結婚式ではご祝儀を準備しますが、

そのご祝儀はふくさと呼ばれる袋に包んでいきますよね。

 

ふくさの色と言えば結婚式はおめでたい赤色をイメージしますが、

葬式関係にも使える黒色や紫色のふくさでも大丈夫なのでしょうか。

またふくさは女性が包んでいるイメージがありますが、男性も必要なのでしょうか。

 

そこでここでは、結婚式のふくさの色は一般的に何色なのか、黒色や紫色でもいいのか、

また男性も必要かなどを説明します。

結婚式のご祝儀のふくさについて悩んでいる方は、ぜひ参考にしてくださいね。



スポンサーリンク





結婚式のふくさの色は何色?

結婚式ではご祝儀をふくさに包んでいきますが、

結婚式ではどんな色のふくさで包むのがマナーなのでしょうか。

 

実は結婚式のふくさの色は「この色」と決まっている訳ではなく

「暖色系」の色なら何でもOKです。

 

暖色系とは、「見た感じ暖かい印象を持つ色」の事です。

 

具体的な色を挙げるなら

赤やピンク、オレンジ、黄色などが暖色系に当たります。

確かにどれも暖かそうな感じがしますよね。

 

さらに見た目が明るく暖かな感じであれば、水色や緑色でも大丈夫です。

 

また、お金を包むと言えば葬式の香典もそうですよね。

香典もふくさに包みますが、その時の色は暖色系とは逆で「寒色系」の色を使います。

 

寒色系とは、「見た感じ冷たい印象を持つ色」の事です。

 

具体的な色を挙げるなら

紺、グレー、紫などが寒色系に当たります。

 

また先ほど挙げた水色や緑色も、

冷たい印象を持つ色合いなら葬式など弔事用の色になります。

結婚式などの慶事に葬式などの弔事用の色のふくさを持って行かないよう注意しましょう。



スポンサーリンク




関連記事:葬式のハンカチの色は?白でもいい?男性と女性で違う?

結婚式のふくさの色、黒や紫でも大丈夫?

もし結婚式の前にお葬式を経験している方なら、

先に葬式用に用意したふくさを持っている方も多いです。

 

その時は、黒色や紫色のふくさを購入した方も多いと思います。

 

ふくさは結婚式か葬式関係でお金を包む以外にはなかなか使い道がないので

できればそれを併用したいですよね。

 

でも、葬式用に用意したふくさを結婚式に使ってもいいのでしょうか。

答えは「大丈夫」です。

 

ふくさは結婚式用も葬式用もデザインはほぼ一緒なので

葬式用に用意したふくさに結婚式のご祝儀を包んでも大丈夫です。

 

ただひとつ注意しなければいけないとすれば、ふくさの「色」です。

 

上記では、「結婚式のご祝儀を包むふくさの色は暖色系がマナー」と書きましたが、

葬式用に購入したふくさの色は黒や紫が多いと思います。

 

では、黒や紫は暖色系になるのでしょうか。

 

まず紫について言えば、紫は暖色系・寒色系どちらにも属するとされるので

暖色系にも当てはまります。

また、日本では紫は「高貴な色」とされているので

結婚式のふくさの色としては問題ない色です。

 

次は黒です。

黒は暖色系とは言えないのですが、

黒色は晴れやかな卒業式の服の色にも使われますし、

結婚式に参加する女性も黒系のドレスやスーツを着ている事がありますよね。

 

ですから黒もおめでたい席でも使用される色なので、

実はふくさは黒色でも問題ありません。

 

ですが、「黒色は葬式色」と考えている人もいますし、

実際結婚式で真っ黒のふくさを出されると

スケ感のあるドレスや華やかなコサージュを付けるスーツと比べて重たい感じがします。

 

ですから黒色をふくさとして使用したい場合は

そこに白いパールなどの煌びやかな宝飾がつけてあったり

鶴やカメなどのおめでたいイメージのある刺繍がしてあったりしているものなら

誤解を与えずに済みますよ。

関連記事:袱紗はどこで買える?100均やコンビニに売ってる?

ふくさは男性でも必要?

ふくさと言えば女性が使っているイメージを持っている方もいますが、

結婚式でご祝儀をふくさに包むのは男女に共通するマナーです。

ですから男性も必要になります。

勿論結婚式だけでなく、葬式で香典を包む時も必要です。

 

特に葬式などの弔事は突然来る事も多いので、

ふくさを持っていない男性の方は、ぜひ準備しておきましょう。

 

その時は、結婚式にも弔事にも使える紫色のふくさを用意しておくと

どちらにも使えるので便利ですよ。



スポンサーリンク




関連記事:天赦日と寅の日2018年はいつ重なる?入籍や財布・宝くじの購入にベスト?

結婚式にオススメのふくさ♪

ではここで、結婚式にオススメのふくさを紹介します。

 

ふくさは、結婚式などの慶事用の色と葬式などの弔事用の色の2種類が

ありましたよね。

 

という事はふくさは2枚必要という事になりますが、

「滅多に使わないふくさは、1枚で済ませたい」と思う方もいると思います。

 

そこでオススメなのが、こちらの紫のふくさです。

 

紫のふくさは慶弔両方に使う事ができますので

これ1枚あれば事足りますよ。

 

デザインもかなりフォーマルなので「無難なものがいい」という方にもオススメです。

 

また布地がちりめん製なので手触りもよく、

見た目にも優しい印象を与えます。

 

 

「ふくさの色は慶弔両方に使える紫にするつもりだけど、

デザインは無難なものより少しオシャレな感じのものがいいな」

と思う方もいると思います。

 

そんな方にオススメなのが、こちらのふくさです。

 

こちらも紫で結婚式にも葬式にも使えるふくさですが、

フタの所に花びらの柄が入っており、目を引くワンポイントになっています。

 

先ほど紹介したふくさより少しだけオシャレになっていますので

「無難過ぎるのもちょっとなあ…」と考えている方にはぴったりのデザインだと思います。

値段も安いので財布にも優しいふくさですよ。

 

 

ここからは、結婚式など慶事専用のふくさを紹介します。

 

装飾としてレースが好きな女性は多いと思いますが

こちらはそのレースでできたとても華やかなふくさです。

 

女性の場合、結婚式に参加する時にレースがあしらわれたドレスを着る事もありますよね。

そんな時にこのふくさを使うと、ドレスとお揃いになってとてもステキに見えますよ。

 

またドレスの柄とは違っても、レースがとても目を引くので

持っているだけでその場が明るくなります。

女性らしい華やかさを演出したい時は、ぜひこちらのふくさを選んでみてください。



スポンサーリンク




関連記事:結婚式のボレロの色のマナー!黒や白はだめなの?

まとめ

結婚式のふくさの色は「暖色系」が基本ですが、

葬式用のふくさもデザインや機能はほぼ同じなので、

先に葬式用にふくさを購入していたら、それを使える場合もあります。

 

その時は色に注意しましょう。

 

結婚式にも葬式にも使える色は「紫」です。

黒も使えない事はないですが、結婚式ではやや重たい色なので

パールや刺しゅうなどの装飾が入っているものの方がいいですね。

 

また、ふくさにお金を入れた袋を包むのは男性女性共通のマナーです。

「男性だから大丈夫」という事はないので、

持っていない方はきちんと事前に準備しておきましょうね。



スポンサーリンク