お歳暮なんかで大量にもらった缶ジュースをそのままにしてしまって

うっかり賞味期限を切らしてしまった、という事はありませんか?

 

缶ジュースには一応賞味期限が書いてありますが、缶詰のように密封されているので

賞味期限が過ぎていても飲めそうな気がしますよね。

実際、賞味期限の過ぎた缶ジュースは飲む事ができるのでしょうか?

 

そこでここでは、缶ジュースの賞味期限の表示や見方、

また賞味期限が1年・2年過ぎても飲めるのかどうかを説明します。

 

缶ジュースの賞味期限について知りたい方は、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。



スポンサーリンク





賞味期限って何?

缶ジュースには賞味期限があります。

 

でも、そもそも賞味期限って何なのでしょうか。

また、似たような言葉で消費期限という言葉もありますが、

それとはどう違うのでしょうか。

 

そこでここでは、缶ジュースの賞味期限の表示や見方、

賞味期限が1年・2年過ぎても飲めるのかどうかの前に、

まずは「賞味期限」・「消費期限」について軽く見ていきましょう。

 

食品を売る場合、食中毒などを起こさないように

その食品に「その食品が安全に食べられる期間(年月日)」を表示する義務があります。

それが賞味期限または消費期限です。

 

お店で売られている食品にはほぼ全て、賞味期限または消費期限が表示されています。

(例外として、砂糖や塩、アイスなど長期間物質が変質しないものは表示されていません)

 

ただ、賞味期限と消費期限の意味は少し違います。

 

賞味期限が未開封できちんと決められた保存方法を守った場合に限り

「その期限内であればおいしく食べられますよ」という期限に対し、

消費期限は未開封できちんと決められた保存方法を守った場合でも、

「この期限を過ぎたら危険なので食べないでください」という期限になります。

 

端的に言えば、賞味期限はその期限が少し過ぎても

「おいしく」食べるのは難しいかもしれませんが安全に食べる事ができます。

 

一方消費期限はその期限が少しでも過ぎてしまうと

食中毒などを起こす危険があるので食べる事はできないという事です。

 

ですから消費期限は賞味期限より短いのが普通で、だいたい「5日以内」となっています。

かなり短いですよね。

 

消費期限の表示がされるのは魚や肉、生菓子など傷みやすい食品です。

確かにこれらの食品はきちんと保存していてもすぐに悪くなってしまいます。

 

一方カップ麺や缶詰などに表示されているのは賞味期限です。

これらの食品は賞味期限を過ぎたからと言ってすぐに悪くなり始めるという事はなく

比較的長持ちします。

 

缶ジュースの場合は「賞味期限」なので、

「期限を過ぎたら即効飲めなくなる」という事ではありません。



スポンサーリンク



関連記事:ブルーチーズは体に悪い?白カビのふわふわしてるのは危険?

缶ジュースの賞味期限の表示や見方は?

普通食品を買う時は、賞味期限(消費期限)を見て

買ってからどれくらい持つか確認しますよね。

 

でも、缶ジュースは「賞味期限を見て買う」という人はあまりいないと思います。

「そもそも、缶ジュースに賞味期限なんて表示されているの?」と思うかもしれませんね。

 

でも、缶ジュースは砂糖や塩のように半永久的に持つものではなく

時間経過によって劣化してしまうものなので、

缶ジュースにもきちんと賞味期限は表示されています。

 

ではどこに賞味期限が記載されているかというと、大抵は「底」です。

缶ジュースをひっくり返すと、黒の文字で数字が印字されています。

 

缶ジュースの賞味期限の表記の見方ですが、今は大まかに2種類あります。

 

1つ目は「2018.01.01」と言う風に、西暦とピリオドで分かりやすく書いてある表記です。

この表記の見方はぱっと見ればすぐ分かりますよね。

 

2つ目は「180101」という風に、6ケタの数字が並んである表記です。

こちらの表記の見方はちょっと分かりにくいですが、

頭の「20」が省略されていて、2018年の1月1日というのを表しています。

 

このような表記の場合は西暦なので、和暦と間違えないようにしましょう。

ですから缶ジュースの賞味期限が気になった場合は底を見てみてください。

 

もし底にない場合でも、

どこかに必ず賞味期限が記載されていますから探してみてくださいね。

 

ちなみに、T40やD2/23など

アルファベットと数字が混じった表記もあるかもしれませんがそっちはただのロットです。

賞味期限とは何の関係もありません。

 

賞味期限の場合は純粋に数字だけが表示されていますので、

それで区別するようにしましょう。

 

また、缶ジュースの賞味期限はメーカーにもよりますがだいたい10か月~1年程度です。

 

意外に持ちませんよね。

同じ「缶」の付く「缶詰め」なんかは3年くらい持ちますから、

缶ジュースはそれに比べると短いと言えます。



スポンサーリンク



続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2