灯油は石油ストーブなどの燃料として用いられます。

特に北国などでは使用量が多いので、

大量に購入して自宅に保管しているという家庭も珍しくありません。

 

ただ、灯油はどう保管しても良いというわけではありません。

置き場所や保存容器などに注意していないと、

灯油が早く劣化したり、最悪の場合火災の原因になることもあるのです。

特に、アパートやマンションのベランダを置き場所にしているという方は注意が必要です。

 

今回は、灯油の置き場所に適する場所について解説し、

アパートやマンションではどのように保管するのが良いのかについてもまとめました。

灯油を安全に長持ちさせるには重要なことなので、ぜひ参考にしてみてください。


スポンサーリンク


灯油の置き場所で注意するべきことは?ベランダはなぜ危険?

まずは、灯油の特性について押さえておきましょう。

灯油は無色透明で、特有の臭いがあります。

また、灯油は紫外線で劣化するので、置き場所も直射日光をさけるようにして、

保存容器も直射日光を遮るような不透明のポリタンクや

金属製のタンクに保存する必要があります。

 

アパートやマンションで置き場所がないからと灯油をベランダに置いていると、

どうしても直射日光が当たりやすくなってしまうので、灯油の劣化を早めてしまうのです。

 

そして、なにより覚えておかなければならないのは灯油の引火点は40度ということ。

これが、ベランダで灯油を保管すると危険である最大の理由です。

真冬ではあまり起こりませんが、秋口や春先に灯油をベランダに放置していると、

直射日光が当たり続けてポリタンク内部の温度が部分的に40度に達することがあります。

考えなしに置き場所をベランダにしていると、

火災の危険性があるということを知っておきましょう。

 

また、直射日光はポリタンクの劣化も早めてしまうので、

亀裂などができて灯油が漏れてしまうというような事故も起きやすくなります。

加えて、ベランダで雪や雨に晒されるのも、ポリタンクの寿命を短くしてしまいます。

ずっと放置しておくと、隙間から雨が中に入る可能性もあるのです。

 

灯油は水よりも比重が軽く、水と混ざり合うことはありません。

そのため、ポリタンクの中に水が入ると、上側に灯油の層、下側に水の層ができます。

その状態でストーブなどに給油をすると、ある段階で水がストーブ内に入り込み、

ストーブを故障させてしまうのです。

 

灯油の置き場所のせいで、暖房器具を買い換えるはめになるなんて

馬鹿馬鹿しいので、ぜひ気をつけて下さいね。

 

もう一点灯油の保管で気をつけておきたいのは、

灯油は温まると膨張する性質があるということです。

ポリタンクの限界ギリギリまで灯油を入れた状態で

日当たりの良いところに置いてしまうと、

フタを開けた瞬間にあふれ出てくることがあります。

灯油を購入する際には、容器にある程度の余裕を持たせておくことが重要です。


スポンサーリンク



関連記事:雪かきのタイミングはいつ?時間帯は夜でもいい?

アパートやマンションでは灯油の置き場所をどうする?

前述したとおり、灯油の置き場所は直射日光の当たるところを避けるのが理想です。

つまり、室内の冷所となります。

玄関や納屋、物置などに保管しておくと、灯油を安全に保管することができます。

 

ただ、灯油を保存しているとどうしても特有の臭いがするので、

狭い密閉空間に灯油を保管していると臭いがすぐに充満してしまいます。

同じ空間の他の物にも臭いが移ることもありますので、

なるべく定期的に換気をするように心掛けましょう。

 

また、灯油の置き場所をベランダにするのは危険であるということがわかっても、

アパートやマンションに住んでいると灯油を保管するスペースは限られています。

灯油は独特な臭いがするので部屋の中には置きたくないですし、

共用スペースに置くのもなんだか不用心で気が進みませんよね。

実際、ベランダ以外に置き場所がどうしてもないということもあるかと思います。

続いては、アパートやマンションでの灯油の置き場所の工夫について解説していきます。

そもそも、ベランダという置き場所のそのものが危険というわけではなく、

灯油と保存容器が直射日光や雨に晒されるというのが危険なのです。

 

ベランダの塀に近い日陰になりやすいところに置いたり、

さらに別の箱にしまって置くなどといった工夫をすることで、

ベランダに置いても灯油の劣化をなるべく抑えることが可能になります。

 

ただし、アパートやマンションの1階に住んでいる場合は、

万が一の場合放火されてしまう可能性もあるので、

灯油があるとわからないようにする工夫も必要になります。

 

また、タバコをベランダで吸う習慣のある方も、

ベランダでの灯油の保管は注意が必要です。

ベランダに置いてあるポリタンクの周囲には、

こぼれた灯油やキャップの隙間から漏れた灯油の蒸気が漂っています。

 

何かの拍子にタバコの火で引火する危険性がありますので、

日頃からベランダでタバコを吸うという方は、

灯油の置き場所をベランダにするのは止めましょう。

 

ちなみに、1シーズンに使い切れなかった灯油は、

もったいないかもしれませんが処分してください。

容器に少量だけ入っている状態が長く続くとあっという間に劣化してしまいます。

 

劣化したり不純物が混じった灯油を「不良灯油」と言いますが、

次のシーズンまで持ち越した不良灯油をストーブなどに給油すると、

不完全燃焼になりやすく、ストーブも故障しやすいです。

 

また、灯油をベランダに置いたまま夏を迎えるのは非常に危険なので、

使い切れなかった灯油は必ず処分しておきましょう。


スポンサーリンク



続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2