お見舞いには六曜のいつに行くのがいいの?

お見舞いに行く際に六曜で避ける日は分かりましたが、

お見舞いに適している日はいつか気になりますよね。

 

お見舞いに行く場合、最適な時間帯は「14~16時」とされます。

どの病院でも午前中は診察や検診が行われる場合が多いのですが、

午後からの検診はあまりありません。

このため、昼食が終わってからの時間帯に向かってお見舞いに行くことがいいと言えます。

 

六曜で「午後から吉」とされる日を見ていきますと、

「大安」「先負」「友引」が当てはまります。

 

お見舞いに行く時は、大安・先負・友引の日を選ぶといいでしょう。

 

中でもお見舞いに最も適しているといえるのは、

やはり「大安」でしょう。

一日吉が続くので時間帯を気にしなくても大丈夫ですし、

なによりいい結果につながるとされる日ですからね。


スポンサーリンク



関連記事:お見舞いの滞在時間や時間帯は?服装はデニムでもいいの?

 

先負は午前中が凶ですが、14~18時の間は吉とされる日です。

お見舞いに行く時間帯に適した時間帯に吉となってますので、

先負の日にお見舞いに行くのも適しております。

 

友引の日は避けたほうが言いという意見もありますが、

お見舞いは「凶事」に当てはまりません。

葬儀などの「弔事」であれば友引の日は避けるべきですが、

お見舞いは「慶事」に当てはまります。

 

相手の回復を願う行為のため、

友引の日のお見舞いは「友の病気・怪我が引く」と解釈できます。

ですので、友引の日にお見舞いに行くことは適していると言えます。

 

友引の日にお見舞いに行っても大丈夫か悩まれる方もいると思いますので、

お見舞いに行く際の参考にしていただければ幸いです。

関連記事:お見舞いは新札?お札の向きは?中袋の書き方も詳しく解説!

最後に

いかがでしたでしょうか。

六曜を廃止しようとした背景もありますので、

気にならないという方が多いのも事実です。

それでも日柄を考えて行動することで心象が良くなることもあります。

 

ただ、一番大切なのは相手を思いやる気持ちです。

もし心配であれば事前にお見舞いに行く日を相手に聞いてみるのがいいでしょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!


スポンサーリンク


PAGE 1 PAGE 2