格安航空の代名詞と言っても過言ではないほどの

人気と知名度を誇るジェットスターですが、

食べ物や飲み物を機内持ち込みすることは可能なのでしょうか?

可能な場合、国際線と国内線での違いはあるのでしょうか?

 

今回は、そんなジェットスターに関する疑問にお答えします!


スポンサーリンク


ジェットスターの機内持ち込みで食べ物や飲み物はOK?

ジェットスターは機内食がない!

ご存知の方も多いと思いますが…

そもそもジェットスターをはじめとする格安航空会社では機内食が出ません。

機内食が食べたい場合はオプションとして別料金を払います。

 

基本料金の安い格安航空会社では

機内食や機内での飲み物やお菓子の販売は、かなり大きな収入源となります。

ですから、お値段も高めです。

 

ジェットスター国際線で機内食を追加した人の話によると、

メインミールとライトミール計2回の食事で

お値段は約2400円くらいだったそうです。

1食1200円…安くはないですね。

 

味については美味しいという人もいれば美味しくないという人もいます。

大手航空会社の機内食と変わらない、という評価をしている人もいました。

好みの問題といったところでしょうか?

 

ちなみに機内食のメニューは結構豊富で、

行き先によって変わる各国の料理からベジタリアン専用メニューまであります。

朝はパンやシリアル、フルーツなど、

お昼や夜は豪華に肉料理やスープなどが提供されます。

 

もちろん、日本人に合うようなごはんにお味噌汁もありますし、

軽食として食べやすいサンドイッチ、

更に夜食にお寿司なども出たことがあります。

 

格安航空では基本的に水ですらお金がかかりますが、

機内食を注文した場合はお水やホットドリンクもついてきます。

 

ただし、ジェットスターでは飛行機に乗ってから機内食を注文することはできません。

あらかじめ必要な分だけ食事を用意することも

経費削減の1つだからです。

 

長旅で機内食が必要になりそうだと判断した場合は、

航空券と一緒に機内食も予約しておく必要があります。

 

とはいえ、国際線、そして国内線にも

軽食や飲み物、お菓子の販売があるので

機内食がない=何も食べられないという訳ではありません。

 

軽食メニューは路線によっても異なりますが、

カップヌードルやポテトチップス、クッキーやどら焼き、

マフィン、チョコレート、おつまみなども用意されています。

国際線ではごはんものや麺、パンなど

結構がっつりとした料理も注文可能です。

 

飲み物はミネラルウォーターやお茶、コーヒー、ジュース、

更にビールやワイン、ノンアルコールビールなどもあります。

 

とはいえ、これらは全て地上のコンビニやスーパーで買うよりも

当然高めの値段設定になっていますから、

本当に必要かどうかよく考えてから購入した方が良いでしょう。


スポンサーリンク



関連記事:ドライアイスの遊び方!洗剤やスプーン・お湯など面白いのをご紹介!

食べ物や飲み物を機内持ち込みしても良い?

機内食は予約制、機内販売は高いジェットスター…

フライト中にお腹が空いた場合、

諦めて機内販売を利用するしかないのでしょうか?

 

そんなことはありません!

実は、ジェットスターは食べ物や飲み物を自由に持ち込むことができます。

格安航空会社でも、エアアジアなどは飲食物の持ち込みを一切禁止しています。

そう思うと、ジェットスターはかなり良心的だと言えますね!

 

自宅からお弁当を持参しても良いですし、

近所のスーパーでお気に入りのものを購入してから空港に向かっても良いです。

もちろん、空港内のお店で買うこともできますし、

出発の手続きを終えた後に食べ物がない!と気づいた場合は

ものは少ないですがゲート付近のお店でも購入は可能です。

 

国内線の場合、フライト時間も短いので

出発前か到着後に食べればよいでしょうが…

機内でちょっと喉が渇いたり小腹がすいたりすることもありますから、

飲食物を持ち込めるのはありがたいです。

 

食べ物や飲み物を持ち込むことで、

少しでも節約して他のことにお金が使えそうですね!

 

どのようなものを持ち込むのがオススメ?

自由に持ち込むことができる、と言いましたが、

具体的にどのようなものを持ち込むとよいのでしょうか?

 

オススメなのはやはり食べやすいものです。

国内であれば移動時間も短いので、

サンドイッチやおにぎり、手軽につまめるお菓子が良いでしょう。

 

国際線の場合は時間が長いので、

傷みにくいものを用意していきましょう。

 

避けた方が良いのはにおいの強いものです。

納豆巻きや揚げ物などでしょうか?

 

他にも、食べ物や飲み物を持参する際に注意したい点が2つあり、

1つは加熱式のお弁当を持ち込めないことです。

 

加熱式弁当とは紐を引っ張るとお弁当が温まる仕組みになっているものですが、

これは危険物となる「生石灰」を使用している為、

機内持ち込みも預けることもできません。

 

もし知らずに購入してしまった場合は、

出発前に空港で食べましょう。

 

もう1つは、用意してきた食べ物や飲み物を、

預ける荷物の中に入れないことです。

 

間違えて預け入れの荷物に入れてしまうと、

せっかく機内で食べようと思ったものを取り出せません。

お腹を空かせたまま我慢するか、

諦めて機内販売を利用することになってしまうので注意しましょう。


スポンサーリンク



関連記事:ベビーカーのレインカバーは100均で代用や手作りがおすすめ!

ジェットスターは国内線と国際線で機内持ち込みのルールは違う?

ジェットスターでは食べ物や飲み物を自由に持ち込めると言いましたが、

国内線と国際線では持ち込みのルールが異なるのでしょうか?

確認していきましょう。

 

国内線の場合

国内線の方が比較的ルールが厳しくないです。

食べ物は加熱式のお弁当でなければ自由に持ち込めます。

周りのことを考えた食べ物をチョイスしましょう。

 

飲み物はしっかりと蓋のできる容器に入ったものであれば持ち込み可能です。

ペットボトルやステンレスボトルなどがベストでしょう。

紙コップに入ったものなどは持ち込めないので注意しましょう。

 

飲み物を持ち込む場合、手荷物検査の際に1口飲まされる場合もあるようですが…

特に問題なく通過できます。

 

また、国内線ではアルコールの持ち込みも可能です。

 

アルコール度数が24%未満のもの

アルコール度数が24%以上70%以下で、5Lを超えないもの(70%以上は預け入れも不可)

・購入した時のパッケージにそのまま入っているもの

 

であれば重量制限内で持ち込みができます。

ちなみに、アルコール度数70%のものは預け入れすることもできないので要注意。

 

この規定であれば、ビールやワイン、日本酒など

たいていのものはクリアできると思います。

 

では持ち込んだお酒とおつまみで、機内で軽く1杯!

と思った方もいるでしょうが…

 

非常に残念なことに、機内に持ち込んだお酒を飲むことはNGです。

あくまで「持ち込める」ということだけみたいです。

お酒が飲みたければ、機内販売を利用するしかなさそうですね。

 

とはいえお水やお茶、コーヒーやジュースは飲んでも良いので、

安心して準備、持ち込みをしましょう。


スポンサーリンク



 

国際線の場合

国際線の場合も、食べ物の持ち込みは自由です。

国際線はフライト時間も長いので「高い機内食はいらない!」という場合、

絶対に食べ物を忘れないようにしましょう。

 

お弁当やパン、おにぎりにお菓子など

色々な種類のものを用意しておくのがオススメです。

 

が!!

国際線は液体物の持ち込みに関して制限があり、

ゼリーやマヨネーズはもちろん、クリームパンなども

持ち込めるかどうか微妙です。

 

持ち込み用の食べ物を購入する際には、

水っぽそうなものを避けるようにしましょう。

 

飲み物に関しても当然制限があります。

国際線では100mlを越える入れ物に入っている液体は

機内への持ち込みが禁止されています。

500mlどころか、350mlのペットボトルなども完全にアウトですね。

 

これはお水やお茶などの飲み物に限ったことではなく、

前述の通り、マヨネーズやゼリー、

ヨーグルトに味噌などの水分を含む食べ物に加え、

歯磨き粉やシャンプー、化粧水、乳液などの日用品も対象となります。

ただし、医薬品やベビーフードなどは厳しい規定を守れば持ち込みができます。

 

では、国際線を利用する場合は、

飲み物は諦めて機内販売を利用するしかないのでしょうか?

実はそんなことはありません。

 

保安検査場を通過した後に免税店や自販機があれば、

そこで購入したものは機内に持ち込むことができるのです!

高いお金を払って機内でお水を買わなくていいのは有難いですね。

 

このエリアで購入したものは、

コソコソしないで堂々と持ち込んで大丈夫ですよ。

お水やお茶など、長旅の間に必要なものを購入してくださいね。

関連記事:手術成功祈願・お守りで有名な神社!関東と関西についてご紹介!

まとめ

ジェットスターの機内持ち込みについてご紹介しました。

ジェットスターでは機内食は別料金、また機内販売も高いですが、

国内線、国際線どちらも食べ物や飲み物の持ち込みが可能です。

 

国内線は比較的自由に持ち込みができますが、

持ち込んだアルコールを機内で飲むことはできません。

 

国際線の場合、液体の持ち込みに制限があるので

飲み物はもちろん、持ち込む食べ物に関しても注意が必要です。

しかし、保安検査場を通過した後に購入した飲み物は

機内に持ち込むことができます。

 

出発前に自動販売機などを見つけ、

好きな飲み物を購入、持ち込みするようにしましょう。

 

格安航空、ジェットスターを利用しての空の旅、

機内持ち込みで更にお得で快適な時間を過ごしましょう!


スポンサーリンク