで今回は里芋が腐った時にはどうなるのか、

判断するポイントについて詳しくご紹介します。


スポンサーリンク


里芋はどれぐらい保存が可能?

里芋は保存の仕方によって、保存できる期間が変わります。

 

里芋はその名前の通り、芋の仲間です。

原産はインドからインドシナの温かい地域で、じゃがいもやさつまいもよりも

日本では多く使われていました。

 

里芋にかかわらず、野菜は保存の時に、育った環境と同じような状態、

さらに植えてあった時に近い置き方で保存すると、長く保存することが可能です。

里芋の場合は、土に埋まっている状態が自然に近いため、

この方法だと1ヶ月ほど保存が可能となります。

逆に土を取り、皮をむいてしまうと1週間ほどしか保存できません。

 

ベストな保存の仕方としては、

調理するまでは土がついた状態で、風通しのいい冷暗所に保存し、

調理をする場合はまず下処理をすることです。

冷蔵庫での保存は、土がついていても1週間ほどしかできませんので、

皮をむいて下ゆでをし、冷凍しておくと1ヶ月ほど保存ができます。

 

里芋は温かい地域の野菜で、さらに乾燥に弱いため、

冷蔵庫にそのまま保存すると傷みが早くなります。

常温で保存する場合も、新聞紙などに包むと乾燥が防げます。

 

アクが強いので、面倒でも下処理の際に茹でておくと、

すぐに調理することができ便利です。

もちろんアク抜きをせず、皮をむいて生のまま冷凍しても問題ありません。


スポンサーリンク



里芋は腐るとどうなる?臭いで分かる?

里芋は常温保存が可能ですが、

最近の住宅は気密が高くなっているため、風通しがあまり良くありません。

そのため、保存の場所によっては知らないうちにカビが生えたりすることがあります。

里芋は品種によって旬が違い、1年を通して食べることができますが、

特に湿度が高くなる夏場には、早く傷んでしまうこともあります。

 

お店に並んでいる時点で、収穫から時間が経っているものもあるため、

できるだけ購入する前に新鮮なものを選ぶのが一番ですが、

ビニール袋に入っている場合は、臭いを確認したり触ることが難しい場合もあります。

 

ビニール袋を開けて、カビ臭い臭いがした場合はかなり古くなっていますので、

可能であればそのままお店で交換してもらうことをおすすめします。

また見た目で外側の皮が黒ずんでいる場合も、傷みが進んでいます。

中が腐ると臭いだけでなく、持ち上げると柔らかくなってしまいます。

皮をむいた状態でも、柔らかくなっていたら腐っていると考えましょう。

 

また里芋を切った時に、中が変色している場合も、腐っていると判断できます。

変な臭いがしなくても、色や手触りでも傷んでいることは判断できますので、

痛んでいる場合は食べないようにしましょう。

 

調理しても保存できるのは冷蔵庫で2日ほどなので、

この場合も早く食べることをおすすめします。


スポンサーリンク



続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2