オーブンを使う料理本やネットのレシピを見ると、

よく「オーブンを〇〇℃に予熱」という言葉を見かけますよね。

 

でも、オーブンはすぐ熱くなります。

なのにわざわざ予熱する事に、何か意味はあるのでしょうか?

 

またオーブンに予熱機能がなく自分で予熱をしないといけない場合、

時間の目安はあるのでしょうか。

 

ここではオーブンの予熱のやり方や意味、時間の目安などを紹介します。

オーブンの予熱のやり方がよく分からないという方は、ぜひ参考にしてくださいね。



スポンサーリンク





オーブンの予熱って何?意味はあるの?

クッキーやケーキをオーブンで焼く時、ほとんどの場合「予熱」が必要ですよね。

では予熱とはそもそも何でしょうか。

 

予熱とは広義では

・エンジンや機器などを動かしやすくする為に予め温めておくこと

という意味です。

 

ですが調理で使われる意味としては

オーブンやグリルなど庫内の温度を、予め指定の温度に温めておくこと

という意味になります。

 

でも、オーブンってスイッチを入れるとすぐ温かくなりますよね。

どうして予熱が必要なのでしょうか。

 

それに色々な理由があります。

 

1.オーブンはすぐに温まらない。

予熱が必要な温度は高温である事が多く、そうなるとすぐにスイッチを入れたとしても

オーブン内がその目的の温度になるまで時間がかかります。

 

オーブン機器にもよりますが、180℃だと、

庫内が全体にまでしっかり熱が伝わるまでオーブントースターで15分程度、

オーブンレンジだと30分程度かかります。

 

例えば「180℃で20分」というレシピがあったとして、

「オーブンはすぐ温まるから大丈夫」と言って

予熱なしですぐにオーブンに素材を入れてしまうと

 

実質180℃で温められ始めるのはたった5分、

または全く180℃にならないまま終わるという事もあります。

 

2.焼きムラが出る。

さきほど、「オーブン内を高温にするのは時間がかかる」と書きましたが、

オーブンは熱が直接当たるところからじわじわと温度が広がっていきます。

 

全体に熱が行き渡らない内に素材を入れてしまうと

高温の箇所と低温の箇所ができてしまい、素材へ熱が均等に伝わりません。

 

魚であれば一部が半生、一部がコゲという事になってしまったり、

スポンジであればきれいには膨らみません。

完全に焼きムラができてしまいます。

 

3.おいしくならない。

オーブンで予熱が必要な料理は多くの場合

「高温で一気に焼くことでおいしくなる」事がほとんどです。

 

予熱をしないまま素材をオーブンにかけてしまうと

オーブン内の温度が低いまま調理をする事になり、

時間がかかってしまっておいしくできない事が多いです。

 

このような理由から、「オーブンを予熱する」と指示されている場合は

絶対に予熱が必要なんです。

 

また、調理で使われる言葉で似たような響きの「余熱」がありますが、

これは予熱とは全く意味が違います。

 

余熱とは広義では

・さめないで残っている熱

という意味ですが、調理で使われる言葉としては

IHやガス、オーブンやグリルなどの直接の熱源を止めた後の、

調理器具や食材に残った熱

という意味になります。

 

ですから「余熱で温める」と書いてある場合、

火や電気の電源を切りそのまま放置して温めるという意味になります。

 

予熱と余熱は同じ響きの言葉ですが、全く意味は違うので間違えないようにしましょうね。



スポンサーリンク



関連記事:焼き芋に適したさつまいもの品種は?しっとり系やねっとり系のおすすめをご紹介!

オーブンの予熱のやり方や時間の目安は?

予熱の大切さは分かりました。

ではここで、予熱のやり方や時間の目安について説明します。

 

まず予熱のやり方について説明しますね。

【予熱のやり方】

予熱のやり方は

 

1.オーブンに予熱機能がついている。

2.オーブンに予熱機能がついていない。

 

で大きくやり方が分かれます。

 

1のオーブンに予熱機能がついている場合、やり方は簡単です。

 

料理やレシピ本に「〇〇℃で予熱」と書いてあれば、

予熱ボタンを押してその温度に設定すれば後は勝手に機械が温めてくれます。

 

予熱が終わったらピー音で教えてくれるものがほとんどですから、

設定さえ間違えなければ失敗する事はありません。

 

レンジにオーブン機能がついている

オーブンレンジはこのタイプがほとんどだと思います。

 

難しいのは2のオーブンに予熱機能がついていない場合のやり方ですね。

こちらはオーブントースターに多いです。

 

この場合手動で予熱を行わなければいけませんが、

オーブントースターだとだいたい180℃で15分程度かかります。

 

ですから、「予熱で180℃」と書かれている場合は温度をまず180℃に設定し、

何も入れずに先にオーブンのスイッチを入れて15分温めておくといいですね。



スポンサーリンク



続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2