つらい寒さや冷え、どのように対策していますか?

たくさん服を着込むのも良いですが、

モコモコして動きにくい!

着膨れしてイヤ!

なんてこともありますよね。

 

そんな季節に大活躍なのが、ヒートテック!

防寒対策の強い味方です。

1枚着るだけで暖かさが全然違いますよね。

 

さて、服を着れば着るほど暖かさが増すのは

何となく想像がつきますね。

ではヒートテックも重ね着をすれば

うんと温かくなるのでしょうか?

 

また最近では下着だけでなく、

様々なヒートテック商品が販売されていますが、

例えば普通のタイツとヒートテックソックス、

どちらを先に履くとより暖かいのでしょう?

正しい重ね着の順番はあるのでしょうか?

 

今回はヒートテックの着方について、

正しい重ね着の順番や効果を紹介します。

また、防寒対策にピッタリな

オススメのあったかアイテムなども、

ご紹介したいと思います!



スポンサーリンク





ヒートテックはなぜ温かい?

ヒートテックは薄い生地でとても暖かい!

と言うのがウリですよね。

何故あんなに暖かいのか?

その仕組みを少し説明します。

 

ヒートテックには「吸湿発熱繊維」

という素材が使用されています。

水分を吸収し発熱する機能です。

 

私たちの体からは、目に見えない水蒸気が出ています。

また、汗もかきます。

これらを熱に変え、暖かくするんですね。

 

しかしヒートテックに限らず、

衣服は少なからず吸着熱を発生します。

ヒートテックがより暖かいのは、

水蒸気を逃がすのが早く、

熱は逃がしにくいからなんです。

 

熱だけが残り、また保温性に優れているので、

ヒートテックを着ていると、

暖かさが増すんですね。

 

ただし、この「水蒸気を素早く逃がす」機能が

裏目に出てしまうこともあります。

肌の水分を奪いすぎてしまうことがあるのです。

敏感肌、乾燥肌の人は、

痒みが出てしまう場合もあるので、

注意が必要ですね。

 

また、特殊な「吸湿発熱繊維」が肌に合わない人もいます。

このような肌トラブルを抱える人は

肌にヒートテックが直接触れなければ、

症状も出ない、もしくは緩和されますので、

肌に優しい綿100%などのインナーを着て、

その上からヒートテックを着ることをオススメします。

 

綿は通気性が良く、吸湿性も高いので、

夏に適した素材だと思われがちですが、

繊維の中が空洞で、そこに熱がこもり易く、

冬に暖かく着られる素材でもあります。

 

また、繊維1つ1つの先端部分丸くなっており柔らかいので、

直接肌に触れても刺激が少なく、肌触りも良いです。

敏感肌、乾燥肌の方が使用してもトラブルが起きにくい

優しい素材なんですね。

 

ヒートテックは着たいけど、

お肌のトラブルが気になる方は、

ぜひ綿のインナーも一緒に試してみてください。



スポンサーリンク




ヒートテックの正しい着方・重ね着の順番・効果は?

特殊素材で暖かいヒートテック。

正しい重ね着の順番などはあるのでしょうか?

また、その効果はどのように変わるのでしょう?

 

ヒートテック、重ね着の効果

ヒートテックを2枚着ると

暖かさも2倍になるのでしょうか?

実は、たくさん着ると効果も比例する、

ということはありません。

 

ただし、全く暖かさが変わらない、という訳ではなく、

ヒートテック特有の効果は1枚分と変らないだけで、

単純に布を重ねた暖かさは、

多少なりともあると言えます。

 

ですので、わざわざ高いヒートテックを重ねるのは、

あまり賢明な選択ではなさそうですね・・・

 

正しい重ね着の順番、ヒートテックは何番目?

では、ひどい寒さで下着を重ねたい場合、

ヒートテックは何番目に着ると良いのでしょう?

 

ヒートテックの暖かさは、体からの水蒸気を、

熱に変化させることで生まれるものですので、

直接肌に触れることで

効果が発揮されると言えます。

 

つまりヒートテックは、なるべく肌に近い場所、

1枚目に着るのがベストだと言えます。

 

薄い下着でも、水蒸気はなかなか通り抜けられないので、

2枚目にヒートテックを着ても効果が発揮されにくく、

ヒートテックを着る意味が

あまりなくなってしまいます。

 

また、ヒートテックは体からの水蒸気を

よりしっかりと吸収できるよう、

肌に密着するジャストサイズを選ぶとより効果的です。

大きめのサイズは、透き間があいてしまうので、

あまりオススメできません。

 

とはいえ、最初に説明したように、

乾燥肌や敏感肌の人は、

肌トラブルを起こしてしまう場合もあります。

綿のインナーを1枚目に着ても、

ヒートテックの効果はゼロではありません。

自分のお肌に合わせて、

着る順番も工夫してみてください。

 

という訳で、ヒートテックは

肌にピッタリ密着するジャストサイズのものを

できるだけ肌に直接触れる1枚目に着用しましょう。



スポンサーリンク




ヒートテックの重ね着!オススメの重ね着方法をご紹介

ヒートテックを1枚目に着た後、

どのようなインナーや服を着ればより暖かく

過ごすことができるのでしょうか?

 

サイズ違いのヒートテックを重ね着

ヒートテック2枚の重ね着は

あまり意味がないと書きましたが、

Mサイズの上にLサイズ、のように

サイズ違いのものを重ね着するのは効果的です。

 

同じサイズのものを重ねるのと違い、

サイズが大きいヒートテックを重ねることで、

ヒートテック同士の間に空気の層ができ、

体感温度を高めることができるのです。

 

速乾性のインナーを組み合わせる

ポリエステルなどの吸湿速乾性素材の

キャミソールやタンクトップをインナーとして

長袖のヒートテックの中に着る方法です。

 

ヒートテックも吸湿効果がありますが、

それにも限度があります。

そして取りきれなかった水分により、

寒さを感じてしまいます。

 

速乾性のインナーを着用すると、

余分な水分を吸収してくれるので、

寒さを感じず、暖かい状態を保つことができます。

 

また、重ね着による保温効果も期待できそうですね。

 

メンズとレディースの使い分け

実はヒートテックのメンズとレディースは

その効果に違いがあるんです。

 

共通した効果は

保温

発熱

ストレッチ

抗菌

形状保持

静電気防止

です。

 

そしてメンズには「吸水速乾」機能があり、

生地がサラっとしています。

男性の方が汗をかきやすいからでしょうか?

一方レディースには「保湿」機能があるので、

レディース商品の方が素材がしっとりとしています。

乾燥を防いでくれるんですね。

 

それぞれの特性を活かし、

外で活動したり、たくさん動くと思われる日にはメンズを、

家や室内で静かにゆっくり過ごす日にはレディース用を、

と用途によってヒートテックを使い分けるのも、

オススメの着方の1つです。

 

アウターは風を防ぐ素材

冬は気温が低いからだけでなく、

冷たい風が吹くことでも

非常に寒さを感じます。

 

せっかくヒートテックを着て暖めても、

上に着るものが風を通す素材だと、

スースーするし、すぐに体が冷えてしまって、

全く意味がないですよね。

 

冬のアウターはジャージなどの

風通しの良いものではなく、

ウインドブレーカーなど

風を通さないものを着用しましょう。

暖かさをより持続させることができますよ。

 

効果の出やすいヒートテックを着用

重ね着とは少し違いますが、

ヒートテックにも寿命があります。

あったか効果の出にくいヒートテックでは

着用する意味がありませんね。

 

ヒートテックも消耗品ですので、

寿命があります。

あまり肌に密着しなくなった頃が買い替え時です。

着古して伸びてしまったヒートテックは

保温効果が下がってしまうからです。

寿命はだいたい、1年から2年くらいだと言われています。

 

少しでも長く使用したいのであれば、

ネットに入れて洗濯したり、

同じものばかり着ないで、

数枚を着回してダメージを抑えると良いでしょう。



スポンサーリンク




ヒートテック商品やその他オススメのあったか下着をご紹介

ヒートテックの特性や着方を紹介してきましたが、

どのメーカーの商品、

どのようなアイテムが人気なのでしょうか?

調べてみました。

 

【SUNFLOWER】暖か裏起毛カットソー

16色のカラーバリエーションと、

タートルネック・Uネック・Vネック・2WAY の

選べる4つのデザインで、

女性に人気のカットソーです。

 

裏起毛で暖かく、

発熱・吸湿・保温に優れた素材の商品です。

更に、豊富なデザインとカラーで、

毎日のお洒落も楽しくなりそうですね。

 

【WOMAN COLLECTION】長袖カットソー

ボディラインに沿ったお洒落なデザインと、

こちらも16色のカラーバリエーションで、

様々なシーンで活躍する1枚です。

 

軽量素材、通気性抜群で

抗菌効果まであり、一見すると

夏場にオススメのアイテムのようですが、

体温に合わせて発熱、

自然な温度調節を行ってくれるという優れものです。

 

お値段も税込で1,000円を切っており、

リーズナブルな商品なので、

色々なカラーを購入し着回すといいですね。

 

【KATOH-FUMI】ハイブリッドインナー ハイネックシャツ

メンズ商品です。

裏起毛で保温効果がある上に、

給水速乾性にも優れています。

冬場のスポーツなどで活躍しそうなアイテムです。

 

ホワイト、ブラック、チャコールグレーの

3色のカラーがあります。

こちらはハイネックですが、

Vネック商品やタイツもあります。

関連記事:セーターの静電気の除去対策!素材で発生しやすいのは?

【ContRante】深アキ襟ぐり あったかインナー 2分袖

インナー商品です。

襟元が深いので、アウターに響きません。

オフショルダーの服の下にも着られます。

お洒落を楽しみながら防寒対策をしたい!

という方にオススメです。

 

ブラック、モカの2色があります。

2分袖では寒い!と言う方には

より腕などが暖かい7分袖もございます。

 

 

他にも、7分袖、ワンピース丈のインナーもあるので、

ワンピースの下に着て腰や太腿まで

暖かく過ごすこともできます。

 

体にフィットする薄手のインナーなので、

トップスに響きませんが、

保温効果もしっかりとしています。

関連記事:ヒートテックの寿命や捨てどきは?再利用法についても詳しく解説!

 

【チョコ・ユミ】超厚手ヒートテック素材トレンカ

フカフカモコモコのトレンカです。

とにかく暖かく、

足首までしっかりと引き締めてくれます。

美脚効果アリなのに、

ウエストのゴムはゆったりとした作りで

履き心地がとても良いです。

 

カラーは7色なので、

その日のファッションに合わせて

様々な色を楽しめそうですね。

また、7分、9分、足先を出してトレンカ風と

長さを調節することもできますよ。



スポンサーリンク




関連記事:雪かきのタイミングはいつ?時間帯は夜でもいい?

まとめ

ヒートテックの着方について、

重ね着の順番や効果、

オススメ商品などを見てきました。

 

ヒートテックは薄手なのに暖かく、

今や冬に欠かせないアイテムとなっていますね!

そのバリエーションはインナーのみに留まらず、

またデザインも豊富になってきています。

 

普段の通勤やスポーツなど、

用途に合わせて自分に合った商品を選び、

より効果的な組み合わせや着方で

寒い冬を乗り切っていきましょう!