夏は、海やプールなどのレジャー真っ盛りですが、

気になるのが紫外線や日焼け!

ちょっと気を抜くと、タンクトップや半袖、

水着の跡がくっきり残ってしまったり、

翌日ヒリヒリ痛くなったり…しますよね。

 

また、紫外線はお肌には大敵!

焼けるだけでなく、シミ・ソバカスの原因になったり、

お肌の老化を早めたりと、怖い面もあるんです。

 

最近では、日焼け止めを塗るだけでなく、

ラッシュガードを着用している人が増えましたよね。

そのためか、デザインも豊富になり、好きなものを選べるようになりました。

 

でも!!

ラッシュガードは、どれも同じ効果を得られる?

色によって効果が違ったりしないの?

ラッシュガードを着ていたら日焼け止めはなくても大丈夫?

など、疑問が沢山出てきました。

 

そこで、ラッシュガードで日焼けしない色や、

日焼け止めがなくても大丈夫なのかについて、解説します!


スポンサーリンク


ラッシュガードで日焼けしない色は?日焼け防止の効果を解説!

ラッシュガードにも、色々な色やデザインが出てきて、

選ぶのも迷ってしまうほど。

もちろんオシャレも大事だけど、日焼け防止の為に着用するのだから、

より効果が得られるものはどんなものか、知っておきましょう!

 

日焼け防止には何色がいいの?

ラッシュガードの色ですが、出始めは黒が主流のようでしたが、

最近では、白やパステルカラーなども人気があります。

特に女性には、白っぽい色が人気のようです。

黒だと、暑そうとか、男性っぽいなどのイメージがあるからかも知れませんね。

 

ですが、日焼け防止の観点から言えば、

ベストなのは「黒」なんです。

 

理由は、黒は光や紫外線を吸収してくれるからです。

逆に、白ですと、光を反射するという特性があります。

白だけでなく、パステルカラーのような薄い色も同様です。

体にあたった光を反射して、首や顔に当ててしまいます。

そして、首や顔が更に焼けてしまう状況になるのです。

 

わかりやすいのが、スキー場の雪焼けですね。

白い雪が光を反射し、焼けてしまうあの現象と同じことになってしまうんです。

 

また、白は、紫外線を完全には吸収してくれないので、

若干は通してしまいます。

 

柄物を選ぶ場合は、同色系などにすると、

一部だけ焼けてしまうことはなくなると思います。

 

もちろん、黒ですと、着ている部分には紫外線が当たらないのはもちろん、

顔や首にも反射しませんので、日焼け防止に一番適していると言えます。

 

柄物の日焼け防止効果は?

先程、「黒」と、「白やパステルカラーなどの白っぽい色」の解説をしましたが、

それでは、ボーダーや柄物はどうでしょうか?

 

白やパステルカラーと同じく、厳密に言うと

色の薄い部分は、焼けてしまうことがあります。

 

特にボーダーは、黒や紺などの濃い色と、白の組み合わせが多いので、

注意が必要です。

ボーダーが、見た目にもはっきりわかるほど日焼けするには、

紫外線の強いところで、長時間しようした場合にはなりますが、

海やプールで一日遊べば、もしかしたらうっすらわかる程度には

日焼けしてしますかも知れません。

 

胸のワンポイント、背中に大きなロゴや絵なども、

同様の注意が必要です。

 

絶対に焼けたくない方は、デザインだけで選ぶのは

やめておいたほうが良いでしょう。


スポンサーリンク



 

UVカット率をチェック!日焼け防止効果の高いラッシュガードを選ぼう!

色や柄だけでなく、気をつけたいのが

ラッシュガード自体のUVカット率です。

 

ラッシュガードの中には、UVカット加工されたものもあるんです。

日焼け止めの場合ですと、「SPF」とか「PA」などと書かれていますが、

衣類の表示の場合は、「UPF」といいます。

 

「ウルトラヴァイオレット・プロテクション・ファクター」の略で、

紫外線対策の先進国である、オーストラリアやニュージーランドで

用いられている衣類の紫外線保護係数です。

衣類が、紫外線からどのくらい肌を守ってくれるのかを示しています。

 

数値は3段階に分かれていて、

「15〜20」UVカット率85%以上

「25〜35」UVカット率90%以上

「40〜50+」UVカット率95%以上

となっています。

 

数値の意味は、着用しない時に紫外線を浴びてできた日焼けと

同じ程度の日焼けをするのにかかる時間です。

 

例えば、「UPF50」の場合、10分×50=500分。

つまり、UPF50の衣類を着ている場合、

10分間何も対策をせずに紫外線を浴びた時と同じダメージを受けるためには、

500分紫外線に当たり続けなければならないということです。

これって、すごい効果ですよね!

 

日焼け防止に、これを利用しない手はありません!

UVカット加工がされていれば、柄物でも大丈夫ですし、

もちろん黒なら完璧というわけです。

 

こちらのラッシュガードは、UPF50+!

ブラックカラーの紫外線遮断率、99.5%!

ホワイトカラーの紫外線遮断率、98.9%!

これは業界トップクラスなんだそうです。

 

吸水速乾ですぐ乾き、カラーバリエーションが豊富なのも嬉しいです。

水陸両用のデザインなので、海やプールだけでなく、

夏のアウトドアにも使えます!

メンズ、レディース、キッズがすべて揃っているので、

家族みんなの分を同時に注文できちゃいますね。

 

また、忘れちゃいけないのが、夏は露出しやすい脚です。

脚の用のラッシュガードもあるんですよ。

こちらも同様に、UPF50+で、吸水速乾です。

トレンカタイプなので、足首までガードできます。

伸縮生地で動きやすく、汗ばむ季節もベタつき無しで着用可能!

 

水着の下や、ショートパンツの下などに履けば、

日焼け防止に効果的ですね!

 

UVカット効果の持続期間は?

ラッシュガードの強みは、

なんといってもUVカット効果の持続期間が長いことです。

 

塗るタイプの日焼け止めは、

日焼け止めが落ちてきてしまうと効果が半減してしまうので、

一日の間に、こまめに塗り直す必要がありますよね。

 

でも、ラッシュガードは、

穴が空いたり、何度も着たり、洗濯することで

生地が傷んだり、伸びて劣化してしまわない限りは

効果が持続します。

着用すれば、一日中日焼け防止ができるんです!


スポンサーリンク



関連記事:雨の日は髪の毛がボサボサ・チリチリ!簡単にできる湿気対策をご紹介!

ラッシュガードは日焼け止めなしでも大丈夫?合わせ技で日焼け防止効果UP!

日差しを直接肌に当てなくて済むラッシュガード。

着ていれば、日焼け止めを使わなくてもいいのでしょうか?

素朴な疑問を解決します!

 

ラッシュガードは日焼け止めなしでも大丈夫?

ラッシュガードには、UVカット加工されているものと、

そうではないものがあるとわかりました。

 

UVカット加工されているラッシュガードは、脱がない限り

ラッシュガードでカバーされている部分は、

日焼けはほぼしないと思っていいでしょう。

カバーされている部分に限ってというのがポイントです。

 

また、UV加工されていないものに関しては、

着ていても紫外線を通してしまうので

日焼けをすることがあります。

 

他にも、すでに持っているラッシュガードが対応なのかわからない場合や、

未対応のものを買ってしまったから日焼け防止効果が心配な場合が

あると思います。

 

そこで、ラッシュガードと日焼け止めを両方使用するのが

おすすめなんです!

 

ラッシュガード着用時の日焼け止めの使用ポイント!

まず、UVカット加工されているラッシュガードの場合ですが、

ラッシュガードでカバーしきれていない所に

日焼け止めをしっかり塗るようにします。

 

顔、うなじや首、鎖骨、手首、手の甲、脚、足首、足の甲などです。

忘れやすいのが、うなじや、手足の甲です。

ずっと日に当たりやすい場所でもあるので、しっかり予防しましょう。

 

ラッシュガードを脱いだり着たりする場合や、

パーカーのように羽織って着る場合は、念の為

全身に塗っておいたほうが良いでしょう。

 

次に、UVカットのラッシュガードではない場合ですが、

全身にしっかり塗るようにします。

ラッシュガードで守られている部分は焼けにくいとは言え、

万全ではありません。

柄物であれば、柄焼けしてしまう危険性も!

そのため、しっかり全身に塗ってからラッシュガードを着用しましょう。

 

日焼け止めは、水に入っていると、

少しずつ効果が薄れてきてしまうので、

ウォータープルーフのものを使用し、

休憩などのたびに塗り直すようにすれば完璧です!

 

こちらの商品は、炎天下でスポーツする人向けに開発された

ウォータープルーフの日焼け止めです。

水、汗、皮脂にも強く、落ちにくいのが特徴!

 

ベタベタしないので、気持ちよく使えます。

日焼け止めの厚塗り感もないので、日焼け止めが苦手な方にも

おすすめできる日焼け止めです。


スポンサーリンク



関連記事:浴衣は左上・右上どっち?理由は?男女で違いはある?

ラッシュガードを長持ちさせる洗濯方法は?

 

ラッシュガードは、着用や洗濯によりダメージを受けると

UVカット効果が薄れてきてしまいます。

 

そこで、長持ちさせる事のできる洗濯方法をご紹介!

 

1番確実なのは、手洗いです。

40℃以下のぬるま湯を用意します。

洗濯用洗剤、またはおしゃれ着用洗剤で押し洗いをします。

日焼け止めを併用して使用している場合には、

内側に日焼け止めの成分が付いています。

表を押し洗いしたら、裏返して裏側も押し洗いしましょう。

 

押し洗い後は、手で絞るか

ネットに入れて洗濯機で脱水します。

水の切れがよい素材で作られているので、

2分脱水すれば、十分です。

脱水のしすぎに注意しましょう。

 

脱水したら、ハンガーにかけて干します。

形崩れしないよう、形を整えて干しましょう。

関連記事:ラッシュガードの白は透ける?焼ける?対処法は?

まとめ

ラッシュガードで日焼けしない色や、

日焼け止めが必要かなどを見てきました。

 

羽織るだけで、簡単に日焼け予防のできる

便利なラッシュガード!

海やプールなどのレジャーだけでなく、

アウトドアや日常生活でも幅広く使うことが出来ます。

 

特徴や性能を把握して、

紫外線や日焼けからお肌を守り、

楽しんで下さいね!


スポンサーリンク