新年を迎えると、今年は何か新しいことをしよう!と毎年思いますよね。

新しいことにチャレンジするには、もちろん気持ちが大切ですが、

タイミングも気になりませんか?

 

日本の暦には吉日とされる日がいくつかありますが、せっかくならばその中でも

一番運勢がいいとされる日を選びたいものですよね!

そこで、今日は天赦日と寅の日など、2018年の吉日をご紹介します。

ぜひ参考にして、新しいスタートを切ってください!



スポンサーリンク





2018年の天赦日と寅の日カレンダー!重なる日は要チェック

 

まずは、気になる天赦日と寅の日が重なる日を見てみましょう。

2018年2月15日(木)※この日は大安でもあります!

4月16日(月)

なんと、たった2日しかありませんね・・・

 

それもそのはず、そもそも天赦日(てんしゃにち、てんしゃび)は

日本の暦の上でこの上ない吉日とされており、

年に5~6回しかない、貴重な開運日と言われているのです。

 

ちなみに2018年の天赦日は他に4日間あり、

2月1日(木)、7月1日(日)、9月13日(木)、11月28日(木)

このような日付になっています。

 

それに対して、寅の日というのは十二支の寅(トラ)にあたる日で

12日ごとに巡ってくるので、1年のうちに30日前後あります。

寅の日というのは、「この日に旅行に出かけると安全に帰ってくることができる」

と言われており、旅行や遠出をする際には縁がある吉日です。

 

さらに、トラは金運の象徴とも言われており、

吉日の中で最も金運に縁がある日で金運招来日ともされているのです!

そのため天赦日とのめぐりあわせで、さらにパワーを高めたいと考えるのも当然ですね。

 

デジタルのオシャレなカレンダーもいいですが、やはり六曜が分かるカレンダーは

一家に1つは欲しいものです。

これなら可愛らしいデザインなので、お子さんのいるお家や新婚のご家庭でも

違和感なく飾れますよ!

 

家族みんなの予定が一目で変わるので、スケジュールが立てやすいのと

みんなで確認できるので、予定のモレもありません。



スポンサーリンク




関連記事:風水で枕の向きはどうする?恋愛運や金運をアップさせるには?

入籍、財布の新調、宝くじ購入・・・天赦日にするといいことは?

では、最上の吉日と言われる天赦日には、一体何をするのがいいのでしょうか?

天赦日とは、その字が表すとおり天が赦す(ゆるす)という意味ですね。

このことから、なにをやっても良い日とされています。

 

なにをやってもいいと言われると逆に迷ってしまうでしょうか!?

たとえば・・・

新しいことを始める

大きなスケールで言うと、ビジネスを立ち上げるのに最適です。

私生活のレベルで言うと、新しい趣味を始めるのにもいい日ですよ。

 

買い物をする(お金を使う)

将来を見据えての投資、生活のための支出など、前向きな要素を持つ出費に関して

開運の効果が見られると言われています。

それに関連して、宝くじを購入するのにも良い日と言われています。

ある程度まとまった金額を狙うなら、宝くじ売り場だけでなく、日にちにもこだわりましょう!

 

結婚、入籍

結婚や入籍などは大安の日を選ぶことは多いでしょうが、

なかなかカレンダーに載っていないので、天赦日までは見落としがちですよね。

これから日取りを決めるカップルは、可能な限り意識してみてはいかがでしょうか?

 

財布や開運グッズの購入

お金を入れるものを購入する日としていいとされているので、

財布の他、金庫を買うにも適していますし、新しく使い始めるのにも良い日です。

もしくは風水グッズやパワーストーンなどの開運グッズも、天赦日に買うと

さらに効果を得られるという考え方もあるようです!

 

いかにも風水に影響を受けたデザインのお財布に抵抗がある方にイチオシ。

普段使いをしても全く違和感のないデザインとカラーで、機能性も

一般の財布と同じように使い勝手もいいので、風水を意識し過ぎなくてGOOD。

 

それでいて、ちょっとした飾りや内側の生地などには

細かく金運や恋愛運・家庭運アップのアイテムが盛り込まれているので

非常に強いパワーを持ったお財布です。

 

天赦日には、行うと良いとされることが

たくさんあるのがお分かりいただけたでしょうか。

しかしながら、天に赦されるからといって、何をしても良いわけではありません。

 

逆に天赦日にはしないほうがいいと言われていることもあるのです。

その代表が、ギャンブル。

負けるリスクを減らしてくれるわけでもありませんし、

一か八かの賭け事が必ず成功するわけではないので、

天赦日だからといって大胆になりすぎるのはNGですよ!



スポンサーリンク




関連記事:北枕で寝てはいけない理由は?北枕で寝るとどうなる?

寅の日などその他の吉日にすべきことはコレ!してはいけないこともある?

まずは、最初に少しご紹介した寅の日。

寅の日は天赦日と重なっていなくても、吉日とされているので

なにかを始めるには良い日とされていますが、特に効果があるのは

やはりお金に関する行為です。

 

お財布を新しく買ったり、すでに購入してあったものを使い始めるのには

最も適していると言われていますよ!

そして宝くじの購入も。

天赦日と重なっている日には、ぜひ宝くじを購入してみましょう。

 

しかしながら、寅の日は吉日と言えど婚礼はしてはいけないと言われています。

そのゆえんは、「行った者が帰ってくる」という意味合いを持つので

離婚につながるという考え方があるようです。

同じ理由から、葬儀もNGとされており、死者が戻ってきてしまい

成仏できないという考え方もあるようなので、注意が必要ですね。

 

そして、もうひとつの吉日として要チェックなのが、一粒万倍日。

これは「いちりゅうまんばいび」と読みます。

この字が示している通り、一粒が万倍にもなる日。

手元にあるのがわずかであったとしても、何倍にも膨らんでいく日なのです。

月に4~7日あるので、比較的多くめぐり合える吉日ですね。

 

実は天赦日と重なっている日もあり、2018年は

2月1日(木)、7月1日(日)、9月13日(木)の3日間です!

 

一粒万倍日も、天赦日や寅の日同様に考えてOKなので

新しいことを始めたり、お財布や宝くじの購入に適した日です。

 

しかし一粒が万倍になる日なので、その意味を最大限発揮させたいのであれば

少しの元手が何倍にも膨らむことを願って

種まきなど、農作業に関わることを始めるのにぴったりです。

そして同じような意味から、銀行口座の開設にも向いていますよ!

 

では一粒万倍日にしてはいけないことは、何でしょうか?

些細なことでも、何倍にも膨らませてしまうという意味から、

借金は絶対にしてはいけません!

そして、誰かから苦労の種をもらうようなこともNG。

親しい人であっても、一粒万倍日に何かを頼まれたら、その内容を精査しましょう。

 

ちなみに一粒万倍日はほかの吉日と一緒に当たっていれば、

ご利益やパワーが更にアップすると考えられますが、

もし凶日と当たっていれば、その効果は半減していきますので要注意です。



スポンサーリンク




関連記事:忖度の意味や使い方をわかりやすく解説!例文もご紹介!

最後に

なにかと暦の吉日、凶日を気にして

執り行われる祭事は、日本の風習・習慣のようなものになっています。

こういった伝統は、これからも残していきたいものですよね。

 

しかしながら暦を気にしていくとキリがなく、なかなか予定が思うように進まない!

と少しイライラしてしまうかも。

あまり振り回されることなく、参考程度に考えればいいのかもしれません。

今年の目標や計画がある方は、ぜひ天赦日や寅の日などを頭において、

実行する日、行動に移す日の目安にしてみてはいかがでしょうか。



スポンサーリンク