気温があがり、夏真っ盛りになると

楽しみなのがプールや海ですよね!

 

そこで、心配になるのが日焼けです。

なにも対策をしないと、知らない間にジリジリ焼けてしまい、

後日後悔することもありますね。

 

でも、最近、日焼け対策として、

ラッシュガードを着用している人を

よく見かけるようになりました。

プールでも海でも、簡単で効率的な日焼け対策として

愛用され始めていますね。

 

ただ、プール施設は、施設ごとに利用のルールがあります。

水泳帽着用を義務付けていたり、ここのゾーンはうきわはダメ!など

細かく決められている所も沢山あります。

 

そのため、プールにラッシュガードを着たまま入るのは禁止なのかな?と

不安に思われる方もいるのではないでしょうか?

また、海での着用ルールはどうなんでしょう?

 

ルールやマナーを守って、気持ちよく遊ぶためにも

詳しく見ていきましょう。


スポンサーリンク


プールにラッシュガードを着たままで入るのは禁止?

まずは、プールについてです。

入れるかどうか、メリットと注意点も

合わせてお伝えします。

 

プールにラッシュガードを着たままで入れる?

そもそも、ラッシュガードって何なんでしょう?

水着なの?と疑問に思う方もいるかも知れませんね。

 

ラッシュガードとは、もともとサーフィンをする時に

肌を擦り傷や日焼けから守るために着用されていたものなんです。

 

そのため、水に入っても快適に過ごせるようになっています。

主に、ポリウレタンやポリエステル素材で作られていて、

肌触りが良くで、水に濡れてもすぐ乾く優れものです!

 

そのため、プールに来て入るのもOKなんです!

UVカット加工をされているものもあり、

日焼け防止の効果も期待できます。

 

また、入れ墨やタトゥーをしている方は、

ラッシュガードで目に触れないように

隠して入って下さいとお願いしている所もあります。

 

最近では、プールや海などの水のレジャーだけでなく、

アウトドアや、ランニングなどの時も着用されるなど

活躍シーンが広がってきています。

そのため、プールでの着用を心配になることがあるかも知れませんが、

基本は大丈夫です!

 

ただ、プールでは、先程もあった通り、

その施設ごとに決められたルールがあります。

そのため、心配な場合は、プールに事前に問い合わせておくと安心です。


スポンサーリンク



 

プールでラッシュガードを着たまま入る時のメリットと注意点

プールでラッシュガードを着用するにあたり、

もちろんメリットが多いですが、注意したほうが良い場合もあります。

 

まず、メリットは

日焼け防止になる

体型をカバーできる

防寒になる

傷跡など他の人に見せたくない部分を隠すことが出来る

などがあります。

 

若いうちは、日焼けもあまり気にせず、

肌見せや、かわいい水着を着る事も

プールの楽しみの1つであると思います。

 

ただ、最近は紫外線が強すぎて肌にダメージを与えすぎてしまったり、

年齢とともに日焼けは切実な問題になってきます。

また、体型や傷跡など、あまり他の人に見せたくといった場合もありますよね。

そんなお悩みを解決してくれるのが、ラッシュガードなんです。

 

でも、注意しなければいけない点もあります。

 

例えば、フードのついたパーカータイプのラッシュガードは、

水中ではあまり着用をおすすめできません。

なぜなら、フードが何かにひっかかってしまい、

事故の原因になってしまったり、

パーカータイプはゆったりできているので、

そのために泳ぎにくさを感じる場合があるからです。

パーカータイプは、プールから上がった時に羽織るようにするといいでしょう。

 

また、速乾性があるとは言え、濡れたものをずっと身につけていると

寒く感じる場合があります。

曇っていたり、風がある場合はなおさらです。

 

そのため、上に羽織るものを必ず持っていくようにしましょう。

大判のバスタオルなどもあると便利ですね。

 

また、ラッシュガード以外のものは、もちろんダメです!

普段着用の薄手のパーカーなどは、一見するとラッシュガードのパーカータイプと

すぐには見分けがつかないものもありますよね。

でも、使われている素材がまったく異なっていますので、

水に入ると体にまとわりついて、溺れる原因になります。

プールに入る際は、必ずラッシュガードとして販売されているものを着用しましょう。


スポンサーリンク



関連記事:台風の号数の最大は?意味や数え方も解説!

海にラッシュガードを着たままで入れる?

では、次に海の場合はどうでしょうか?

こちらも、入れるかどうか、メリットと注意点も

合わせてお伝えします。

 

海にラッシュガードで入ってもいい?

もちろんOKです!

ラッシュガードの起源はサーフィンから着ている通り、

海でも快適に着用できるように作られています。

 

海では、プールほどルールが細かくあるわけではないので、

そのあたりも心配しなくて大丈夫です!

海で着用するのに向いているのは、

速乾性に優れ、長袖で、体にしっかり密着するものです。

泳ぎやすく、日焼け対策にも効果的!

砂が擦れて肌を傷つけたり、海の中には岩などもありますから、

使用することをおすすめします!

 

海でラッシュガードを着たまま入る時のメリットと注意点

海でラッシュガードを着用する場合も、

メリットは沢山ありますが、注意点もあります。

 

ます、メリットは、

日焼け防止になる

体型をカバーできる

防寒になる

傷跡など他の人に見せたくない部分を隠すことが出来る

砂や岩などから肌を守ることが出来る

海の中でも保温してくれるので体が冷えにくい

などがあります。

 

海は、自然の環境内なので、暑さや寒さ、水温などを調節できません。

また、プールのようにすぐに室内で休憩なども難しいですよね。

そのため、保温と防寒の効果は嬉しいところ。

 

また、日差しと海水により、プールよりも肌にダメージを受けやすい状況です。

日焼け止めも取れやすいですよね。

塗り直そうとするとき、手や体に砂がついていると、

砂が肌と擦れて痛かったりします。

 

そんな時も、ラッシュガードなら、着るだけだから簡単!

しかも、効果は着用中ずっと続きますし、

自分では塗りにくい、背中などもガードしてくれます。

また、砂や、海の浮遊物、岩やサンゴなどからも肌を保護してくれます。

そのため、海では特に着用をオススメします!

 

でも、注意した方が良い点もあります。

 

まず、プールと違い、波があり水深も深いので、泳ぎにくい環境と言えます。

そのため、ゆったりしたシルエットのものは、泳ぎにくいと思います。

体にフィットするものを着用しましょう。

 

また、半袖では、半袖焼けしてしまったり、腕のケガなどからは保護できません。

長袖の方が安全です。

脚もよく擦ってしまうことがありますよね。

そんな時は、脚用ラッシュガードもありますよ!

 

また、海での大敵は砂です!

海の砂は細かく、ラッシュガードに付いてしまうと、

完全に取り切るのは無理です。

手洗いや洗濯をしても、繊維の目に入り込んでしまったものは取れません。

砂が取り切れないものを、プールなどで着用するのはちょっと嫌ですよね。

何度も海に行く方は、プールや普段用と海用は分けて用意した方が無難です。

 

また、防寒にもなるラッシュガードですが、

濡れたまま着用していると徐々に体温を奪われてしまいます。

天気の良い場合は、速乾性があってすぐ乾いてしまうのでいいのですが、

海ならではの浜風が強い時などは、乾いたものに着替えるか

羽織るものを持っていかないと寒くなってしまいます。

しっかり準備していきましょう。


スポンサーリンク



関連記事:プールで財布はどうする?貴重品管理におすすめの防水ケースもご紹介!

ラッシュガードの選び方

ラッシュガードは、色々な種類があります。

シーンに合わせて使い分けると、とっても便利!

選び方を紹介します。

 

泳ぐ時におすすめなラッシュガードは?

泳ぐ時は、体にフィットするタイプをおすすめします。

ゆとりがあったり、フードがついていると、泳ぎにくいからです。

また、頭からかぶって着るタイプと、ジップアップタイプがありますが、

ジップアップの方が着脱が楽ちんです。

 

なぜかというと、頭からかぶるタイプは、

濡れてしまうと脱ぎにくいですし、

髪型や化粧が崩れてしまったり、ピアスにひっかかるなどのトラブルが

起こる可能性もありますよね。

また、お子さんに着せる際も、ジップアップですと簡単ですよ。

 

こちらの商品は、フードなしのジップアップタイプ。

UVカット加工がされていて、塩素にも強く、速乾性もあります。

ストレッチがきいていて、動きやすく、水中でも快適!

 

また、サイズ展開が豊富なので、体型に合ったサイズを選ぶことができます。

また、メンズ、キッズも取扱いがあるので、家族の分も一緒に揃えられます。

 

体型カバーにオススメなラッシュガードは?

海やプールで休憩している時など、

体型をカバーしてくれるラッシュガードが1枚あるととっても便利!

 

体が濡れている場合は、防寒用としても使えますよね。

普通の薄いパーカーだと、一回羽織ってしまうと濡れて

次に着ようと思うと、冷たい!なんてこともあります。

 

でも、速乾性に優れたラッシュガードなら、

プールや海に入っている間干しておけば、

また、サラッと着ることができますよ!

 

こちらの商品は、ロング丈が嬉しいラッシュガード!

親指が遠せるフィンガーホール付きなので、

日焼けしやすい手の甲までカバーしてくれます。

 

また、UVカット効果もあり、デザイン豊富なので、

好きなものを選べます。

ロング丈なので、女性が気になるヒップまわりも隠してくれ、

体型カバーにぴったりですよ!

関連記事:ドライアイスの遊び方!洗剤やスプーン・お湯など面白いのをご紹介!

まとめ

プールや海に、ラッシュガードを着たまま入れるのかみてきましが、

ラッシュガードは、色々とメリットの多いものだとわかりましたね!

 

最近は人気で、デザインや形も様々ですので、

お気に入りを見つけて、夏のレジャーを楽しみましょう!

 

ただ、水から上がった時の寒さ対策や、泳ぎやすさなど、

気をつけるポイントもありますので、

しっかりティックして上手に利用しましょう。


スポンサーリンク