とくに女性や小さな子供から人気のある野菜のひとつに

さつまいもがありますよね!

最近ではスーパーでも焼き芋が売られていたり、

いろいろな品種が手に入るので、身近な野菜でもありますね。

 

根菜であるさつまいもは、保存が簡単そうなイメージもありますが

適当に放置していると、腐ってしまうことも・・・

 

そこで今回は、さつまいもが腐る原因から腐ったさつまいもの見分け方などを

詳しく解説してみたいと思います。

うまく保存すればお料理の幅も広がるので、ぜひ参考にしてください!


スポンサーリンク


さつまいもが腐る原因ってなに?

まずは、さつまいもを腐らせないために原因を知っておきましょう!

さつまいもは1年中スーパーで見かける野菜なので、

保存も簡単なのかなと思われるかもしれませんが、

お店で販売されているのは、貯蔵がきちんとされたものです。

 

そして、1年中見かけるさつまいもは気温の変化に強そうなイメージも

あるかもしれませんが、もともとさつまいもは暖かい地域で栽培される野菜。

ここに腐る原因が隠されています!

 

ひんやりした場所がいいのかな?と思って、冷蔵庫に入れてしまいがちですが

これが一番NGなんです!

暖かい地域で育つさつまいもは、寒さにとっても弱い野菜です。

うっかり他の野菜と一緒に、冷蔵庫の野菜室に入れてしまわないように注意ですよ!

 

そしてもうひとつのさつまいもの弱点は、水!

日本でさつまいもが栽培されている地域は、鹿児島県が多いのですが

シラス台地という非常に水はけの良い場所で生育されています。

そのため、水も大敵です。

保存の際には、水分や湿度に気をつけましょう!

 

ちなみにさつまいもに関しては、正しく貯蔵して水分を飛ばしたものの方が

甘みが増して美味しくなるんですよ!

野菜は獲れたて新鮮が絶対おいしい!というわけではないんですね。


スポンサーリンク



関連記事:さつまいもで糖度が高い品種!甘い種類はコレ!

腐ったさつまいもの見分け方!臭いは?ピンク色は大丈夫?

さつまいもが腐る原因は分かりましたが、

実際にさつまいもが腐るとどうなってしまうのでしょうか?

野菜には明確な賞味期限がないので、保存したまま食べるのを忘れていた時など

食べても大丈夫かな~と迷うことはありますよね。

 

そしてその野菜が使えるかどうかで、メニューが変わってくることもあるので

主婦の皆さんにとっては、この判断は意外と大切だったりします!

 

腐ったさつまいもの見分け方は以下の通りです。

酸っぱい臭いがする

触るとベタベタする

皮にシワやヨレができている

主にこの3つの状態を目安にしましょう。

 

酸っぱい臭いがするというのは、カビが生えている可能性が高いです!

お腹をこわしては大変なので、酸っぱい臭いがしたら

もったいないと思っても、惜しまず処分しましょう。

 

ちなみに、皮や見た目に異常がなかった場合でも

いざ切ってみると、中に黒い斑点のようなものがあるということも。

これは腐っているわけではありませんが、低温障害を受けた状態。

食べられないほどではありませんが、食べても美味しくないので

どうしてもの場合を除いて、処分してもいいでしょう。

 

そして切ってみたら、ピンク色だったということもあります。

この場合は問題ないので安心してください!

また、品種によってはもともと中がピンク色に近いオレンジのような色を

しているものもあります。

それを知らずに切るとびっくりしてしまいますよね^^;

 

そういった色の濃いさつまいもは、ベータカロテンやビタミン類が

豊富に含まれているものが多いので、むしろたくさん食べたいさつまいもです!

 

たまにさつまいものヒゲ根が気になることもありますね。

ヒゲ根が多かったり、跡が深いものに関しては

食べることはできますが、筋っぽい食感。

そのため、ふかし芋などにしてもあまり美味しくないので

つぶして使う料理にまわしたほうが美味しく食べられますよ!



続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2