故人に供えるお線香やお花、お供え物などの代わりに

お金を包むとされる「香典」

 

宗教や地域によって違いはあるものの

多くの場合、四十九日以降の

法要で渡す香典の表書きは「御仏前」となります。

 

今回は、この御仏前のマナーについて

詳しく解説していきたいと思います。

 

お札は新札じゃダメ?

お札の正しい向きや入れ方は?

 

いざという時に慌てないにいように、

しっかりとマスターしていきましょう。



スポンサーリンク





御仏前のお札が新札じゃダメな理由は?

御仏前をはじめ、お香典に包むお札は

新札ではダメだと、されていますよね?

なぜダメなのかご存知ですか?

 

その理由は、昔は現在とは違い新札の入手が困難だったという

時代背景にあるようです。

 

現在では、ATMなどでお金をおろすと

新札が出てくることも珍しくはないですが

当時は、新札そのものの発行数が

少なかったこともあり、新札を入手する為には

銀行で両替をする必要があったそうです。

 

その為、新札のお札は結婚式や新築祝いなどのお祝い事の時の為に

「わざわざ、銀行へ行って用意したもの」という認識が、生まれましたようです。

 

そんなことから、葬儀や告別式、法事などの

お悔みの時に新札を包むことは

 

「この日の為に用意していました」

 

と、思われてしまう可能性がある為、

タブーとされてきたそうです。

 

銀行へ行き、両替などの

手間がかかる新札が用意されているということは

 

「亡くなることを待っていた」

「亡くなることを予想していた」

 

などと、受け取られてしまうと

考えられてきたそうです。

 

実際にはそのような気持はなくても

そう、受け取られてしまったら悲しいですよね。

その為、御仏前などの香典では

新札はダメと言われているようですよ。



スポンサーリンク



 

御仏前のお札、新札しかない場合はどうすればいい?

新札の発行部数が少なく、新札が入手しにくいのは、昔の話し。

 

現在は、先にも触れましたが

ATMでお金をおろすと新札が入っていたり

会社によっては給与や賞与なども

新札で支給することもあったりして

新札の入手が容易になってきています。

 

その為、現在は昔に比べると「新札は絶対にダメ」という意識は

薄くなってきて、受けとる方も気にしない人が増えているそうです。

 

特に、通夜や葬儀、告別式などと違い、

四十九日などの法要は、予め日にちなどが

わかっていることがほとんどですよね?

その為、

 

「法要などの御仏前のお札は、新札でもいいのでは?」

 

と、思うところですが、

 

とはいえ!

 

やはり四十九日などの法要も決してお祝い事ではありません。

 

年配の方々の中には

「御仏前のお札も、もちろん新札ではダメ」という

認識の方がいらっしゃるかもしれません。

 

故人の親族の方に一人でも

「新札はダメ」と考えている方がいる限り

やはり御仏前には、新札を包まないほうが良いでしょう。

 

どうしても「手持ちに新札しかない!」

などの場合は、新札を一度真ん中で折って

折り目をつけるといいそうです。

 

新札をそのまま包むのではなく

一度折って包むようにしましょう。

 

また、たとえ新札ではなくても

あまりにも汚かったり、破けていたりするお札は

やはり失礼にあたります。

 

御仏前のお札は、新札ではないけれど

汚れてはいない、綺麗目なお札を包むようにしましょう。



スポンサーリンク



続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2