大垣ひまわり畑は、毎年見事なひまわりを見せてくれるステキな場所です。

「今年はぜひ行こう」と思っている方、

どうせならひまわりが満開の見頃の時期に行きませんか?

 

では、2018年の開花状況や見頃はどうなっているのでしょうか。

また、駐車場の有無や営業時間なども気になりますよね。

 

そこでここでは、大垣ひまわり畑の2018年の開花状況や見頃の時期、

また駐車場や営業時間についても解説していきます。

 

大垣ひまわり畑のひまわりを見に行こうと思っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。



スポンサーリンク





大垣ひまわり畑って?

夏と言えばひまわりですよね。

 

ジリジリと茹で上がるような暑さの中でも

サンサンと輝く黄金のひまわりを見ると自然と元気が出てきます。

 

そんなひまわりを一度にたくさん見る事ができるのが、大垣ひまわり畑です。

 

では、大垣ひまわり畑とはどんな場所なのでしょうか。

 

そこで大垣ひまわり畑の2018年の開花状況や見頃の時期、

また駐車場や営業時間について解説する前に、

まずは大垣ひまわり畑について軽く説明します。

 

大垣ひまわり畑は、岐阜県の大垣市平町と墨俣町上宿にある2か所の巨大なひまわり畑で、

広さはそれぞれ約2.2ヘクタールあります。

 

そこにはハイブリッドサンフラワーと呼ばれるひまわりが

それぞれ10万本も植えられていて、毎年夏になると圧巻のひまわり畑になります。

 

毎年8月から9月にかけてひまわりがどんどん咲いていき、

まるで映画のような風景が広がりますよ。

 

しかもこんなにすごいひまわり畑なのにどちらも入園料は必要なく、

開花期間は常時見学が可能です。

 

それはもともとこのひまわり畑が休耕田を有効利用する為に始められたからだそうで、

地域を活性化する為にひまわりにしたそうです。

 

今では立派に、町の名物になっています。

 

ひまわり畑は毎年平町か墨俣町上宿のどちらかで開催されているようですが、

去年(2017年)は両方の地域で開催されました。

 

今年はどうなるのかまだ発表されていませんので、

定期的に大垣市のサイトをチェックしてみてくださいね。

 

ただ平町と墨俣町は距離は大して離れていませんので、直前に調べるのでも大丈夫です。

 

この時期はひまわりが咲くと同時にイベントや納涼祭も行われ、

辺りは非常に賑やかになります。

 

大垣ひまわり畑は、夏ならぜひ行ってほしい見所のひとつです。

詳しくはこちらの大垣市のサイトを確認してみてくださいね。



スポンサーリンク




大垣ひまわり畑の2018年の開花状況や見頃は?

大垣ひまわり畑は開花時期(8月~9月)は常時見学可能とはいえ、

どうせ行くならひまわりがたくさん咲いている時に行きたいですよね。

 

では、大垣ひまわり畑の2018年の開花状況や見頃はどうなっているのでしょうか。

まずは開花状況から見ていきます。

 

その年によって開花状況は若干変わりますが、毎年だいたい

 

・平町→8月中旬~9月初旬

・墨俣町→8月下旬~9月上旬

 

となっています。

平町と墨俣町で少し時期がズレているので、そこだけ注意が必要ですね。

 

またひまわりの見頃ですが、昨年(2017年)だと、

 

・平町→8月30日頃満開

・墨俣町→9月5日頃満開

 

になったそうです。

 

また、開花状況は時期が近づくとリアルタイムに

市のホームページでも更新されますので、そちらもチェックするといいですよ。

 

見頃をねらってもいいですし、

上記で書いた期間ならとりあえずひまわりは咲いているのでそれに合わせても大丈夫です。

 

ぜひ大垣ひまわり畑を堪能してみてください。



スポンサーリンク




関連記事:浴衣に合う髪型ミディアム編!簡単な三つ編みやおだんごのやり方!

大垣ひまわり畑の駐車場や営業時間は?

大垣ひまわり畑へは車で行く方も多いと思いますが、

駐車場はどうなっているのでしょうか。

 

せっかく大垣ひまわり畑へ来たのに、駐車する所がないのでは困りますよね。

 

そこでここでは平町と墨俣町の、

大垣ひまわり畑が開催されている間に利用できる駐車場の場所を見ていきます。

 

まず平町ですが、近くに100台駐められる無料の駐車場が開放されます。

開花期間には看板や誘導がありますので、それに従って駐車してください。

 

次に墨俣町ですが、こちらも近くに100台駐められる無料の駐車場があります。

こちらも看板や誘導がありますので、それに従いましょう。

 

詳しい場所はこちらを見てみてくださいね。

 

また、大垣ひまわり畑は開花時期は常時見学可ですので、

開花時期に限り営業時間というのは特にありません。

 

営業時間を気にせず行けるのも大垣ひまわり畑の良い所ですよ。

ぜひ、自分の好きな時間帯をねらって行ってみてください。

関連記事:8月の行事食や風物詩といえば?食べ物や行事には何がある?

大垣ひまわり畑へのアクセスには公共機関も便利!

大垣ひまわり畑は駐車場があるので車でも行けますが、

どちらの場所も100台しかスペースがありません。

 

まばらに咲いている頃は人もバラけて空いている事も多いのですが、

ひまわりが満開になる見頃の時期を迎えると人がどっと増えます。

 

そうなると駐車場が空いてない事もあります。

「満開になる見頃の時期に行く予定だけど、駐車場が空いているか心配…」という方は、

車ではなく公共機関を使うのもいいですよ。

 

公共機関はバスを使います。

 

平町ですと、

「名阪近鉄バス」です。

そのバスの大垣駅南口2番のりばで「羽島線」に乗ります。

そして「すぐ江」という停留所で下車すれば、徒歩8分で着きます。

 

墨俣町も「名阪近鉄バス」を使います。

大垣駅南口2番のりばで「岐垣線」に乗ります。

そして「墨俣」という停留所で下車すれば、徒歩5分で着きます。

 

バス停からすぐ近くなので、

駐車場が空いているか心配な方はぜひバスを使ってみてくださいね。

関連記事:残暑払いとは?案内文や挨拶の例文をご紹介!

大垣ひまわり畑のハイブリッドサンフラワーはインスタ映えにピッタリ!

加納 百合恵さん(@wataame714)がシェアした投稿

さて、ここで大垣ひまわり畑で使用されているひまわりについて見てみましょう。

 

大垣ひまわり畑の平町・墨俣町の両方に使われているひまわりは

「ハイブリッドサンフラワー」という種類のひまわりです。

 

「ただのひまわりと違うの?」と思う方もいるかもしれませんが、

実は良い意味で普通のひまわりとは違います。

 

ハイブリッドサンフラワーは、「景観形成作物」として作られたひまわりの品種です。

これは分かりやすく言えば「見た目をとても良くしたひまわり」になります。

 

例えば普通のひまわりはぐいーんと背が高くなりますので

伸びすぎて花が見えなくなってしまう事もあります。

 

ですがハイブリッドサンフラワーは背丈が150cmほどにしか伸びません。

ですから、人が鑑賞するにはちょうど良い高さです。

 

また花径(花の大きさ)は、

普通のひまわりだと大きかったり小さかったりとバラバラですが、

ハイブリッドサンフラワーは花径が一定して30cmほどとかなりの大輪になります。

 

ですからどこを向いても大きな花ばかり、

いかにも「太陽の花」という素晴らしい景観を作ってくれます。

 

このように、ハイブリッドサンフラワーは

見た目がとても素晴らしいので写真映りもかなり良いものになります。

 

ステキな写真をSNSに投稿する人も多いですが、

そういう「写真に凝っている」人ほどぜひ大垣ひまわり畑に来てほしいですね。

 

夏にふさわしい、写真を見た人が思わず「すごい!」と言ってしまう写真が撮れますよ。



スポンサーリンク




関連記事:サーキュレーターは効果なし?効果的な設置場所について詳しく解説!

まとめ

夏を代表するひまわり。

そのひまわりをたくさん見る事ができるのが大垣ひまわり畑です。

 

開花時期は営業時間も特に制限されておらず入園料などもかからないので、

好きな時に見に行く事ができますよ。

 

見頃の時期には10万本のひまわり畑風景が辺り一面に広がり、

きっと今年の夏一番の思い出になりますよ。

 

2018年はぜひ大垣ひまわり畑を訪れてみてください。