雑学・生活

火事見舞いののし袋の書き方!表書きや裏書き・金額について詳しく解説!


火事見舞いの金額の相場はどのくらい?

最後に、火事見舞いの金額の相場を紹介していきます。

いくらくらい包んだら良いのだろうと迷ったら、参考にしてみてください。

 

当然、当事者との関係が深いほど包む金額も高くなりますが、

火事見舞いでは最低でも5000円からが相場です。

また、結婚式などの祝儀とは意味合いが異なるので、

割り切れる2万円や4万円でも問題はありません。

 

両親や兄弟といった身内の場合は3万円~10万円、

友人知人、仕事関係で5千円~3万円というあたりが大体の相場になりますが、

中でも一番多いのは1万円と言われています。


スポンサーリンク



関連記事:火事見舞いの封筒の書き方!表書きや裏書について徹底解説!

 

ちなみに、火事見舞いにもお返しの文化はありますので、

いくらお見舞いの気持ちが強くても、

相手側に変な気を遣わせないような金額にしておきましょうね。

 

ちなみに、火事見舞いの現金は新札である必要はありませんが、

あまりくしゃくしゃなものは避けましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

火事見舞いの表書きの種類など、

知らなければ正確に書くのは少し難しいことがいくつかありました。

ただ、そのあたりを多少間違えていたからと言って、

受け取った側があなたに失礼を感じることはないと思います。

 

大切なのは、相手を思いやるあなたの気持ちです。

金額の相場もあくまで参考ですので、

決して無理をしない範囲で火事見舞いを包んでくださいね。


スポンサーリンク



1 2
error: Content is protected !!