夏といえばプール!

ご家族やお友達で楽しくワイワイ楽しみたい!

・・ところですが、水着で遊ぶことに

躊躇してしまう場合もありますよね?

 

体型が気になる!オシャレな水着を持っていない!

日焼けするのがどうしてもイヤ!

肌を露出するのが純粋にイヤ!

また、実はタトウーが入っている・・などの

場合もあるかもしれません。

 

そこで、名案!プールにTシャツを着たまま入る!

 

とはいえ、プールでTシャツを着るのはアリ?

プールってTシャツを着たままで入水できるの?

 

今回はそんな疑問を徹底調査!

プールにTシャツを着たままで入るのは禁止なのか

また、海の場合はどうなのかを調べてみました。


スポンサーリンク


プールにTシャツを着たままで入るのは禁止?

 

プールには行きたいけれど

水着姿になるのがイヤ、無理。

・・そう、感じるのには様々な理由がありますよね。

 

そこで「水着の上からTシャツを着ればいいのか!」

 

名案な気もしますが

プールにTシャツを着たままで入るのは

どうなのでしょうか。

Tシャツのままプールに入水できる?

 

調べてみたところ、多くのレジャープールの場合

プールサイドでTシャツを着るのはOKでも

「Tシャツを着たままで入る=プールに入水する」ことを

禁止していることが多いです。

 

中には「Tシャツのままプールに入水してもOK」

または「プール用に用意したTシャツであれば

Tシャツで入水してもOK」としているプールも

あるようですが、そもそも、Tシャツを着たままで

プールに入ってしまったら、動きにくいですよね?

 

Tシャツが水を含んで重たくなってしまう上に

 

Tシャツの素材によっては透けてしまう

綿素材のTシャツは濡れると乾きにくい為冷える

Tシャツを着たままで入るとプールのフィルターにゴミが付着しやすくなる

プールの塩素などでTシャツが汚れる

 

などの理由から

プールにTシャツを着たままで入るのは

避けた方がいいそう。

 

また、「プール用に用意したTシャツなら入水OK」と

されていても、プール用に用意したTシャツなのか

家から着てきたTシャツなのかって判別しにくく

プール用に用意したTシャツで入水していたのにも関わらず

注意されたケースもあるそうです。

 

ただ、多くのレジャープールの場合

Tシャツを着てプールに入場はできるようなので

例えばお子さんと一緒の場合、

プールサイドでTシャツを着てお子さんの様子を

見守るなどの場合はOK!

プールに入水する際に、Tシャツを脱げば問題ないようです。

 

なお、プールといっても様々な種類があり

市民プールやジムのプールなどでは

Tシャツを着てプールに入場することも

禁止していることもあるそうなので

注意が必要なようですよ。


スポンサーリンク



関連記事:犬と川遊びできる東京の穴場スポットはココ!

プールにラッシュガードを着たままで入るのは禁止?

体型カバーや日焼け予防に名案と感じた

「プールでTシャツのまま入水すること」は

禁止されていることが多く、禁止されていなくても

色々な面から避けた方が望ましいようでした。

 

さて、困った・・プールは諦める?

 

実は、諦めるのはまだ早い!

Tシャツは無理でもラッシュガードと呼ばれる

衣料があるってご存知ですか?

 

私、恥ずかしながら全く知らなかったのですが

ラッシュガードなら、プールに着たままで

入ることが可能なようです。

 

ラッシュガードとは、Tシャツとは違って

サーフィンなどのマリンスポーツ用のウエアとして

作られたもので、ラッシュとはサーフィン用語で

「擦り傷」を意味し、擦り傷から守る(ガード)為の衣類になり

水着と判断しているプールが多いそう。

 

着用してプールに入水しても

問題ないとされているそうです。

 

例えば、今人気のラッシュガードはこちら!

 

可愛い種類がたくさん!

サイズやカラー展開が豊富なラッシュガードです。

 

普通に街中でも着られちゃいそうですよね。

体型カバーや日焼け予防はもちろん

水陸両用で速乾性に優れているので

プールに入ってもすぐに乾きます。

 

プールだけでなくトレッキングや

キャンプ、ウォーキングなどにもピッタリ!

 

Tシャツのように透ける心配がないのも

安心ですよね!

オシャレなラッシュガードで

心置きなくプールを楽しんじゃいましょう。

 

また、水着とセットになっている

ラッシュガードもあるようです。

 

ジップアップで着脱が簡単な

ラッシュガードです。

同じ柄のビキニやラッシュパンツと

セットになっているので

コーディネートを考えなくてもOK!

 

縦に柄の切り替えラインが入っているので

細見え効果も期待出来ちゃいます。

 

今年水着を新調するつもりだったら

ぜひ、おすすめですよ!

オシャレな水着とラッシュガードで

プールタイムをエンジョイしてくださいね。

 

ただ!

 

水中に着たままで入ることを

前提としているラッシュガードはありますが

プールによっては、入水する際に

事前に注意が必要なケースもあるようです。

例えば、

 

「入水の際は水着着用」と指定しているプールの場合は

ラッシュガードであっても着たままで入ることを禁止している

 

パーカータイプのラッシュガードは

安全の面から、着たままで入ることを禁止している

 

ジムや市民プールなど、泳ぐことを目的としたプールの場合は

ラッシュガードを着たままで入ることを禁止している

 

スライダー系プールを利用する際は、滑りが悪くなる為禁止している

 

などの場合があるそう。

 

入水は禁止されていても

プールサイドで着ている分にはOKのことが

多いようですが、事前にプールに問い合わせておくと

安心かもしれませんよね。

 

また、タトゥーが入っている場合は

どのレジャープールでも

Tシャツはもちろんラッシュガードを着ても

入場自体が禁止されていることが多いです。

 

肌色のテーピングなどで隠しても

入場できないことが多く、テーピングの上から

Tシャツやラッシュガードを着て、プールに

入場する方もいるようですが、衣類からタトゥーが

見えてしまっては入場禁止となるようです。


スポンサーリンク



関連記事:プールで財布はどうする?貴重品管理におすすめの防水ケースもご紹介!

プールにパレオを着たままで入るのは禁止?

プールにTシャツ、ラッシュガードを着たままで

入るのはどうなのか、それぞれ見てきました。

続いて見ていくのは、パレオ!

可愛いパレオはどうなのでしょうか。

 

パレオとは、腰に巻きつける布ことを言うのですが

ビキニ&カラフルなパレオスタイルって

体型カバーにもなるしとってもオシャレですよね!

 

気軽にササっと着脱できるのも

嬉しいところですが、残念ながら

多くのプールは、パレオを着たまま

入水することを禁止しているようです。

 

パレオを着たままで入ると

 

泳げない

水を含み重たくなる

すぐに外れてしまう

 

などの理由から

禁止しているプールが多いようです。

 

ただ、特にレジャープールなどの場合は

「プールへの入水は禁止していても

プールサイドではOK」としている場合も多いそう。

 

また、パレオでの入水は禁止でも

こちらのサロペットと呼ばれる

オシャレな水着なら、プールサイドはもちろん

着たまま入るのもOKなようです。

 

 

 

可愛い洋服感覚で楽しめる

水着と同じ素材のロンパースタイプの水着です。

 

プールに着たままで入ることも出来ますし

プールサイドで休んでいる時に着ても

オシャレで可愛いですよね。

 

パレオでのオシャレは無理でも

こちらの水着でオシャレを楽しむことは

できるようです。

 

ただし、やはり先ほどのラッシュガードと同様に

プールによっては禁止している場合もあるので

必ず事前に確認するようにしてくださいね。


スポンサーリンク



関連記事:犬と川遊びできる神奈川のおすすめ穴場スポット!

海にTシャツを着たままで入るのは禁止?

さて、プールにTシャツを着たままで入るのは

難しいことが多いようでしたが

海はどうなのでしょうか。

 

海の場合、砂浜などで休んでいる方は

よくTシャツを着たりしていますよね?

で、そのまま海に入ってもOKなのでしょうか。

 

答えは、海の場合は入水OK!

 

に、なるそうです。

 

実は、海はプールと違って

Tシャツを着たままで入る人も

けっこう多いのだとか。

 

例えば、沖縄では現地に住んでいる方の多くは

海にはTシャツを着たままで入るそう。

水着で海に入る人は、ほとんど観光客になるそうです。

ちょっと、意外ですよね?

 

ただ、やはりTシャツは濡れると

重たくなってしまうなど不便なことも多く

Tシャツはきちんと選んだ方がいいそう。

具体的には

 

海やオイルで汚れる可能性があるのでお気に入りのTシャツは避ける

 

白やピンク色で薄手のTシャツだと濡れて透けてしまうことあるので

黒や紺などの濃い色で厚手のTシャツにする

 

綿素材のTシャツは乾きが遅く、体が冷えてしまうので

ドライ素材のTシャツにする

 

大きいTシャツだと体にまとわりついて動きにくくなるので

体にフィットしているTシャツにする

 

などに注意してTシャツを選ぶといいそうですよ。

海はプールと違いTシャツでもOKなのですね!

 

ただ、動きやすさ等を考えると

Tシャツではなく、先のラッシュガードのような

プールでも着られるタイプのものを

ひとつ用意しておくと

プールでも海でも、存分に楽しめそうですよね。

まとめ

プールや海にTシャツを

着たままで入るのは禁止なのかを

見てきました。

 

海はTシャツでも入水がOKなど

規制が少なく楽しめるようですが

プールの場合は、入場はOKでも

入水については注意が必要なことが

多いようでしたよね。

 

禁止事項はプールによってそれぞれ異なるので

出掛ける前に事前に確認しておくと安心ですよね。

 

しっかりと準備をして、プールや海で

楽しい思い出をたくさん作って来てくださいね!


スポンサーリンク