ブルーチーズと言えば「青カビが生えている」という事で有名なチーズですよね。

でも、いくらそういう食品だとしても、カビが生えたものを食べて大丈夫なのでしょうか。

 

それとも、本当は体に悪いけど美味しいから皆食べているだけなんでしょうか。

 

また、ブルーチーズを放置していると白いふわふわした白カビが生える事もありますが、

その状態で食べても大丈夫なのでしょうか。

 

そこでここでは、ブルーチーズは本当は体に悪いのか、

ブルーチーズにさらに生えたふわふわの白カビは安全なのかどうかなどを説明します。

 

ブルーチーズに事が気になる方は、ぜひ参考にしてくださいね。



スポンサーリンク





チーズには2種類ある

ブルーチーズは本当は体に悪いのかどうかの説明の前に、

まずはブルーチーズを含むチーズの種類について見ていきましょう。

 

チーズには元々

ナチュラルチーズ

プロセスチーズ

の2種類があります。

 

ナチュラルチーズは、チーズの原料である乳を菌や酵素で発酵・熟成させたチーズです。

 

ナチュラルチーズでは発酵や熟成に使う菌や酵素などは最後まで殺菌しませんので、

チーズの中で発酵や熟成を手伝っている菌や酵素は胃に入るまで生きています。

 

自然の力を使って熟成させるので、「ナチュラル」チーズと言うんです。

 

ナチュラルチーズは国や文化によって色んな作り方がありますが、自然に近い形なので

保存期間が短く、また生きた菌や酵素を使っている為に

果物のように「食べ頃」というものがあります。

 

ナチュラルチーズには白カビの力を使ったカマンベールチーズ、

酵素の力を使ったモッツァレラチーズなどがあります。

 

一方プロセスチーズは、ナチュラルチーズを細かくして加熱して溶かし、

乳化剤などを加えた後、型に入れて成型したチーズです。

 

プロセスチーズは高熱処理しているのでその時点で菌が死滅し発酵が止まります。

ですからいくら放置してもナチュラルチーズのように熟成する事はありませんが、

その代わり傷みにくく、保存期間が長いのが特徴です。

 

プロセスチーズにはスライスチーズ、6Pチーズ、ベビーチーズなどがあります。

プロセスチーズはナチュラルチーズからできていますが、

プロセスチーズはかなり人工的な感じがしますね。

 

では、ブルーチーズはどちらでしょうか。

ブルーチーズはカビの力を借りたチーズですので、ナチュラルチーズという事になります。



スポンサーリンク



関連記事:缶ジュースの賞味期限の表示や見方!1年・2年過ぎても飲める?

ブルーチーズって何?

ナチュラルチーズは色んな菌や酵素の力を借りて発酵・熟成を行うチーズですが、

その中でもブルーチーズと呼ばれるチーズは、青カビを発酵・熟成に使用するチーズです。

 

味はクセがあり、非常に濃厚で人を選ぶチーズです。

苦手な人も多いですが、好きな人はとことんハマるおいしさがあります。

 

ですが一口に「ブルーチーズ」と言ってもたくさん種類があるんですよ。

試しに、青カビを使っているチーズを挙げてみましょう。

 

ゴルゴンゾーラ

 

ブルーチーズには「三大ブルーチーズ」と呼ばれる有名な三種類の

ブルーチーズがあるのですが、そのひとつがこのゴルゴンゾーラチーズです。

 

こちらのチーズはスーパーでも見かけたことのある人が多いのではないでしょうか。

 

ゴルゴンゾーラはイタリアを代表するチーズで、ワインのつまみになる事もありますし

パンやパスタにもよく合います。

 

ロックフォール

 

こちらも三大ブルーチーズのひとつで、ロックフォールチーズと言います。

こちらはフランスが産地のチーズで、なんと正式なものは洞窟で熟成を行います。

 

そのまま食べてもおいしいですし、

風味が気になる方はサラダに混ぜたりディップしたりするのもおすすめですよ。

 

この他にもババリアブルーやスティルトンなど、

ブルーチーズにはさまざまな種類があります。

 

確かに青カビを使っているという点には変わりないのですが、

どこで熟成させるのかや他にどんな菌を使用しているかで

ブルーチーズは大きく風味や歯ごたえなどが変わってきます。

 

ブルーチーズに挑戦したくなったら、それぞれのチーズの味をリサーチして

自分が食べやすいブルーチーズから試してみるといいですね。



スポンサーリンク



続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2