もらった花束を日持ちさせるには?

退職、卒業、お祝いなどで花束をもらう事がありますよね。

せっかくもらった花束ですから、できるだけ長く日持ちさせたいものです。

 

花束と言うと「すぐ枯れる」というイメージですが、

実はしっかりした保存方法を使えば長く日持ちさせる事ができるので

長期間美しい状態を保つ事ができるんですよ。

 

ここでは、もらった花束を日持ちさせるおすすめの保存方法をいくつか紹介します。

 

1.ラッピングはすぐはずす。

花束は、かわいいセロハンの紙やリボンなどラッピングがとてもキュートですよね。

 

できれば花束のまま家に飾っておきたいですが、

家に持って帰ってきたらラッピングははずしてしまいましょう。

 

ラッピングでぎゅっとしめつけられていると花は呼吸ができず

すぐに傷んでしまいますので、日持ちさせる事ができません。

 

2.水揚げをする。

水揚げとは花に水を吸いやすくする事なのですが、

「水揚げ」と言われても何のことか分からない人も多いと思うので、

説明しますね。

 

まず以下の物を用意してください。

バケツやタライ

ハサミ(花切りバサミかキッチンバサミ)

 

まず、バケツやタライを用意して水を張ります。

 

そしてそこにラッピングをはずした花束の根元から水に浸け、

水の中で茎をナナメに切ります。

 

これが水揚げです。

 

茎をナナメに切る事で水を吸いやすくして花が日持ちするようになります。

 

水の中で切るのは、外で切ると茎を切った瞬間茎の断面が

空気を吸い込んでしまい以後水が吸いにくくなるからです。

ですから必ず水の中で切るようにしましょう。


スポンサーリンク



関連記事:スイートピーの季節や開花時期は?種類についても詳しく解説!

3.キレイに洗った花瓶に入れる。

切り花は自然の状態ではないので、特に雑菌などに弱いです。

花瓶が汚れていると花瓶に張った水も汚れ、

その水を擦った花はすぐにしおれてしまいます。

 

ですから花束を花瓶に入れる前にはきちんと花瓶を洗いましょう。

また、花瓶に入れる水の量ですが1/3くらいが適当です。

 

ただ、さくらなどの枝類、菊やバラはたくさん水がいるので

その場合は2/3くらい水を入れるようにしましょう。

 

4.水をこまめに変える。

花束を日持ちさせるには、これも大事です。

 

水は花束の命綱ですので、いつも新鮮な水を与えるようにしましょう。

理想は1日1回程度(延命剤を入れた場合は別)です。

 

5.エアコンの風が直接当たらない場所に置く。

花束にとって乾燥は最大の敵です。

 

特にエアコンの風というのは花束にとって強すぎますから

すぐに乾燥して寿命を縮めてしまいます。

 

花束を日持ちさせるには、エアコンの風が直接当たらない、

日陰に置くようにしましょう。

 

花束の延命剤

 

ここまで花束を日持ちさせる保存方法に花束をついて書いてきましたが、

花束を長く日持ちさせるには、「延命剤」を使うという手があります。

 

延命剤というのはその名の通り切り花を日持ちさせる液体です。

 

延命剤には花束の水揚げ能力を維持したり、水の中にカビやバクテリアなど

花束を弱らせる生き物を繁殖させない効果があります。

使い方も簡単で、花束を入れた花瓶の中に数ml入れるだけでOKです。

 

普通の世話では1週間程度で枯れる花が、1ヶ月持つ事もあります。

 

水も汚れにくくなりますのでもらった花束をできるだけ枯れさせたくない場合は

このような延命剤を使うのも手ですよ。

 

花に元気がない時は?

花束を花瓶に入れて色々お世話をやってきたけど、

花がなんとなく元気がない…という事もありますよね。

 

そんな時におすすめなのが「お湯を使う」方法です。

 

まず以下の物を用意してください。

新聞紙(新聞紙がなければ花を包める大きさの紙)

セロハンテープ

水を張ったバケツやタライ

 

では、方法を説明します。

1.花束を根元だけ残し新聞紙で包み、セロハンテープでしっかりとめる。

2.鍋に水を入れて沸騰させる。

同時に、バケツやタライに水を張ったものを近くに用意する。(シンクに置いておくと便利)

 

3.沸騰したお湯の中に、根元から3センチ程度茎を30秒入れる。

※新聞紙で花束を包むのは、この時湯気から茎以外の部分を保護する為。

 

4.お湯から茎を出し、すぐに水を張ったバケツやタライに浸ける。

5.花瓶に戻す。

 

これでしおれかかった花もシャキッとします。


スポンサーリンク



 

日持ちしやすい花はどれ?

前日に購入した花束を元気な状態で維持する保存方法は分かりましたが、

どうせなら「弱りにくい花」だともっと心強いですよね。

 

そこではここでは、弱りにくく比較的強い花を紹介しましょう。

 

ラン

ランは丈夫で長生きするので有名な花です。

お店の開店祝いでも蘭が飾られているのをよく目にしますよね。

 

あれは見た目の美しさもありますが、日持ちするので長く飾っていられるからなんです。

 

バラ

繊細ですぐダメになりそうなイメージのバラですが、意外に長く持ちます。

前日に購入する場合は、つぼみのものを選ぶのがおすすめです。

 

チューリップ

チューリップも比較的強い花です。チューリップはつぼみのままでもかわいらしいので、

前日に購入する時はつぼみのものを優先的に選ぶようにしましょう。

 

カーネーション

母の日に送られることの多いカーネーションも、弱りにくく強い花になります。

 

ユリ

ユリも長く持ちますが、花粉が服に付くと落ちにくいので取り扱いにやや注意が必要です。

 

かすみ草

ぱっと見雪が舞っているようなかすみ草は、儚げな印象ですが意外に強い花になります。

ただ花が小さく零れやすいので、衝撃に注意しましょう。

関連記事:風水で枕の向きはどうする?恋愛運や金運をアップさせるには?

まとめ

花束は生ものなのですぐにダメになってしまうイメージですが

きちんとした保存方法を使えば前日に購入したものでも元気でいてくれますし、

長く日持ちしてくれます。

 

花束は人の心を癒してくれるステキなものですから、

適切なお世話をしてできるだけ長く元気でいてくれるようにするといいですね。


スポンサーリンク



PAGE 1 PAGE 2