暖かくなってくると悩まされるのが、庭の雑草ですよね。

雑草が伸びてくると景観も悪くなってしまいますし、

自分の育てている花や木の栄養も雑草に奪われてしまいます。

 

生えてくる度に抜いているという方もいるかと思いますが、

何度も続けていると腰や膝にも負担ですし、時間も勿体ないと感じてしまうはず。

かといって、放置しておくと範囲も広がり背もどんどん高くなってきて、

いよいよ手が付けられなくなってしまいます。

そこで登場するのが除草剤なのですが、除草剤の撒き方にもポイントがあります。

 

特に、雨の日は除草剤の撒き方に気をつける必要があります。

そもそも雨の日に除草剤を撒いても効果があるの?と疑問に思う方もいるでしょう。

今回は、雨の日の除草剤の効果について解説し、

雨上がりや雨の前に散布するときのポイントを紹介していきます。

今年は上手に除草剤を使って、ストレスフリーなときを過ごしましょう。



スポンサーリンク





除草剤は雨の日に撒いても効果があるの?雨の前でも大丈夫?

まずは、除草剤のタイプを押さえておきましょう。

大きく2つに分かれます。

 

1つは液体タイプの除草剤です。

シャワーのように雑草にかけることで葉っぱから除草成分を吸収させます。

除草剤が触れた部分から枯れていき、即効性があるのが特徴です。

既に生えてきてある程度の高さのある雑草に使うのが一般的とされています。

 

もう1つは顆粒タイプの除草剤です。

土に撒くことで雑草の根から除草成分を吸収させるものです。

生え始めの雑草や、ここには雑草が生えて欲しくないと言うところに撒くものです。

速効性はありませんが、半年から1年ほどという長続きする効果が特徴です。

 

このように、一口に除草剤と言っても、微妙に使い道が違うのです。

どちらのタイプが良いというものではなく、

自分の庭の状況に合わせて使い分ける、あるいは組み合わせるというのが正解です。

 

そして、肝心の除草剤は雨の日に撒いても効果があるのかという点についてですが、

使い方を間違えなければどちらも効果はある!と言えます。

 

まずは液体タイプの除草剤ですが、これは葉っぱから吸収させるというものなので、

雨の降っている最中に撒いてもすぐに洗い流されてしまい、効果は半減してしまいます。

しかし逆に言えば、葉っぱに吸収されたあとなら

いくら雨に濡れても除草効果は得られます。

 

除草剤の説明文にはどれくらいの時間で葉っぱに浸透するのかが書いてあるはずですので、

天気予報を事前に確認して、雨の前にその浸透時間が経過するように

計算して散布するようにしましょう。

3時間~6時間程度が一般的です。

 

続いて顆粒タイプの除草剤の場合ですが、

こちらは土に溶け込んで雑草の根から吸収させるものになりますので、

葉っぱが雨に濡れても除草効果に関係はありません。

弱い雨ならば、撒いても全く問題はありません。

 

しかし、大雨となると土に溶け込んだ除草剤も広範に流れてしまうので、

予想していなかった範囲にまで影響が出てしまうことがありますので注意が必要です。

今後予想される雨量を勘案しながら、撒くかどうかは判断しましょう。

 

雨の日でも、除草剤のタイプと撒き方を心得ておけば問題無く除草剤は使えます。

しかし、梅雨のような雨の降りやすい時期は、

顆粒タイプの除草剤を用意しておくのが無難と言えるでしょう。



スポンサーリンク




除草剤を雨上がりに散布するときのポイントを紹介!

続いては、雨上がりに除草剤を撒くときのポイントを紹介していきます。

 

まず大前提としてですが、雨上がりであれば水が引けていなくても

液状タイプ、顆粒タイプもどちらの除草剤も使って大丈夫です。

また、顆粒タイプの場合は雨上がりの湿った土の方が浸透しやすく、

より効果が高まると考えられますので、むしろ雨上がりはチャンスと言えます。

 

それでは雨上がりに除草剤を撒くポイントですが、

顆粒タイプなら雨上がり後すぐに撒く、

液状タイプなら夕方以降よりは朝に撒くというのが重要です。

 

顆粒タイプは先ほど解説したとおり、雨上がりはむしろ好機です。

雨が上がったと思ったら、逃さずに撒きましょう。

ただし、その後も大雨が予想される場合は注意してください。

 

液状タイプを使用するという場合なら、

もし雨が上がったのが夕方以降ならば、除草剤を撒くのは次の日の朝にするのが無難です。

なぜなら、夕方以降に撒いても

夜霧や朝露で除草剤が流されてしまうかもしれないからです。

 

ただ、製品によっては1時間程度で除草効果を十分発揮してくれるものもありますので、

その場合は散布しても問題無いでしょう。

 

また、真夏の昼間など暑すぎる日も、液状タイプの場合は注意が必要です。

気温が高いとあっという間に除草剤が蒸発してしまい、

効果を十分発揮しないことがあるからです。

雨上がりでも少し涼しい時間を狙って撒くと効果を発揮しやいでしょう。



スポンサーリンク




関連記事:毛虫が大量発生する時期や原因は?駆除対策や予防についても徹底解説!

雨の日、雨の前でも高い効果を発揮するおすすめ除草剤を紹介

ラウンドアップ マックスロードAL

枯れ始めが早く、その後根までしっかり枯らす高い除草効果が特徴です。

散布した翌日から、除草効果が出始めます。

薄める必要がなくそのまま使えるシャワータイプなので

手間がなく初心者にも扱いやすいのが嬉しいですね。

 

散布後1時間もすれば雨に濡れても除草効果を十分発揮してくれるので、

雨が降りそうだけど今日しか撒く時間がない、という方でも安心です。

また、安全性も高く、散布後に土を悪くすることもありません。

一家に1つあれば、雑草に悩まされることはないでしょう。

 

ネコソギ ガーデンシャワー

こちらも薄めずに使えるシャワータイプの除草剤です。

土中ではすぐに成分が分解されるので、狙ったところだけ除草できます。

木の周りにも使えるので、庭の整理にはもってこいですね。

また、除草剤特有の嫌な臭いもほとんどないので、

撒いている間のストレスも非常に少なくてオススメです。

関連記事:蚊の対策!庭・屋外ではハーブが効果的!犬や赤ちゃんにも安心?

カダン除草王 粒タイプ

こちらは顆粒タイプの除草剤になります。

様々な雑草に効果があり、効果は6ヶ月も継続します。

雨上がりの湿った土に撒くときは、このような顆粒タイプがオススメです。

 

1平方メートルあたり30g程度と、扱いやすい適量で良いのが使いやすいです。

既に生えている雑草に撒くだけでなく、

雑草が生えてきて欲しくないところに予防的に撒いておくのもオススメですよ。



スポンサーリンク




関連記事:除草剤の使い方!時期や顆粒・液体のタイプ別に詳しく解説!

まとめ

除草剤を撒いた後に雨が降ってしまうと、「また撒き直しか…」と思ってしまいがちですが、

製品によっては、そのままでも十分効果を発揮してくれる場合があります。

まずは除草剤を撒く前に、除草剤の説明文と天気予報を

しっかりとチェックしておきましょう。

 

また、顆粒タイプの除草剤の場合だと、

完全に乾いた土よりも少し濡れている位の方が効果を発揮しやすいですので、

雨の前や雨上がりに撒いてもあまり問題はありません。

ただ、大雨の際は注意が必要ですので、どちらにせよ天気予報は参考にしましょうね。

 

正しく除草剤を使って、雑草処理を効率良く進めましょう。



スポンサーリンク