日本にはお見舞いに行くときにいくらか封筒に包んで行くという風習がありますが、

実際に身近な人が入院してお見舞いに行く機会というものはなかなかありません。

そのため、お見舞い封筒には一体どんな封筒を選べば良いのか、

お金の向きはどうすれば良いのかなど、

お見舞い封筒のマナーをよく分かっていないという方も多いと思います。

 

そこで今回は、封筒の閉じ方や連名の名前の書き方など、

細かいところも含めてお見舞い封筒のマナーについて解説していきます。

大事なときに恥をかかないように、いまのうちにしっかり覚えておきましょう。



スポンサーリンク





お見舞い封筒のマナー!いくらくらい包むのが相場?

では早速お見舞い封筒のマナーについて見ていきましょう。

まずは、お金を包む封筒の選び方からです。

 

お見舞い封筒は入院など不幸があったときに渡す封筒になりますので、

紅白の結び切りの水引がついた封筒を選ぶのがマナーです。

お見舞いに紅白を選ぶのを不思議に思うかも知れませんが、

基本的にお見舞いは「早期の回復を願う」というポジティブな行為なので、

それで良いのです。

逆に、白黒や白銀などの封筒は失礼に当たるので注意しましょう。

 

そして結び切りは「一度きりであって欲しい出来事」の際に渡す封筒です。

逆に、蝶結びになっているものは「何度起こっても良い出来事」の際に渡す封筒なので、

間違ってもお見舞い封筒に選んではいけません。

 

「御見舞」などと始めから書いてある封筒を選べば間違いはないですが、

何も書かれていない水引の封筒を買う際には注意が必要です。

ちなみに、お見舞い用に赤い帯のついた封筒なども売っていますし、

結び切りの封筒が見当たらなかったり、どちらがよかったか迷った時などには

白の無地の封筒でも大丈夫です。

 

また、結び切りの水引でも、熨斗(のし)のついた封筒はNGですのでご注意ください。

熨斗はお祝いの意味合いになるので、お見舞い封筒では嫌味に取られてしまいます。

 

包む金額は1万円以内が相場です。

親族や特に親しくしている人で1万円、

友人なら3000円や5000円といったところでしょう。

ただ、金額に関しては当人の気持ちなので、無理をすることはありません。

死や苦を連想させる「4」、「9」の付く金額や枚数を避けることを注意すれば

それで問題ありません。

 

また、新札を包むと「その不幸を待ち望んでいました」という意味になるのでNGです。

財布に入っているお札で良いですし、もしATMで下ろしたときに新札が出てきたなら

あえて折り目を付けてから包むようにしましょう。

もちろん、必要以上に汚れたお札を包むと逆に失礼になるので気をつけてくださいね。

 

ご祝儀袋

昔ながらの楮(こうぞ)を用いた丈夫で軽い手漉き和紙でできたご祝儀袋です。

品格のあるしっかりとした封筒なので、友人などの間柄だけでなく、

上司や仕事上の付き合いのある方へ渡しても恥ずかしくありません。

用途に合わせて、結び切りや花結びなどを選ぶことができるので、

お見舞い封筒以外のときにもこちらから購入できますよ。

 

お見舞い封筒には、先ほど紹介したように紅白の結び切りですので、

お間違えのないようにお気を付け下さい。



スポンサーリンク



関連記事:お見舞いは大安・先勝・先負・友引・赤口・仏滅のいつに行くのがいい?六曜で避ける日は?

お見舞い封筒のマナー!封筒の閉じ方やお金の向きは?

続いては、お見舞い封筒にお金を包むときの

封筒の閉じ方やお金の向きについて解説していきます。

 

まずは封筒にいれるお金の向きですが、

人物の顔が最初に出てきてかつ上向きになるようにするのが

正しいお金の向きになります。

 

ちなみに封筒の上向きというのは、

封筒のフタ(封筒を閉じるところ)が付いている側です。

開封してお札を手にするときに人物の顔が見えるようにしましょう。

 

余談ですが、お葬式などの不祝儀の際のお金の向きは

人物の顔が下向きになるように入れます。

お見舞いには不祝儀の意味もありそうですが、

どちらかと言えば「早く元気になりますように」という

ポジティブな贈り物なので、人物を上向きにするお金の向きが正解になります。

 

封筒にお金を入れたらあとは閉じ方ですが、

下側の紙が上にくるようにするのが正しい閉じ方です。

この閉じ方には下から上へ上がっていくという意味が込められているので、

快方に向かうようにという気持ちを表すことになります。

 

封筒の閉じ方なんて小さなことかもしれませんが、

逆にそういったところで気が使えるとすごく常識のある方に見えるので、

気にしてみると良いかもしれません。



スポンサーリンク



続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2