実は、私は現在妊娠をしており

色々と食べ物にも気をつけています。

 

そんな中で

 

「ホワイトチョコは体に悪いらしいよ!

とくに妊婦は食べない方がいいらしい。」

 

との話を耳にしました。

 

優しい甘さが口に広がる

ホワイトチョコが好きな私にとっては

衝撃な事実でした!!

 

お腹の子が産まれるまで

食べられないの!?

とショックを受けたくらいです。

 

本当にホワイトチョコは体に悪いのか?

その真相が知りたく

色々と調べてみましたのでご紹介いたします。


スポンサーリンク


ホワイトチョコとチョコの違いは?原料が違うの?

一般的にチョコと言えば茶色のチョコレートが

パッと浮かびますがホワイトチョコも美味しいですよね。

 

ホワイトチョコとチョコの違いは

どんな所にあるのでしょうか?

原料が違うのでしょうか?

ご紹介したいと思います。

ホワイトチョコとチョコの原料は?

実は、ホワイトチョコもチョコも原料は同じです。

 

色が全く違うので同じように感じませんが

どちらもカカオ豆から作られています。

 

チョコレートは甘さだけでなく

苦みも感じますよね?

 

チョコレートは苦みの元である

カカオマスが入っています。

 

カカオマスはカカオ豆を発酵、乾燥、焙煎

そして砕いてから冷やし

固めるという工程を踏みできたものです。

 

しかし、ホワイトチョコはこのカカオマスを取り除き

カカオ豆に含まれる油脂(ココアバター)を使っています。

 

そこに砂糖やミルクなどを

加えたものがホワイトチョコなんです。

 

なので、原料は同じでも

使い方の違いで色や味に違いがあるんですね。

 

カカオマスが入っていなくてもチョコレートなの?

先ほどもご紹介しましたが

ホワイトチョコは

カカオマスを取り除いています。

 

しかし、ホワイトチョコもチョコレートなんです。

その理由は日本のチョコレートには

決まりがあるからなのです。

 

チョコレート類の表示に関する

公正競争規約というものが

公正取引委員会によって決められています。

 

そのルールではカカオの成分が

35%以上と決められています。

 

カカオの成分とは

カカオマスもココアバターも

カカオの成分とされています。

 

なので、ココアバター35%でも

チョコレートと呼ばれるので

ホワイトチョコも

チョコレートで間違いありません。

 

ホワイトチョコはチョコレートではない!

なんて話も聞きますが

ホワイトチョコもチョコレートなんですよ。


スポンサーリンク



 

ホワイトチョコとチョコのカカオ豆の使い方以外の違いは?

それでは、ホワイトチョコと

チョコはカカオ豆の使い方以外では

何が違うのでしょうか?

 

味の違い

まず、色の違いはご損じの通りですが

味も違います。

 

チョコはカカオマスが入っているので

苦みも感じますが

ホワイトチョコはカカオマスを

取り除いているので

チョコのような苦みは感じません。

 

その時の気分で

どちらを食べるのか

決めてもいいかもしれませんね。

 

カロリー

一般的にチョコレートはカロリーが高めの印象ですが

ホワイトチョコとチョコは少しカロリーも異なります。

 

100gあたり

ホワイトチョコは約588cal

チョコは約557cal

 

少しホワイトチョコの方が

カロリーは高くなっています。

 

確かに、甘みもチョコに比べて

強いのでカロリーも高いのもわかりますね。

 

カフェイン

ホワイトチョコとチョコのカフェイン量は

 

100gあたり

ホワイトチョコは約4㎎

チョコは約30㎎

 

最近では高カカオのチョコも出回っていますが

高カカオのチョコになると

100gあたり約68~120㎎

と高くなってきます。


スポンサーリンク



関連記事:なすがしわしわに!復活方法や食べれるかどうかの見分け方を解説!

ホワイトチョコは体に悪い?健康効果はどうなの?

それでは、冒頭でもお話した通り

ホワイトチョコは体に悪いのか?

食べることによって

健康効果はあるのか?をご紹介したいと思います。

 

チョコの健康効果は?

チョコレートはカロリーが高く

食べ過ぎると良くないし肌荒れを起こす!

なんてひと昔前は言われていましたよね。

 

しかし、今はチョコの美容や健康

ダイエットにもいい!

とも話題になっていますよね。

 

その理由はチョコに含まれている

ポリフェノールが

体に良いと言われているからです。

 

ポリフェノールを摂り入れる

ことによる健康効果は

 

血圧低下

動脈硬化予防

美容効果

アレルギーの改善

脳の活性化

便通改善

 

などが言われているので

かなり期待できそうですよね!

 

しかし、このポリフェノールは

カカオマスに含まれているので

カカオマスを取り除いて作られた

ホワイトチョコには入っていません。

 

少し残念なお話ですが

ポリフェノールの効果を

期待している方は

チョコを食べることをおすすめします。


スポンサーリンク



 

ホワイトチョコの健康効果は?体に悪い?

それでは、美容や健康に良い

ポリフェノールが含まれていない

ホワイトチョコは体に悪いのでしょうか?

 

実は食べ方や食べる人によっては

おすすめなのがホワイトチョコです。

 

私のように妊娠中でもチョコレートが食べたい!

と思う人は多いはず。

 

しかし、妊娠中はカフェインを摂りすぎると

よくないとも言われています。

 

なので、カフェインの少ない

ホワイトチョコは

カフェインをあまり摂れない人や

子供にはおすすめです。

 

また、チョコとは違い

苦みがなく、甘さが強いので

少量で満足するのも

ホワイトチョコの良さでもあるかもしれません。

 

チョコに比べてカロリーは高めですが

甘さが強いので一口食べればすごくホッとしますよね?

 

チョコの食べ過ぎは体に良くないですが

疲れた時や仕事や勉強の

合間などに少し食べると癒されます。

 

ついついチョコを食べ過ぎてしまう人は

ホワイトチョコをおすすめします。

 

ホワイトチョコのおすすめはこちら!!

 

 

甘酸っぱいいちごが

ホワイトチョコでコーティングされ

とっても美味しいお菓子です。

 

ホワイトチョコは甘すぎて苦手!

なんて方にもピッタリなんです。

 

見た目も上品で華やかなで

綺麗な箱とラッピングもバッチリで

ホワイトデーや母の日

誕生日などのプレゼントに

とても喜ばれたとの声も多いです。

 

いつもと一味違う

ホワイトチョコを楽しめますね。


スポンサーリンク



関連記事:ぶどうのブルームとは?洗う必要性や白いカビとの違いも解説!

ホワイトチョコに使われている酸化チタンは危険?

ホワイトチョコが体に悪いと

言われている理由の一つとして

ホワイトチョコに含まれている

酸化チタンが危険!という

話もよく聞きます。

 

酸化チタンという名前からして

体には良くないイメージですが

酸化チタンとはどういったものなのでしょうか?

 

本当にホワイトチョコは

酸化チタンが入っているから

危険なのかご紹介したいと思います。

 

酸化チタンって危険なの?

酸化チタンとは私たちの身の回りの物に

たくさん使われています。

 

例えば

化粧品、塗料、プラスチック

紙、歯磨き粉・・・

 

そして白っぽい食べ物

マヨネーズ、ヨーグルト

マシュマロ、チーズなどにも

使われているものもあります。

 

もちろんホワイトチョコにも

酸化チタンが使われている物が

多く出回っています。

 

ホワイトチョコには

酸化チタンのナノ粒子が使われています。

 

そんな様々な物に使われている

酸化チタンですが

発がん性や不妊、妊娠合併症

アルツハイマーを発症する!

との報告もされています。

 

妊娠中の人が酸化チタンのナノ粒子を

摂取するとお腹の子供に影響が出る!

なんて話まで出ています。

 

この内容から

「酸化チタンは危険!!」

との話が出回っているようです。


スポンサーリンク



 

ホワイトチョコは酸化チタンが入っているから危険?

先ほどご紹介した通りホワイトチョコにも

人体に様々な影響を及ぼす

酸化チタンのナノ粒子が入っていることわかりました。

 

しかし、本当にホワイトチョコを食べると

危険なのでしょうか?

 

妊娠中の私にとっても

とても大切な話なので詳しく調べてみました。

 

実際にホワイトチョコが危険であるとの

研究結果は出ているようです。

 

ホワイトチョコに入っている

酸化チタンのナノ粒子が

脳神経系や生殖系に悪影響を与える

との結果です。

 

しかし、研究の内容を見てみると

実験体のマウスに酸化チタンのナノ粒子と

食塩を混ぜたものを食べさせたのではなく

血液中に入れての実験結果でした。

 

また、その時の酸化チタンの量は

体重約1㎏に対して5g

での実験だったそうで

かなりの量を投与していたのがわかりました。

 

また、酸化チタンの半数致死量は

体重約1㎏に対して10g。

 

体重約50㎏の人が

一度に500gを摂取すると

半数致死量になるとのことでした。

 

酸化チタンを血液中に

直接入れることはないですし

大量に摂取することも

簡単にはできないので

まず、安心と言えますね。

 

結論を言うと

ホワイトチョコの酸化チタンを

そんなに恐れずに

美味しく食べても大丈夫でしょう。

 

私も調べた結果安心したので

ホワイトチョコを購入しました。

 

ガトーフェスタハラダ ラスク グーテ・デ・ロワ ホワイトチョコレート 10月〜5月まで W5 簡易大袋 10枚入 熨斗不可

 

ついつい食べ過ぎてしまうので、

カロリーオーバーにならないように

小分けになったものを選びました。

 

こちらの商品はラスクがホワイトチョコで

コーティングされていて

1つ食べれば小腹も満たされ満足するんです!!

 

また、意外に思われる

ホワイトチョコとラスクの組み合わせが

絶妙すぎて、ハマりますよ。

 

1度購入した人は何度も食べたくなって

リピートしてる人も

多い商品なのでとてもおすすめです!

関連記事:じゃがいものえぐみの原因や取り方!食べたらどうなる?

まとめ

今回は、ホワイトチョコが体に悪いのか?

酸化チタンは危険?

ホワイトチョコの健康効果はどうなの?

などについてご紹介してきました。

 

私も大好きなホワイトチョコが

危険だという噂を聞いた時には

少し動揺してしまいましたが

安心しても良さそうですね。

 

また、ホワイトチョコは

チョコのような健康効果はなくても

食べる人や食べ方によっては

カフェインの摂りすぎや

チョコの食べ過ぎ防止に役立ちそうです。

 

ぜひ、美味しくホワイトチョコを

食べてみてくださいね。


スポンサーリンク