青魚は体に良い、なんて話をよく聞くけれど、

いったい青魚ってどの魚のことを指すの?と疑問に思ったことはありませんか?

鮭やぶり、まぐろやかつおなど、食卓によく並ぶ魚でも

その判断に迷うことがあると思います。

 

すべて見た目は青いけど身の色はそれぞれ違いますし、

そもそも青魚の定義とはなんなのかという疑問もあるでしょう。

 

今回は、そんな青魚に関する疑問について解説していきます。

代表的な青魚から少しマイナーな青魚まで、

一覧にしながらひとつずつ紹介していきますので、

ぜひ参考にしてみてください。


スポンサーリンク


青魚ってどんな種類の魚?鮭、ぶり、まぐろ、かつおは含まれる?

 

まず知っておきたいのは、

「青魚(あおざかな、あおうお)」はいわゆる背の青い赤身魚の総称であり

学術的な分類の種類ではないということです。

 

ただ学術的な分類とも重なる部分があり、

青魚は3つの目(もく)と7つの科の魚の総称とも言い換えることができます。

具体的に言うと、「ニシン目」、「ダツ目」、「スズキ目」の3種類の目と、

「ニシン科」、「カタクチイワシ科」、「サンマ科」、

「アジ科」、「サバ科」、「タチウオ科」、「トビウオ科」の7種類の科になります。

 

また、分類などの小難しい話を置いて、庶民的な感覚で青魚を定義するならば

「背が青くて、手頃な魚」というところでしょうか。

一般にはおそらくこの漠然とした定義が広く浸透していると思います。

 

ただこの定義で考えて見ると、例えば「まぐろは青魚か?」というような疑問が生まれます。

確かに、まぐろは傍から見ると背は青いですが、

手頃に手に入るかと言われたらそうでもなく、

むしろまぐろは高級な魚の1つとも言えるでしょう。

 

加えて、まぐろは「赤身魚」というイメージが強く、

青魚とはあまり言わないということもあります。

 

しかし、結論から言えば、まぐろは青魚の種類の1つになります。

というのも、まぐろはスズキ目サバ科マグロ属という分類になり、

さきほど紹介した3種類の目と7種類の科に属しているのです。


スポンサーリンク



同様に、かつおも青魚の種類の1つで、

学術的にはスズキ目サバ科カツオ属という分類になります。

 

まぐろやかつおに青魚というイメージがなかった方も少なくないと思いますが、

学術的な分類から見ていくと納得しますし、非常にわかりやすいですよね。

 

ちなみに、ぶりも青魚に分類されます。

ぶりは身が白いイメージもあると思いますが、実は赤身魚になります。

白身魚と赤身魚を分けているのは、実は見た目の色ではなく、

筋肉に含まれる色素ミオグロビンの量が多いかどうかになります。

ぶりの身の一部にある真っ赤な部分にはこのミオグロビンがたくさん含まれているのです。

 

そのため、ぶりも「背の青い赤身魚」ということになり、青魚に分類されるのです。

学術的にもスズキ目アジ科ブリ属ということで、青魚となります。

 

一方で、赤身のイメージが強い鮭ですが、これは実は白身魚になります。

鮭の身の赤色はミオグロビンではなく、

鮭の餌に含まれるアスタキサンチンという赤い色素によってついたなのです。

そのため、鮭は「背の青い白身魚」ということになり、青魚ではないということになります。

学術的にもサケ目サケ科サケ属ということで、先ほど紹介した分類には含まれていません。

 

知っておきたい魚の基本

美味しく魚を食べるための基本的な知識が凝縮された一冊です。

青魚や白身魚、赤身魚の基本に加えて、

タコやイカ、貝類の情報までしっかりまとめてあります。

価格も手頃ですので、ぜひ読んでみてください。


スポンサーリンク



続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2